「北極星に願いをこめて」 (右脳のひらめき)

I'm your polar star in the journey of life.

ある霊能者の嘘 ~あなた、その石はフェイクなんですのよ~

2010年11月29日 16時42分12秒 | 銀の風(霊能力・霊視・念力・霊聴・透視)

こんにちは。

一番印象にあった話しておこうかな。

私が以前、サンフランシスコで買ったピンクの石があるのね。ほんと大きな石でね。何の石だか分からなかったから、鑑定に出すまで、フェイクアクセサリーだと思ってた。自分で「舐めた」感触がプラスティックの感じだったから、これは、よくアメリカにありがちな、トラベルジュエリー等のフェイクアクセサリーだと思ったのね。

綺麗だからね。自分では身につけたいと思ったけれど、大きいんだよね。

ところが、家に来た事が何度もあった霊能者がこう言うんだ。「この石は、昔の王家の皇女が身につけていた宝石を割って加工したものだ。涙が残っている」

驚いたね。フェイクアクセサリー売り場で買った石が、そんないわく付のものとは思わないじゃない?だから、その時セッションがあったヒーラーさんのところにも持ち込んで聞いてみた。涙が見えるし、「碧い目」をしている。とみんなが言う。うっしゃー、これは・・・・と思って、当時お付き合いのあった新橋の社長の所に始めて持ち込んだ。社長は濁った顔をしながら、「トラベルジュエリー」の話をし始めた。

やっぱ、フェイクじゃん。

っていうか、その時かな。霊能者って嘘八百じゃんと思った。試しに、最後に会うことになった霊能者に聞いたら、やっぱ言った。「涙がある。僕が消し去って見せるよ」。

・・・・・・おいおい。反射したラインから、青い色がどうしても見えるから、そういう事いうんか。その前に、これは、フェイクアクセサリーだと、どうして分からないんだ。というか、霊能者はみんなこんなものか。不確かな知識と経験の元に、出鱈目を言って歩くだけなのか。それの書く霊符に迷わされて、自分は何十万も払って、何度も身に着けて「効果ないのは何でかな」と思ってきたのか。なんてこったい。霊能者って、そんなもんか。

じゃ、自分は違う霊能者になる。・・・・・・そう思って、自分の知識の元、膨大な情報量を処理してここまで来た今日この頃。そう思えば、得意分野が膨大に広いことに気がついた、今日この頃。ちなみに、先日、フェイクアクセサリーの枠を売った時に、フェイクアクセサリーを「本当の石」だと思い込んで膨大な値段をつけてくれた業者がいた。見る目ないんだね。恐らく鑑定にまわしても、わかんないと思うけれど、それ、フェイクアクセサリーのサファイア。古物商にも見抜けないものがあるんだって思った。

最近、霊能者ってタイトルを素直に変えたいと思う。そうだな、ライフリスクマネジメントアドバイザーとか(嘘)。



ジャンル:
ウェブログ
Comments (6)   この記事についてブログを書く
« 美容師さん ブローの上手な... | TOP | マヤ暦 銀河の署名を読み解く »
最近の画像もっと見る

6 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
テンプレ? (Holly)
2010-11-29 19:02:53
大間違いだけど、違う人から同じ事を言われるっていうのはどうなってるんでしょうね。
この場合は「青いシラー」→「涙」ということで、ある意味、想像力の貧困さゆえという感じですが。
でも、もし、余りに突拍子もない答えがかぶったら信じちゃいそうだなあ。

ピンクの石といえば、先日買った物がリチウムの人工蒸着水晶らしいのですが、他で見た事がないんですよね。結構可愛い色をしてるので、もっと普及してくれても良さそうなものなんですが。
コメントありがとう (朋)
2010-11-29 20:06:50
hollyさま

>余りに突拍子もない答えがかぶったら信じちゃいそうだなあ。

あんまりお姫様でかぶったんで、当時スピリチュアルに足を突っ込みかけた私は、信じてしまい、鑑定を新橋の目利きまで持っていった訳です(疑っている面もあった)。

http://voidmark.fc2web.com/glossary/glossary-14-kakou.htm

ここのサイトから見るに、私のはアクアオーラではありませんが、恐らくローズオーラって奴の類かと思います。15年以上前にその技術があったのかどうかは、不明ですけれど、手に入れたのは15年以上前。碧いシラーが浮かんでいて、みんなそれを勘違いしたようでした。

私←ちなみに、視えなかった人。けれど、本当なら、「高値で売れる」と思った人(正直ベース)。

ちなみに、ある人の水晶には、ある動物がいて。(失笑)。何でこんなところにこれが?と思ったら、その人の持ち物を移動して歩いていて、結局その人の守り神の一つだったって逸話があります。まぁ、もっとも、その存在自体、ファンタジーの世界なのですが、その時は、テンプレどころか、初めて見たんで驚きました。

石にいる精霊を見抜くことは結構あるのですが、こっちが言わないでおいたのに、受け取った人が、そういう事を言い始めて、やっぱビンゴかぁと思うことは割と多くありますが、シラー=涙だったら、ロイヤルブルームーンストーンは、女の涙、涙の物語になっちゃいます(涙)。

まぁ、最も、「スピリチュアルの人の発想は貧困である」が今回のテーマなので、エグゼクティブサマリーをどうもありがとう。

ところで、リチウムって体にいいの?石にくっつけているけれど、どこかで剥がれはするでしょう。

ありがとう
リチウム水晶 (Holly)
2010-11-29 21:19:12
人工蒸着ものは、ネットでは情報が無いので分かりませんが、天然蒸着のものに関してはヒーリング効果が高いとされているみたいですね。
天然のものは小豆色のものが多いようなので、ようかんを連想してしまいますw

http://sena-cos.com/html/dictionery/lithium-quartz-dictionery.php
くっくっくっく(大笑) (朋)
2010-11-29 21:40:25
Hollyさま

あの画像拝見しました。何気に「民俗学」っぽい感じで、もう、そ知らぬ振りをして、画像をここに公開したいくらいの素晴らしい「民俗学」です。成程、リチウム蒸着ってのはこういうのなんですね。

ところで、是非、ここのエントリの「民俗学」とお対になるような品を・・・・・・(笑)。

しかし、分かってよかったです。ひとつ、知識が増えました。
ありがとう。
拝見したいです^ー^ (石女子)
2010-11-30 00:59:31
スピリチュアルな人々何人にも皇女の涙を妄想させたトラベルジュエリー、ぜひ拝見したいです。ガラスのものでも美しいものってありますよね^^バカラやスワロフスキーも、もっとちいさなチープな光りものも大好きなんです♡
コメントありがとう (朋)
2010-11-30 11:56:44
石女子さま

今でも宅にございますわよ。なんせ皇女の涙ですから。問題は、これ、ゴブらないところが素晴らしきですわね。

いつかお見せしたいです。ありがとう

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Recent Entries | 銀の風(霊能力・霊視・念力・霊聴・透視)

Similar Entries