ねこやまの日記。ピアノと猫と手芸と。

音楽や手芸、猫が登場するブログです。

タルカス~クラシックmeetsオーケストラ。

2011-02-28 00:32:24 | 音楽
タルカスのことを書くのはこれで3~4度目でしょうかねぇ。

「題名のない音楽会」。

私は日曜リアルタイムで見られないことが多く
1週間遅れで、BSの再放送を観ることが多いのですが
今日、やっと先週分のタルカスの放送をみることができました!

吉松隆さんがE.L.Pのタルカスをオーケストラ用に編曲した・・・
というのは前回書いたので省略・・・(笑)


切れ切れではあったけど、聴く事が(観る事が)できて
とても嬉しいです。


あとは、マーティのギター(ラフマのコンチェルト)。

マーティは数年前、演奏を聴きにいってサインもいただいたほど
好きなんですけどね。

あの曲については一緒に演奏するのは・・・???

タルカスはきちんと編曲されているからいいわけで。

オケの譜面そのままのものに、ギターだけのせてもねぇ。。。

なぁんて、生意気!(笑)


タルカスが聴けたからいいのです。

それと、吉松さんの、編曲する上で気をつけたことというお話が
とても興味深かったです。


吉松さんといえば、
全くタルカスとはジャンルが違うわけですが
先日NHKで放送されていた、
12弦箏メインのアンサンブル曲(と言っていいのかな)

「夢あわせ夢たがえ  木の夢 雲の夢 火の夢」

が、とても素敵でした!!

私が知らないだけで、きっと有名な曲なのだと思いますが
とても惹きこまれました。


タルカス、やっぱり名曲だなぁ。。。。
コメント

縫うこと。

2011-02-23 23:49:04 | 手作り
生きていられることに
本当に感謝しなくては、と思いながらもいろいろあるのが日常。

でも、ミシンをふんでいるときは、
完全なる、無。


・・・な~んて、

そそっかしい私のこと、
集中していないと取り返しのつかないミスをする危険性があるのです(笑)

でも、
縫うことは、いつのまにか
すっかりと私の心のよりどころになっています。


さて。。。

最近できたもの。
ハギレがまだあるので、それを生まれ変わらせようと
とりかかりました。

これらは、気持ちのままにフリーサイズで作るので
失敗もないし、布あわせが楽しいです。

 

小さなマット。
使い道は特に決まってないので自由です。


 

裏地はワッフル。
中に、ドミット芯を入れてあるので、ちょっとふっくら。

ポットの下に置いてみたり。

もうひとつ同じものを作ったら、なべつかみにもなりそうです。

あれだけ沢山あったハギレもやっと整頓できてきました。
大好きな布だから、縫える大きさならば
どんな小さな布も捨てずに形にしたいと思います。
コメント (2)

戦いの後の静寂。

2011-02-22 15:04:48 | 日記
花粉でもないし、風邪までいかないけどハナノドがおかしい。
わたくしのハスキーボイスをお聴きになりたい方は
電話ください(ウソ)。

・・・・・

えー・・・

週末、かなりへこんでいたわけですが

そのおかげで
長年、自分の中にあった重たいウロコみたいなのが
めりっとドロっと剥がれていって。

このところ、世界各国で噴火や地震やデモなど
深いところのマグマのうごめきのようなものを感じずには
いられないのですが、

自分の中にもそういうのがあったわけで。

膿が出るときは、出るしかないんだと思う。

行きつくところまで行かないとわからないんだと思う。

これまでは話すこともできなくて、苦しかったけど
がんばって向き合ってみたら
何か、自分の中で納得できました。

だから今とっても疲れてます。(笑)

でも、超スッキリ!とまではいかないものの、
それだけで、大分楽になった。

多分、もう大丈夫だと思う。

コメント

すこし

2011-02-20 02:44:30 | 日記
最近、調子が良かったばかりに、少しまた追い込みすぎてしまった。

燃費効率のよくない私よ…そろそろ学習しましょう。

相変わらず不眠は続いているのですが、

最近は特に眠れない。
涙が沢山出てしまって、
かえって覚醒するのです。

だからこんな時間にこんなブログ…

だめねぇ…情けなくなっちゃう。

明日はゆっくり順番考えて動こう。
コメント (2)

ラプンツェル。

2011-02-17 00:43:33 | 日記
ディズニー映画、
「塔の上のラプンツェル」が3月12日(誕生日!)に公開なのですねー。

まさかディズニー映画になるとは!!

驚きです。



こどものころ、とにかく図書館が大好きで、

通ってはそこで絵本や童話を読んでいましたが

ラプンツェルは、その何度も口にしたくなる名前と

その時に読んでいた本の挿絵がとても美しくて大好きでした。

ちょっと暗くて美しいのです。

今でも好きな絵本を挙げるとしたら、必ずランクインです。


だからたぶん・・・ディズニーの華やかなものは見られそうにありません(涙)

大好きな絵本の記憶を大事にしたいから、

新しいものに塗り替えたくないのです。


保守的・・・(苦笑)。


ちなみに、ラプンツェルというのは、
主人公の名前の由来にもなった、
魔女のお庭に忍び込まないと手に入らない美味しい野菜の名前でもありますが

ずいぶん経ってから、

実は、道端に生えている草(よもぎ的な感じで)だというのを
知ったときには、実にショックでした(笑)

どんなに美味しいお野菜なんだろう・・・って
子ども心に想像をふくらませていましたからね。

とてつもなく美味しいレタスのような野菜を想像していたのになぁ・・・(笑)
コメント