ねこてん~全ての猫は天使である~

東京都港区青山&ビックサイト周辺にて地域猫活動を行っているボランティア

全国の猫ボランティアさんへ

2019-07-24 22:05:03 | 奄美ノネコ駆除問題


奄美大島で行われている「ノネコ管理計画」は“ 野良猫排除 ”です。
ノネコの定義は曖昧なままに、森にいる猫が捕獲されます。
現実、耳カット有りやカリカリしか食べない猫も駆除対象で捕まっています。

根本的な見直しがされなければ、やがては生態系を乱す元凶として(放し飼い猫や地域猫を含む)野良猫を駆除しやすくしてしまいます。
外で生きている猫をノネコとして愛護動物から除外、殺処分が合法化されるかもしれないのです。

私たちが今まで、不幸な命を増やさないよう、外の猫が少しでも安全に生きられるよう、切磋琢磨していたことが“ 無 ”になってしまうかもしれません。

どうぞ1~2分の時間をお貸し下さい。
現場の人々が、最もダメージがあるかと思います。
先日、給食ボラさんに経緯を伝えたら、涙ぐむ方もいました。

皆さん、仲間同士で情報共有の程を宜しく お願い申し上げます。
環境省に意見を、声なき声を届けましょう!



締め切り迫る 7月25日(木)まで!

【⠀拡散希望/奄美の猫を殺さないで 】
ノネコのまま死に至ったみきちゃんの無念を葬り去らないためにも、下記フォームから環境省に意見提出を お願い致します。

「奄美群島国立公園パブリックコメント」送付フォーム ★

※ フォームの運営管理は「公益財団法人どうぶつ基金」が行っています。
※ 氏名・住所・メルアド・電話番号を入力後、パブコメ欄にチェックをし送信ボタンを押して下さい。

〈 パブリックコメント主旨 〉
〇 鹿児島県が環境省に与えた奄美大島のノネコに対する有害鳥獣捕獲許可の取り消し。
〇「奄美大島ノネコ管理計画」の即時全面的な見直しと、猫の捕獲・殺処分の中止を求める。

小笠原諸島でのノネコ約500頭のレスキュードキュメントの読書感想。
奄美ノネコとの比較がされていて、その負の部分がハッキリと分かります。
是非、ご一読下さいませ。
『野鳥も、ネコもすくいたい! 』
~小笠原のノラネコひっこし大作戦~




実は奄美ノネコの殺処分反対には 3,000 という数字が踊っていたため、署名には参加したものの、ずっと静観をしていました、私。

異常に気がついたのは「TNR 否定」のツイート。
TNR の文字を使用しては初見でした、驚き焦りました。
※ 今や手術自体を拒否されることは少ないのです。
トラブルになるのは、捕獲器の設置場所とリリースについてが ほとんど。

事実、ノネコ駆除では、繁殖制限・頭数コントロールが、一切封じられています。
それでいて10年をかけ、森に入った猫を殺処分ありきの駆除によって根絶させようというもの。

保護譲渡も1週間以内に飼い主が現れなければ殺処分。
譲渡条件もノネコ(凶暴)だからという理由で厳しくなっています。
また、せっかく ご縁が繋がっても、杜撰な手術しか受けられず命を奪われた子(みきちゃん)も…。

奄美のノネコに対しては、多くの人が疑問を呈し、命を守ろうと声を上げ、命を救おうと動いても、頑なに跳ね除けられてしまう怖さがあります。
このことから「弱者切り捨て」「差別される命」を助長する社会へ向かうのではないかと、私は危機感を募らせています。

~関連記事~
なぜノネコは殺されるのか?1
なぜノネコは殺されるのか?2
なぜノネコは殺されるのか?3
ゼロは目指すものではなく結果
奄美ノネコ管理計画の見直しを求めて

【 ねこてん 公式HP 】

にほんブログ村 猫ブログへ

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント   この記事についてブログを書く
« ノネコ排除なき共生のカタチ | トップ | 本日までノネコ殺処分にNOを! »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。