ねこやまの日記。ピアノと猫と手芸と。

音楽や手芸、猫が登場するブログです。

ユーミンのミスティ・チャイナ・タウンと、スカパラの君と僕。

2011-09-30 18:51:33 | 音楽
好きなアーティストは?と聞かれると、

今まで、ユーミンと答えたことはないように思うのですが

実は、小さいころからものすごく大好きです。


それこそ、うちには生まれる前の曲集(荒井由実さん名義の)があったりして

それを弾きながら歌ったり、もちろんアルバムもよーく聴いていました。


でも、しばらく聴かなくなった時期が続いて。


で、

最近、妙にユーミンの曲を思い出したり歌いたくなったりするので


久しぶりにCDを出して聴いてみたのですが。


大人になってから聴くと、全然違うのですねー。


歌詞の意味が当時よりわかる、というのもありますが

それよりも、「音」。

アレンジのほうについつい耳がいってしまいます。


で、


「ティアーズ・アンド・リーズンズ」というアルバムの中の


「ミスティ・チャイナ・タウン」という曲が当時から好きだったのですが。


う~ん、やはり名曲。


昨日から、頭の中でパワープレイ。
何度も口ずさんでしまいます。


で、


久しぶりに聴いてみて、あれ?何かと似ているような・・・

と思ってピアノで確かめてみたんですが


スカパラの名曲、「君と僕」のコード進行と一瞬似ている!


ふーむ。どうもこの感じが私は好きなようです。(笑)



ミスティ・チャイナ・タウン


君と僕


どちらも大好き。


心の中の宝物的な存在です。
コメント

広瀬香美さんのFriday Kohmi。

2011-09-29 23:07:06 | 音楽


さて、

先日拝見しました、広瀬香美さんのUSTREAM番組、Friday Kohmi。

今まで知らなかったのですが、香美さんの丁寧な司会による
とても楽しい番組でしたー。

Natral Recordsの、
宮 武弘さん(Vo.Piano.Uklele)と加藤ケンタさん(Gt.)という
少数精鋭での生演奏は、
バンドとは又違う味わいで
とてもゆったりいい時間でした。

生放送にもかかわらず
途中、香美さんのチカラワザが炸裂(笑)
思いがけない素敵な展開になり、溢れるライブ感。

USTREAM番組は今まで見たことがありませんでしたが、
映像付きのラジオ、みたいな感じで、
しかもリアルタイムでリスナーさんのツイートも見られるので、
色々な人の率直な意見を感じられるのが面白いなと思いました。


すでに、アーカイブとして見られるようなので、ぜひこちらで。


フライデーコーミ
コメント

マレットケース。

2011-09-28 12:11:00 | 手作り
ここ数日、あちこち出向いたりミシン踏んだり
濃密な1週間。


さて、


ついに完成しました(涙)!


マレットケース


ジャズヴィブラフォン奏者、山本玲子さんのご依頼にて。

記念すべき、ファーストモデルです♪


希望のサイズや要望など、

何度か打ち合わせを重ねまして、出来上がりました。

というわけで、ちょこっとだけ紹介。


今回は、市販のケースのような生地でなく、

ラミネートオックス、という
片側がラミネートで、
もう一方がオックス(目の詰まったシャツなどによくある生地)というものを使用。

しっかりとしている分、
重さや厚みが出るのが若干気になりましたが、ちょっと冒険です。

縫い目があるので完全防水ではないものの、ラミネートは防水にもなるので
そこは利点かな、と思います。




開くとこのような様子。


ペン差しは、ケースをさかさまにしてもペンが落ちないよう
いくつかの仕掛けをほどこしてあります。



楽譜の入れられるサイズ、ということで
背面は楽譜収納つき。



表面は小物入れつきで、
斜めがけするとこんな感じです。
(モデルがまずくてごめんなさいまし)

制作過程での試行錯誤を経て、

出来上がった今、じんわりと感動しています。

まずは、お使いいただいてのご感想を伺って

そこからさらに良いものを作りたいと思っています。

デザインは、機能美。がモットーではありますが

使い勝手のよさに、遊び心も加えられたらなお理想的。

今後の課題です。

コメント (2)

ユーストリーム。

2011-09-23 20:53:50 | 音楽
今、広瀬香美さんのUSTREAM番組を観ている。

先日のブログに書いた、

ナチュラルレコードの宮 武弘さんと加藤 ケンタさんがご出演されているのです!いぇい!

コメント

ある意味、歴史を感じます?

2011-09-18 20:30:19 | 手作り
今、(というか結構前から)
マレットケースを作っているのですが、

その材料を、問屋さんにお願いして注文するんですね。

で、

この度、商品が納品されたわけなのですが、


袋のロゴを見て、びっくり。


それが、こちら。


EDGE OF TIME

JUNICHI INAGAKI CONCERT TOUR 88


え、88年って・・・???

そのころからの袋がどこかに保管されていて

たまたまうちに届いたと・・・??

最近になって記念に作られたものとか?など色々な考えが頭をめぐる(笑)

しかも、「Edge of time」(時代の境目)とはこれまた・・・


なんというか・・・ちょっとびっくり、

楽しい気持ちになりましたよ。


コメント