ねこやまの日記。ピアノと猫と手芸と。

音楽や手芸、猫が登場するブログです。

土井善晴さんと坂茂さんのトークショー

2018-09-03 16:47:49 | 体験
出掛けてきました、池袋wacca。

料理研究家の土井善晴さんと、
建築家の坂茂さんのトークショー。

そうだそうだ、と
納得することばかり。

建築家、という方をテレビの特集などで
見たことはあっても
実際にお話を聴く機会というのは
生まれて初めてだったように思います。

坂さんの建築のお話には心底ワクワクしましたし
今後、何かを生み出す、という行為をするとき
昨日のお話のことを必ず思い出すとおもいます。
すごく刺激になりました。

土井先生は、NHKやBS朝日などの番組を
良く見ていたので、(大泉洋さんの物まねも。笑)
お会いできて嬉しい!!でした。

良い日曜日でした。



コメント

ラッキーかえる

2018-08-21 17:55:17 | 自然
NHKラジオの子ども科学電話相談室。
自分は質問できることがなく、
いつも人の質問を、よく質問を思い付くな~、
すごいな~と感心して聞いていましたが、
大人になってもそれは変わらず。

で。

その相談室で今年、
誤って洗濯機で洋服と一緒に洗われたにもかかわらず
生きていたカブトムシのことを不思議に思い、
なぜ生きていられたのかと質問した少年に
先生が、回答とともに、
その苦境を乗り越えたカブトムシのことを
ラッキーカブトムシ、と名付けられたのが
ほんと、助かって良かったわ~と
じんわりほっこりしました。

そして先日。

私が車で15分くらいの場所に出掛けて、立体駐車場に停め
用をすませること1時間後。
夏の立体駐車場はむせるような暑さです。
と、運転席に乗り込む寸前で

ボンネットにカエル…。

あぁ…またやってしまった。
よくあるんです。一緒に連れて出てしまうこと。
ネコバンバンならぬ、かえるバンバンしたほうがいいのかも。
今さら降ろそうにも、ここはコンクリートジャングル。
仕方なく運転することにします。

今まで大概は、途中で車から飛び出てしまい
大変申し訳ない気持ちに。
今回もそうなるかと半ばあきらめつつ車を走らせました、

…が、
かえるの存在をちょっと忘れたころ(コラコラ)
彼はぴょんっとジャンプしてアピールしてきました。
忘れかけていただけに、かなり動揺。
しかし生きていて良かった!


(写真はちゃんと安全な場所で停車して撮りました)


帰宅しても1時間くらいそのままでしたが、
夏の車のガラスではさすがに乾いてしまうと思い、
草むらへ帰ってもらいました。

ラッキーあまがえる。

コメント

パプリカでピリピリ

2018-08-12 20:26:11 | 日記
ちょうど2年前の8月、
新潟でもらった、かぐらなんばん、というピーマン型の野菜を
素手で調理して、
親指が劇的に痛くなったことをブログに書きましたが、

またやらかしました。

今度はパプリカで。。。

朝、眠気の残るなか、朝食を作ろうとパプリカを手に取り
あ、やっぱりパプリカ使うのやめたー、と一旦冷蔵庫へ戻す。
そのとき、一瞬目がかゆかったので
たぶん、なんとなく目の下をこすりました。(流れ作業的で記憶がおぼろげ)

で、朝食が出来て食べようとしたら
両目の下がピリピリする…というかビリビリする…

前回のかぐらなんばんの時は、
洗って化粧品のオリーブオイルを付ける、ティッシュでやさしくおさえる
また洗う、オイル付けるを繰り返し、
何とかなったので、今回も実行。

1時間後に痛みがおさまりました。
良かった~…

調べてみたら、パプリカもピーマンも、
トウガラシ属なんですね。

気をつけます…

コメント

箱。

2018-08-01 08:42:35 | 
箱状のものが好きなみつばですが、
水が入っていた段ボールが良さそうだったので、どうぞ!としましたが
不人気。
じゃあもう片付けようと、畳もうとすると
なぜかジャンプして入るという…

捨てられないじゃないか。

というわけで、
いっそ段ボールハウスを作ろう!と
そのへんにあった段ボールで屋根をつけて
入り口をくりぬいて…

作業中、みつばが興味津々でいたので
これは期待できる(気に入るにちがいない)と
思ったんですが…


すでに家が横向きになってるし…やや狭かったかな…

でもたまに入ると思うと
こうして、また捨てられない段ボールがたまるのです…
コメント

みつ葉と果物。

2018-07-31 09:44:11 | 
体調もすっかり良くなり、
食べられる喜びをしみじみと感じています(^-^)

今は特にトマトと桃、スイカが美味しい…

みつばも果物が好きで
特にいちご、りんご、バナナ、桃。

あんまりあげすぎてはいけないけど、
水分と食物繊維補給と思い、少しだけ。

でも、なぜかスイカは嫌い…
見向きもしません。
不思議です。



桃のネットをかぶったのね。
コメント

異常な夏。

2018-07-22 09:30:39 | 日記
西日本の豪雨、あれほどまでになるとは
なんともやるせないです…。
親戚の家も計画的な放水で浸水したそうなのですが…
自分の住んでいるところも、やや離れてはいるものの大きな川はあるわけで
その堤防が切れるような事態になれば、近くに高い建物はないし
避難のしようがないかも知れないな、と色々考えさせられます。

それにこの異常な暑さ。
セミが6月には鳴いて、最近夜にはコオロギが…
こんなに早かったかしら…

暑さにばかり気をつけていたら、冷房にあたりすぎ(27~28度設定なんだけど)
たらしく?急激に具合が悪くなり、2日間食欲もなく耐えていました。
食べられない→ふらつく→暑いはずが寒い→頭痛いのループ。
病み上がりの今日は、だいぶ清々しい。
健康のありがたみを感じています。

みつばも、私が具合が悪いのを察してか
遊べよ~と言うこともなく、
なんとなく近くに来て観察してくれてました。(親バカご容赦ください)

今日は遊ぼう。

なぜか、キッチンマットが好き。
自ら入るのです。
うちでは、みつば巻き、と呼んでいる。



コメント

猫ポシェット増殖中

2018-07-04 09:16:44 | 手作り
思い付きで作り始めた猫ポシェット。
楽しくなって量産しています(笑)
目の位置ひとつで表情が変わるからおもしろい。

この子たちも、まもなくお嫁にいってしまいます。
コメント (2)

トリニティを見てきた

2018-07-02 12:29:59 | ダンス
久しぶりにアイリッシュダンスが見たいなと思っていたら、
トリニティ アイリッシュダンスカンパニーが来ているのを知り、
2週間くらい前にチケットを申し込んでみる。
前すぎず後ろすぎずの、センター寄りのなかなか良いお席。


私は初めて見たアイリッシュダンスの公演が、
ラグースというグループだったので
その印象が強く焼き付いている。

音楽は基本的には生で(音源だけを流すとかでなく)
それもかなりトラディショナルで
女性の美しい歌唱があったり、神話をベースにした演目だったり。
主だった演者さんの出身もアイルランドやイングランドだったり。
神秘、ダンスや歌の美しさ、メリハリのきいた演出、
何よりアイリッシュミュージックにどっぷり浸れる感じ。

なので、今回も存分にアイリッシュ成分を補給しようと
思って出掛けたわけですが、

トリニティは拠点がシカゴなのもあるかも知れないけど、
全体的にはロック、ダンスもかなりコンテンポラリー要素多し。
プログレッシブ アイリッシュダンスってチラシにも
書いてあるし。

音楽はヴァイオリン、ギター、ベース、ドラムの4人の男性バンド。
その音楽はロック寄りで、
アイリッシュダンスの中にボディパーカッションあり、
スティックドラムありで、
振り付けもかなりハードなオーダー。
音楽とステップの融合というよりは、
それぞれがぶつかり合って作り上げる感じがします。
選曲も、アメリカ感がすごかった(笑)

アイルランド成分は私的にはかなり少なめに感じますが、
ダンサーの熱はすごく伝わってきました。
個人の力量が凄まじい。よくあんなに踊れるなぁ…

これはホールの音響の問題なのか、
トリニティ側の問題かはわかりませんが、
たびたび音楽が大きすぎて(素敵な音楽なんだけど)
群衆のステップ音が聴こえないときがあったので
それはちょっと残念でした。

そのせいもあり、音楽だけのパート、
もしくは音楽なしのダンスオンリーの所は
すごく楽しめました。

ノンビリした雰囲気をお求めの方には向いてないかもですが、
観られて良かったです。

ラグースの来日もあるといいなぁ…

コメント (2)

ねこのポシェット

2018-07-01 08:11:52 | 手作り
猫が好きな友人のお子さんに、ねこのポシェットを作りました。

構想から1ヶ月寝かせて、(さぼっていたとも言える)ようやく完成。
いざ作り始めると楽しくて手がとまらず。

マズル(ねこのひげがある、ふくらみのところ)部分に
力を入れてみました(笑)

喜んでくれるかなぁ。
コメント

ゴーヤ。

2018-06-25 11:38:53 | 
グリーンカーテンから収穫したゴーヤ。
最初の一個は家族にあげたので、二個目を食してみる。

チャンプルーにしてみましたが、
食べるのが久しぶりすぎて、
あと取れたてのせいもあるのか、
ゴーヤの苦味にびっくり。
でも、おいしくいただきました。
自分の家で採れたのを食べるのはなんか嬉しい。

みつばに見せたら、
にゃーにゃー(それはなんなんだ~)と言いながら
一生懸命においをかいでいました。
初めて見たのだから、興味津々です。

あいかわらず、狭いところにはまってます。
コメント