お人形と同じ部屋で寝起きしている私

お人形好きでけっこう沢山持ってます。専用ブログもあります。こっちでは家族と猫2匹と他の趣味や暮らしぶりなど語ります。

土曜日は浅田さん三昧

2018-12-03 15:55:22 | スポーツ
浅田真央は何と戦ってきたのか - フィギュアの闇は光を畏れた - (ワニブックスPLUS新書)
クリエーター情報なし
ワニブックス


2回目の更新です。
土曜は3件病院はしごして疲れましたが、夕方4時からNHKで浅田さんのサンクスショーのインタビューと紹介の番組。よかったわ。見に行きたいわ。叶わぬものならDVDにして欲しいわ。

それから一休みして6時からはBS朝日でインタビュー番組が約1時間。彼女がスケートを辞めないでくれて本当によかった。でもイタリアのコストナー選手は30歳超えても現役で頑張ってることを考えると、本当に浅田選手の引退は早すぎると思ったよ。こちらも良い番組でした。浅田真央ちゃん、本当に綺麗になったよね。
でも、結婚とかあんまり考えてなさそうだけど、子供は欲しくてスケートやらせたいって。メジャーデビューしたらまたいじめられそうだから、趣味程度にとどめておくのが吉かもと余計なお世話かもですが。
それにしても、15歳でGPF優勝の演技は天使だったわ。そしてバンクーバーでは女神のようだった。

浅田選手は腕の使い方も優雅で、安藤さんはスパイラルとか華やかだけど、腕をぶんぶん振り回すのは上品じゃなかったね。

多分、この本には浅田選手が引退を決めた理由の幾つかが書かれてるのではと思います。まだ発売前だけど。

なんとなく、彼女がかなり冷遇されてた理由が少しでもはっきりされればいいなと思いますが。読むつもりです。




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 昨日は孫のランドセルを買い... | トップ | 長谷邦夫氏が亡くなりました »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

スポーツ」カテゴリの最新記事