ねこやまの日記。ピアノと猫と手芸と。

音楽や手芸、猫が登場するブログです。

心の曲、その2。(前編)

2012-10-05 14:26:14 | 心の曲。
人づてに、聞きたくない事柄を聞かされてしまう、ということが
たま~にあるわけですが、
昨日がまさにそのような感じで。


「うわ、その話はちょっと・・・」と心の中で思っても、
瞬時には言えなくて、
へらへらとなんとか顔を取り繕って聞いていたりするわけです。


辛いんですが、
でも、これもそういうタイミングかな、と思ったりします。


気持ち、と、言葉、というのは私にとってはとてもむつかしくて
心とは間逆のことを気がつかずに言ったりしますし、
後になってから、本当のことを伝えようにも。。ということもしばしば。


だから、素直に真っ直ぐ伝えられる人のことを気持ちがいいなぁと思うし
すごいなぁと思っていて、


できればそういう人間になりたいし、
そうではない自分のひねくれた「なぜ」、を紐解いてみようとしたり、

「知らぬ場所にも怖がらずに旅をしていくこと」と、
「コミュニケーション」を学ぶというのが、
ここ2年くらいの自分のテーマだったのだなぁと、
ふと、昨日はそのように思いました。


もちろん、これからもそういうテーマを大切にしていくと思います。
そして命ある限りはどんどん旅に出なくてはね。


それで、また前置きが長くなったので、


このあと後編で、今の気持ちにふとリンクしてきた曲のことを
書いてみようかと思います。
コメント (2)

心の曲。

2012-06-12 15:35:53 | 心の曲。
・・・というわけで、


色々な音楽が私に影響を与えてくれたのですが、

時系列はバラバラですが、「心の曲」と題して

そのときの気分でランダムにご紹介してみようかな。と思います。



で。


ある一時期、あらゆる音楽を受け付けられず、全くCDを聴くことがなかったのですが

この頃はかなり回復。こんな雨の日は、お家で音楽を聴くのにもってこいです。



そして、ここ最近でいちばん聴きたくなったのが


SING LIKE TAKING(以下、SLT)の、「Spirit Of Love」。


私にとっては、
じわじわと、気持ちを持ちあげてくれて
背中を押してくれる名曲です。


SLTは、何かのきっかけで「LALALA」という曲をまず知って、

その後、高校生の時、先輩がカラオケで歌ったなにかがSLTの曲で、

おまけにすごく上手で感動。


その先輩がSLTファンだったので、

改めて、佐藤竹善さんという人を教えてもらったのでした。


さらにそのあと、しばらくしてから青森のご出身だと知り、

ますます勝手に親近感。(笑)


この間、BSの竹善さん特集の番組で
青森市民病院で患者さんやご家族のために毎年クリスマスコンサートを行われていることを知り、

青森に住んでいた当時、病院のすぐそばだったもので、びっくりしました。


きちんと地元に還元されていらして、素晴らしいですね。

SLTのコンサートには残念ながら行ったことがなく、
竹善さんのソロなら、生で聴かせていただいたことがあります。
それはそれは、素晴らしかったでした。



・・・というわけで、


1997年5月28日リリースの

アルバム、「Welcome To Another World」より

Spirit Of Love」でした。


もうひとつ、ソロでしっとり歌われていらっしゃるのと凄く迷いましたがこちらを!


コメント