のんびり茶店

のんびりやの開く茶店(ちゃみせ)で
お茶でもどうぞ
日常のことを書いています
一緒にお話できればうれしいです

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ケロミン

2009-06-02 17:54:49 | 音楽
先日、観ていたテレビで、こんなものを見つけました。
  
かえるの“ケロミン”です。
この子は、見てのとおりぬいぐるみなのですが、実は、楽器なのです。
ケロミン
背中から手(人間の)を入れ、口パクさせ、演奏します。

ケロミンの右手には、音量ボタン、音の幅、最下音などの設定ができ、
おなかはスピーカーになっています。


以下HPより。
1.搭載されている音色は16種類。
  ヴァイオリンなどの音から、もちろん「ケロ」というカエル声も。
2.設定次第で5オクターブもの音域が演奏可能
  ケロミン一匹で、ピアノの約2/3という幅広い音域をカバーできます。
3.音階楽器ながら、ポルタメント(次の音に移る際に、徐々にスライドしていく)演奏も
4.ハンドベルモード 搭載
  左右逆に持つことで1音だけ出すことができます。
5.ラインアウト MIDIOUTに対応
  アンプにつないで大きな音にも出来ます。
6.電源は単3乾電池4本
  これで50時間演奏が可能です。
       

名前の由来になった“テルミン”という楽器は、ロシアで生まれた電子楽器です。
木箱(のような?)にアンテナを1本刺し、水平にも1本刺したもので、
アンテナを手で操りながら、音を出します。
↓下が全体像。上は一部アップ画像です。

完全アナログ楽器で、音はすごく微妙なモア~としたような、
宇宙の交信??のような音(私の感想)です。
(ちなみに漫画【のだめカンタービレ】にもこの楽器が登場しています。)

ケロミンはテルミンとは全く別の構造の楽器らしいです。
こちらは、完全デジタル楽器なので、演奏するのはとても簡単みたいです。


このHPの中に、“カエルの合唱”や“よろこびの歌”などの演奏音源がありました。
大勢でハンドベル風に演奏しているのは、可愛かった♪です。


生徒のリトミック教室で使えないかなと思い、お値段を調べてみましたが、
送料込で、¥49875
高いです。(無理です…涙)


この写真はとても可愛いです。
          
(ケロミン、一度演奏してみたいな~)


コメント   この記事についてブログを書く
« 洋vs和菓子 | トップ | ほたる »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

音楽」カテゴリの最新記事