かみのこもれび

アート

 ☆無断転載 無断使用を禁じます。著作権は作者に帰属します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

宇宙の入り口

2005-05-28 23:23:40 | Weblog
久しぶりの更新です・・・
母のネガエネで寝込んでたわけじゃないのですが、仕事の
ことが宙ぶらりんで気もそぞろ、チャネリングを一時お休みして
いました。

仕事の目処が立ったら再開しようと思ってたらいつまで経っても
埒が明かず、仕方なしに「よし!宙ぶらりんのままやるゾ!」と思って        
久々に絵を描いたら、なんか絵の雰囲気が変わってきたようで
今のところ様子見ているのです・・・

自分でも何がどう変わったのかは説明できないんですけど・・・

                          17/05/27 受信
 
    ☆           ☆           ☆

 
 ◆ 宇宙存在 (たぶん;)

《これは宇宙の入り口です。あなたはここからパワーを貰っています。
意識を集中して御覧なさい。この絵からパワーが出ています。

絵の表していることは簡単です。

大きな花、七色ですね。これは源のエネルギー、全ての存在です。
源は神界にも、宇宙人にも、天使にも属さない中立の存在(エネルギー)、
それら全てを含んだものであり、エネルギーの集合体なのです。
そのエネルギーを神界がデザインします。源のエネルギー自体でも
ある程度の法則にのっとって働きますが、それをもっと効率よく使うために
神界がデザイン(プログラム)するのです。

神界の光は源を抱き込み、源の下に宇宙を築きます。
向かって左の紫の空間が霊的宇宙の入り口。向かって右の緑色の空間が
あなた方の3次元宇宙の入り口。どちらの宇宙にも神の意図が働いている。
それが金の渦で表されています。

霊的宇宙も3次元宇宙も対称の形ですね。互いが互いを補って
ひとつの形(ハート)を作っている。ハートは愛です。愛は源の要素です。
二つの宇宙が補い合って初めて、源のエネルギーを著顕させうるのです。
霊的宇宙のみでも、3次元宇宙のみでもそれはかないません。
また、両宇宙が左右対称ということは互いに強く影響し合っているということ。

だから私たちは3次元宇宙のあなた方を見守り、陰ながら支えているのです。
それはなにもボランティア精神によってではありません。3次元宇宙の在り様
が、私たちの霊的宇宙に即影響を及ぼすからです。》
_______________________________

「源=エネルギー」 で 「神界の光=意志」 という感じでしょうか・・・
無限のエネルギーに意志が加わって、宇宙(全て)ができているという
イメージです。

霊的宇宙、3次元宇宙双方が協力し合って「愛」を形作る。
その「愛」はハート型で表されています。


こ、こんな感じです・・・
今のところ手探りなんです・・・
コメント (23)

心の森 2

2005-05-13 23:18:45 | Weblog
昨日、この絵には力がない、と書きました。何故かというと、この絵は
初めに描いたものにそっくりに似せて描いた2枚目なんです・・・

1枚目は人にあげちゃったんですよ・・・
当時私のグルグル話を親身に聞いてくれた、命の恩人第1号の病院の先生
にです。
子どもさんが病気で大変心配されてるときがあって、診療時間の変更上、
仕方なく少し事情を話されたんです。

その頃、ちょうどドンドコ絵を描き出し、しかも自分に起こっている
宇宙的な意識の変化は自覚できていないという、とってもアンバランスな
状態でした。感覚が繊細になり過ぎて、意識を向けたら その人の感情に
すぐに入り込んでしまうような感じです。
それで、その先生の意識に同化したんでしょうか?
とても苦しそうに思え、「大変だ!何か力になれないかな」と考え、思い
付いたのが・・・そうそう、この「心の森」だったんですね^^;


     精神が瀕死の自分だけであんなものが描ける訳ない、
    
     きっと魂の根源の何かが動いたんだ。

     そしてその“何か”は、全てのモノの、パワーの大素で、

     全てはその“何か”から出来ている・・・


絵を描くうちにこれだけのことは理解していました。
ならば、病気の人や、落ち込んだ人を元気付けるには、その“何か”
の表れた絵をあげればいいんだ♪

アホな私は、そう結論付けたんですね・・・
でも、絵は私の宝物、それをあげるのは勇気が要ります。
そこで真似て描いたものをあげようと考えました。そして描き
始めました。でも、同じ絵を描くことの辛いことといったら・・・
苦痛以外の何ものでもありません・・・

同じサイズの画用紙に、定規で測って構図を描き、色遣いも全く
同じ配分で塗っていきます。その過程はもはや、単なる作業。
インスピレーションも、根源との繋がりもあったものではありません。
そして出来上がったのが、今載せている“心の森”なのです。

初めに描いたもの、真似て描いたもの、ふたつ並べてみました。
ほぼ同じものなんですが、2枚目は薄い、浅いんですよ・・・
うす~いカルピスみたいに、味気ない、マズイ・・・

こんな薄いの、あげても意味ないね・・仕方ない、大盤振る舞いだ!

と意を決し、絵を持って行きました。しばらく前から自分でも絵を描いて
いて(チャネリングアートではない)、見せながら自分の心境を説明したり
してたので、絵を持って来たこと自体は変には思われませんでしたが・・・

スケッチブックごと持って行ったんですよね、確か・・・
それで、自分が特殊なことになってるなんて自覚がないものだから
無邪気にそれぞれの絵の説明を始めてしまったんです・・・
自分で自分の本当の気持ちを 全然分かってなかった私は、絵によって得た
新しい感覚を、当然普通の人は認識していると思っていたのです。

あぁ、みんなこんな認識があるから、私みたいにグルグル回ることなく
生きてるんだ・・・(心の底から納得!)
自分を知るって、なんてスゴイことなんだろう・・・
やっと私も人並になれたよ・・・

そう思ってるものだから、ドンドンしゃべりました。宇宙の話・・・
相手は精神科の医師なのに・・・

話しながら先生の顔を見ていました。いつもは優しげな顔で、ときには
心配そうな表情で、うん うん と聞いてくれるのですが、
その顔は、どんどん不安げになり、青くなっていきました・・・

そして、最後に・・・

    
      あなたの言ってること、意味がワカラナイ・・・


そう言われて初めて、自分が違うところに行ってしまってるのを自覚
したんです。                           
コメント (7)

心の森 1

2005-05-12 23:58:24 | Weblog
これは6年前にはじめて描いた、今描いてるものの出発点とも
言える絵です。
今、もう寝ようとしていたんですが、急に「これを載せなくっちゃ!」
という気持ちがど~っと湧いてきたので載せました。

これ、分かる人は分かると思いますが、全然力がないのです・・・
その理由も含めて、また改めて書きます。
なんせ、眠い・・・
何でこの絵を載せたのかは、後になって分かってくるのかもしれない
ですね。
宇宙ってそんなもんですから・・・
                   



おはようございます。ここからは次の日です^^
見やすいように同じページに書きます。

なぜこの絵をUPしたのか、自分でも分かっていないので 何を書いたら良い
のかもイマイチ分かっていませんが・・・

この絵、6年前に旅に出て最初の夜に飛び出しました。→「すこしづつ、ひとつづつ」

当時、精神状態が“命からがら”で、この絵を描く10日前にどん底で寝込んでたら

 《目玉!目玉!目玉描かなきゃ!》

とスゴイ衝動が来て、ベットから這い出して取りあえず描いたんです。
ふたつの目を覆うように、大きな大きな目(第3の目?)が開いてる絵でした。
そして近場に旅に出たんです。最初の夜TV見てたら、ふいに絵が描きたいような
気持ちになりました。
なぜかみどり色の色鉛筆が気になって、みどり色で描き始めたのですが、
あとは一心不乱に描いてたようでよく覚えていません。集中しすぎてハッと気付いた
ら記憶がない、という感じで・・・

それでこんな七色の森が不意に目の前に現れたんだから、びっくりするやら
うれしいやら。
意識できる自分の心の中は焼け野原か、よくても砂漠で、生命を感じるものは
ひとつもなかったんです。そんな心を少しでも癒そうと思って旅に出かけたんですよ。
そしたら、まさか、自分の中からこんなにもたくさんの色が、しかも生命の象徴
である森として現れるなんて・・・
呆然と現れた絵を眺めてたら《鳥、鳥、》と来て、最後に紫色の小鳥を描き足しました。
その後この小鳥が育っていくことになりますが、そんなことは知る由もなく・・・

                         つづく・・・
コメント

かえるチャン(10日後)

2005-05-11 12:12:50 | Weblog
それで去年、観察し続けました・・・

バラもだんだん枯れてきて、縮んで、すっぽりハマれなくなっても、
花びらがパリパリになって、いい香りがしなくなっても、ちょっとでも
しがみつけるスペース見つけてヘバリ付き続けていました
もうバラも終わりだし居なくなるだろう、といつしか観察忘れていて
雨が降ったある日、ふと思い出して見に行ったら・・・

まだ居ました!(これは去年の写真です)
もうここまで来たら、修行・・・( _ _ ; としか言いようがないです・・
花びらも縮んで、かえるチャンのほうが大きくなっているし、しかも
頭の上からは雨が・・・ それでビショ濡れで、お尻から大きな雫が
滴っています。
まぁ、アマガエルだから雨は好きなんだろうけど、これはどう見ても
癒しには程遠い^^;
この姿、滝行を連想してしまいました。
 
かえるチャンの表情も、“耐”の一文字・・・

今年は何日間がんばるんでしょうか?要観察です。
もう、今年あたり悟り開くかもしれませんね・・・

                  
コメント (10)

かえるチャン

2005-05-11 11:50:17 | Weblog
ウチの玄関横にはバラが植えてあり、毎年この時期には大きな花を
咲かせます。
その花に毎年やって来る かえるチャンがいるんですよ。

去年、バラの花にスッポリはまっている かえるチャンを見つけて母に
話したら、その前の年も来てたらしいのです。それで「来年も来るかな?」
と今年は皆で毎日バラの花をチェックしていたら、来ました!来ました!

去年観察してたのですが、かえるチャンは朝通ってきて、夕方には自分んチ
に帰ってるのです。
日中だけ、バラの花にハマって癒されているんですね~

毎年同じコが来てるのか、違うコが来てるのか・・・
アマガエルの寿命ってどのくらいなんでしょう?一年なら違うコになるけど
何年か生きるんですよね?
ウチの周りは田んぼが多く、アマガエルは結構いますが、このかえるチャン
以外、バラに通ってくるコはいません・・・
リボンとか目印付けれたら面白いんですけどね^^;

それで去年、毎日毎日バラの花にハマり続けている かえるチャンを
見ながら、一体いつまで通い続けるんだろう・・・ と疑問に思って
観察し続けたのです。
バラも造花じゃないんだし、一週間もしたら枯れてしまいますから・・・

                             つづく・・・

                   
コメント (1)

今日は絵なしで

2005-05-08 23:45:54 | Weblog
昨晩、寝ようとしているところにピッときました。
鳳凰のようで、そのまま絵描きに突入~してしまい、出来上がったのは
鳳凰の尾っぽ(笑) 孔雀の尾っぽみたいな感じです。
描き終えたら0時過ぎていました・・・

それをチャネらないままグリフィンズさんに出したんです。
そおしたら、今日、仕事から帰ってきて返信開けてびっくり!

「受け取り手(私)の波長が荒れています。イライラすることがありましたか?」

という内容でした。

ご指摘の通りイライラしてたんです。
GWはずっと仕事で、なかなか休みが合わない家族が全員休みで和んでる
のに、自分だけ仕事に行く毎日は、思いのほかストレスで・・・
皆疲れてて日ごろはあまり話さないので、天気のよい連休は家族間の意思
疎通に持って来いだったのに、なんてモッタイナイ・・・

私もたまには家族とも意思疎通したかったー という念がこもってたのかは
分からないけど、絵からイライラが出てたんですね・・・
思いがけず、自分の手がけたものには自分の発した波長や念が入るもの
なんですね・・
絵を出してるのだから、この辺はよっぽど気をつけなければいけません。
表面がきれいな絵でも、出てる波長が同じくきれいとは限らないんですねぇ。

私も自分の感情(波長)に責任を持って物事を成したいと痛切に思った
次第です。

“鳳凰の尾っぽ”はそういうわけで、公開は見送ります。  
コメント (5)

豊作♪

2005-05-07 15:12:09 | Weblog
以前「ウチの庭の桜です♪」 「桜♪満開♪」 でも書いていた庭のサクランボが、
なんと今年は大豊作です

実は半分採りました。それでも大きなボウル2杯もあり、後は鳥さんの分で
残してます。
蟻が、なったままの実にたくさんくっついているのでひとつ味見してみたら甘い!
こんなに豊作なんて、きっと今年はいい年ですね^^
これも地球の、自然の恵みですね~ 感謝して、今日の晩御飯はサクランボです←?

GWはずっと仕事でやっと今日は休みです。午前中サクランボ狩りをしてました
絵も描きたいけどもう夕方だし・・・やはり時間に余裕ないと絵やチャネリングは
厳しいですね。
成り行きで今回は転職やめたけど、これでよかったのかもしれない・・・
この半年の時間を大切にしていろいろやってみようと思います。
仕事は半年後にまた考えることにします♪

          
                    
コメント (2)

天のサポート

2005-05-02 21:33:05 | Weblog
今日の会話です。絵は4月30日に描いていて、説明は今日聞きました。
宇宙人から“修行”についてちょっとお説教されてるところもあり、少々
恥ずかしいですが、会話をそのまま載せますね^^

お説教でもなんでも「言われているうちが花」ですよね。
ちなみにこの絵は、先に掲載の「日本神界」を踏まえているようです。             


                          17/ 5/ 2 受信  

    ☆           ☆           ☆


「プレアデスの方ですか?」

《ええ、絵の伝え方でピンときましたか?》

「はい、全体像がパッと浮かぶのは今までにないパターンだったので。」

《そうですか。存在によって伝え方も違うのですよ。それは覚えておくと
良いですね。伝わり方と内容で誰なのか判断してください。名前で信じて
はいけませんよ。》

「はい、ありがとうございます。絵の説明をお願いします。」

《分かりました。あなたが感じているのものとほぼ変わりませんが、
いきましょう。

これは高次元存在が地球をサポートしているところです。全ての高次元
存在が描かれています。先ずは花。これは紫と群青色で塗られています。
紫は神(天つ神)、群青色は宇宙人を表します。私たち(花に象徴される
神と宇宙人)は神のエネルギーに支えられ(金色の茎)神のエネルギー
(金色)を放出しています。私たちも今、積極的に行動しています。
花の首の赤い光がその行動の強さを表しています。
細長い2枚の葉は国つ神の象徴。やはり、神のエネルギー(金の茎)に
支えられ、地球に向かって手を広げています。

羽は天使の象徴です。天使もまた、地球に向かって羽を広げている。
生命力(オレンジ)と愛のエネルギー(ピンク)を送っているのです。

天つ神の放つエネルギー(金色)は波動が高すぎるので、天使が加わって
そのエネルギーを地球にも合うレベルまで調節しています。
ほら、天使の羽のところのエネルギーは虹色になっているでしょう?
虹色はあなた方に取り入れられ易いエネルギーなのです。

日常でも金のエネルギーを目にすることはなかなかないでしょう?
太陽は金のエネルギーですが、あなた方は太陽の光にはあまり感動
しません。受信できる器ではないから、金色だとはなかなか自覚できない
のです。いっぽう虹が出ると誰でも喜び、“なんて美しいんだろう”と
感動しますね。虹は七色なので人間に受信され易いのです。
金よりも人に同調しやすい色なのですよ。

考えてみたら虹は、空気中の水に太陽光(金)が当たって反射すると
現れます。虹の素は太陽光(金)、そして水。
水は伝達する働きがある。よって虹の意味は“太陽の光(神のエネルギー)
を伝達する=人間に受け入れられ易くする、分かるようにする”です。》

「へぇ~ 先日絵の意味を箇条書きしたときには思ってもいませんでしたよ。
やっぱりちゃんと説明を聞かないとダメですね~(驚き!)」

《そうです(笑)サボっちゃいけません。巷にチャネリングアートを描く人は
たくさんいます。色々と素敵な絵もある一方、偽りのものもあるのですよ。
素敵なチャネリングアート(偽りでないのも)も、だいたい絵のみですね。
あなたのように別に長々と説明が付くものはあまりありません。
あなたは修行中ですから、どっちの練習もしているのです。
絵と文で取れば、あなた自身もよ~く分かるでしょう?これは人々を
チューニングするために描いているというのもありますが、第一は
あなたの気付きのためです。だから謙虚さを失ってはいけませんよ。》

「分かりました。常に感謝を忘れずに進みたいと思います。
質問ですが、神と天使と宇宙人がここでは協力しているようですが、
3つの存在の関係は?」

《神が一番上、天使が真ん中、宇宙人は3番目です。宇宙人は人間です。
地球人よりちょっと進化しているだけの修行中の身で、基本は地球人と
変わりません。輪廻もあります。

天使は神の御遣いのようなものです。人間を、神の手先となって指導
したりもします。神と宇宙人の中間が天使です。
あなたも度々、宇宙人と天使の見分けが付きませんね?高~い次元
にいる宇宙人は天使とそっくりな波動を出すからですよ。

さて、この3つの存在はおのおの単独で動いていたのです。天使は
神の命は受けているが、神と密にコミュニケートすることはなく、
天使は天使で集まって、その中で行動の方針を決めてきた。
宇宙人は宇宙人で、自分たちの課題によって地球をサポートしていた・・
宇宙にはネガティブなものも居ますが、そういう存在を除いて、元々
真理はひとつですから目的は似たものなのですよ。愛にも基づいた
行動ということですね。だから、それぞれが大きく道を外すことは
ありませんでしたが、少しずつ地球に関する見解や、サポートの方法
も違っていました。

しかし今はもう時間が無いので、3つの存在は協力し始めています。
細かい見解の違いに焦点を当てることを止め、地球に光を送ること
を第一として協力しているのです。
宇宙に充満するスピリチュアルな真理を光に変えて送っています。
外の空間が紫なのは、高次元から見た宇宙だからです。
宇宙は真理そのものですから、当然、紫なのです。あなた方は宇宙を
未知なるものと捉えているから黒く塗りますが・・・

こんなに強力な光を3つの存在が協力して送っているのだから、地球
にも目覚める人が増えているのは当たり前です。あなたもステージが
変わったでしょう?この光の恩恵ですよ。
今からは ふと心に浮かんだことをしっかりキャッチして進んでください。
光はインスピレーションとなって、人びとの心に小さな思いを生じさせます。
気をつけて受け取っていけば、進むべき方向へ導かれるはずです。
光を信じて進んでください。》

「はい、素直になって、こころを開いて受け止めるようやって行きます。
ありがとうございました。」
______________________________

UPしておいて何ですが、私自身は神様と天使と宇宙人の現状・事情は
分かりませんので、ここに書いてあることは皆さん自身で判断されて
くださいね。             
                     
コメント (2)

水彩色鉛筆♪

2005-04-30 23:16:14 | Weblog
友人の家に遊びに行ったらこんなに立派な水彩色鉛筆とスケッチ用
の鉛筆を戴きました~(T▽T) うれし泣き~
うれしさ高じて写真を載せます^^

水彩色鉛筆は高価なので昨秋 迷いに迷った末、12色のセットを買った
のですが、色揃えが大雑把なので使い勝手が悪く、ほとんど使って
いなかったのです。
ちなみに普段絵を描くときは普通の24色の色鉛筆を使っています。

そういえば今朝も絵を描いていて、絵の具が使いたくなったのですが
絵の具の用意は面倒だし、塗ると画用紙が乾くまで待たないといけない
し、面倒なので意地で色鉛筆だけで仕上げたんですよね。
そしたら、まさか、こんなに立派な色揃いの水彩色鉛筆が貰えるなんて
これは絵の具も使いなさいってことかも知れません。

こんな高価なもの、どうもありがとう
大事に使わせてもらいます。

コメント

天命の光

2005-04-29 21:14:33 | Weblog
このところ、身の振り方を考えています。今より仕事を増やそうか、
でもあんまりギチギチに仕事を詰めたら絵のインスピレーションを
受け取るどころではなくなるし・・・
高次元の声も魂の声も遠くに行ってしまいそう・・・

そんなことを考えていたらプレアデス人が話しかけてきました。

   
                          17/4/28 受信 

  ☆          ☆          ☆


《昨日天命の話をしましたね。それを色・形で表してみました。
あなたも大分落ち着いてきましたね。(絵を見て言っている)

では説明しましょう。8輪の花がありますね。これは3次元に生きる
ひとりひとり。人は同じように見えても各々天命は違います。
天命を持ち、光(源)から結晶として生まれてきます。
真ん中の金色の光から様々な色の茎が伸び、花が咲いていますね。
茎の一本一本の色は、それぞれの人のもって生まれた目的(役割)を
表します。生まれる家や、両親・環境・姿形などの宿命や、魂の癖を
も含んで、それはその人の目的(役割)です。その目的(役割)を意識
しながらスピリチュアルの真理に従って生きると、その人独自の色が
出てきます。

花の色が下の方は紫で、上の方はひとつひとつ違った色なのが
それを表します。人生の目的(役割)とは生まれた環境・家族・容姿
などを細かく見ていけば分かるものですが、その自分の宿命を最大限
プラスに受け止め 進化を目指せば、その人独自の光を発するように
なるのです。

花から滝のように光が放出しているでしょう?その光は茎の色(持って
生まれた目的・役割)と同じ色です。
人は素の自分を受け入れていけば、必ず自分だけの光を発するよう
になるのです。
この世のひとりひとりが少しずつ違う色を発し、その光は真っ直ぐ伸びて
いく。その過程で様々な光と溶け合い、独自の色合いを出していくのです。

全ての光が伸びていけば、やがては先で全ての光が溶け合います。
それは源の光の色と同じものなのです。ひとりひとりが真理に基づいて
輝けば、やがてこの地球の空間自体が源となるのです。
この“源になる”とは、次元上昇ということでもあります。

次元上昇のために何か特別のことを始める必要はありません。
急に瞑想を行ったり、読んだことの無い本を読んだり、マスターのような
カオをした人に付いて行かなくても結構。
いま一度、ひとりひとりが足元を見て、生まれた環境を見て、その中で
出来ることをしていくのです。

近くにいる人と協力する、今まで目をつぶっていたことに目を向ける。
近くにいる人の声に耳を傾ける・・・ ごく当たり前のことをしてください。
環境(生まれた環境、家族関係など)を100%活かしきれば、必ず光
が見えてきます。進化のために高いお金も払う必要はありません。
日常の中に進化の種は散りばめられているのですから。》

「花と花の間は何を表しているのですか?」

《色んな次元ですよ。あなた方が3次元と思っているところは、実は
色んな次元が重なっています。それを表しています。

もうひとつ、花から発する光の中に金が混じっていますね?それは本当
に宿命を受け入れて、それを100%活かし切って発する光には、その人
なりの神のエネルギーが共に湧き出でるということです。
自分の中の神の部分が出てくるということです。

自分の中の神を解き放つために、人は様々な苦しい環境に生まれてくる
のですね。だから生まれた環境を嘆かないこと。それは祝福の第一歩
なのですから。そして天命に気付いたら素直に受け入れることです。
あなた方は常に天命と共にあるのですから、今日からでも自分の内に
目を向けてください。あなた独自の色が見えてくるはずですから。》
________________________________________________

無理に自分を奮い立たせることはないのかな、と思います。
力抜いて、自然と起こることを受け入れて、自分の気持ちがスッと入る
選択をするのが良いんじゃないかな?

今の仕事やめて派遣でもっと働こうかと思っていたら、急遽人が辞めて
しまいました。
急に人が減ると大変だし、放ったらかして辞めるのも忍びなく、もう少し
今のままで様子見ることにします。
今の仕事は休みが多いから、その時間を有効に使って自分の天命の光を
探そうと思います。

                      
コメント (2)

賜物

2005-04-27 23:38:07 | Weblog
ひさびさの更新です。先週末からトレンドマイクロのソフト障害で
PCが起動しなくなっていましたが、やっとこさ直りました。

最近絵は描いてないし、何か載せるもの無いかな?と思いながら
前に描いたものを見ていたら、この絵に目が止まったので
載せることにします。
昨日から以前掲載の“光”の赤い光が頭に浮かぶのですが、これは少し
後に描いたものなので“光”と関連しているのかもしれません。


私自身も身の振り方を迫られているので、このメッセージはある意味
はまりました。

                         
                            17/1/29 受信 

    ☆          ☆          ☆


※ 神界からもらった祝福。恵比寿様の鯛(めで鯛)が仲介になっている。

「この絵の意味を教えてください。」

《恵比寿様の遣いのめで鯛!です。昨日はご苦労様^^ 
私と繋がっているという印にたくさんの めで鯛 をそちらに送ったの、
分かってもらえたようで嬉しいです♪》

「あの鯛焼きは尻尾まであんこが入っていておいしかったですよ!」

《あれは恵比寿様からのプレゼントですよ。あの“めで鯛焼き”は恵比寿様
の鯛です。おいしいと同時に食べることで祝福をエネルギーに換えました。

さて説明しますね。これはあなたが神界から授かったものです。
あなたは神とスピリチュアルの次元(金と紫)を土台として存在する
まだ子どもの双葉です。これは以前の絵に出ましたが、前のと違っている
のは、神のパワーを身に付けているということ。葉っぱの中心に金色が
見えるのは、たとえ“子ども”であっても神の土台から神の力をいただいた
神のミニチュアであるということです。

その双葉は少し上まで伸びました。次のステップを意識したところで神の
意思が反映されてきました。これは現在進行形の現象です。
双葉の上の小さな双葉が次のステップの意識。そしてその意識の反映で
神と行動の力が動いています。猿田彦殿のパワーと同じものです。
神の意思を行動に移す。神の代理たろうとする行動を心がけ模索する。
それは赤と金のエネルギーです。
その2つをバランスよく取り入れ進化することにより、神から祝福されて
いる。

極楽鳥の羽が見えますね。これは神が祝福を物質化する象徴です。
これは恵比寿様の鯛である私も持っている羽ですよ。羽の上にあなた
への賜物が載っています。そしてこの羽はあなたの両手でもあります。
手のひらにたくさんの賜物を戴いているところです。

宝珠がありますね。この珠は前に描いたときは2つの側面がありました。
カルマの浄化のための珠でもありましたが、意識によって宝珠となり
つつあります。珠が宝珠たることを選んだからです。
この宝珠と源のエネルギーが現象化したもの(=七色の花)が賜り物です。
源のエネルギーによって、自分の進む道を現象化するのです。

宝珠は前の絵のようにエネルギーを受け取ってはいません。それは今から
それぞれが自発的にやることだからです。
意識の在りようによって、どれだけでも光を吸収できるのです。
まだこの珠の半分の意味はわからないですね。だから、光もまだ受け取って
いないし、賜物の周りの色も塗れていません。
これは悪い意味ではなく、これから先をどのようにでもできるということ、
選ぶ自由を象徴します。

種の割れ目からほとばしる光。これは前回出た天使のエネルギーと
同じものです。要で強く行動に出なさい ということ。色目や色の濃さが
一緒ですね。これは高次元が命令しているのではなく、勇気を持って
進みなさいということです。決断は向かうべき方向へ向かっています。
勇気を持ってそのまま進んでください。信じる限り悪い方向へ進むこと
はありません。》

「ありがとうございました。」

_______________________________

この絵はいろんな絵の部分が集まって出来ています。
説明は参考までに、自由にご覧ください♪                  
                               
                
コメント (2)

蓮華のケーキ

2005-04-20 18:47:27 | Weblog
蓮華のケーキを作ってみました♪
と言っても食材に蓮華を使ったのではなく、飾りつけに使っただけ
なんですけどね。

本当は今日は予定があったんです
レイキのマスターコースの練習のため、一緒のペースで受けてる
Tさんと会う予定で、わざわざ休みを取って楽しみにしていたのに
今朝、大きな余震が来たんです・・・
震度5強!
てっきり、また新たな地震かと思いました・・・

それで地下鉄もJRも止まってしまい交通手段が無く、泣く泣く予定
中止するしかありませんでした。
バスは動いていたけど、高速道路も通行止めだから大渋滞だった
ろうし・・

丸一日暇になって、普通なら絵を描いたりチャネったりするんだけど、
一昨日ちょっと強いものを受信して「?」だったので、中和するために
暫くチャネリングはお休みにしたのです。
他に探せばすることはいっぱいあるけど、大きな揺れの後で気力的
にも果て気味で、ちょっとイライラしていました。

「余震さえなければ今頃は・・・」と思いかけて、「あ、世の中偶然は
ないんだから、起こることは素直に受け入れるんだった」と思い直し、
気を鎮めてみたら、冷蔵庫に生クリームがあるのを思い出したんです。
ケーキは見てても楽しいし、食べてもおいしいし、華やかだから
作ってるときにも癒されそう・・・ってことで、午後からケーキ作って
自分を癒しました。

ケーキのデコレーションが楽しいんですけど、急遽作ることにしたから
とかなくて、悩んだ挙句、田んぼから蓮華摘んできて飾ったら、
案外かわいくできました^^
帰宅した母親がケーキ見て、「今日何かの記念日?」と意外そうな顔
でしたが・・・
敢えて言えば、余震記念日?としか言いようがない・・・

そんなこんなで作った余震記念ケーキです。今から皆で食べます
コメント (4)

陪審員制度導入の意義

2005-04-18 14:44:03 | Weblog
今朝の会話で、絵なしのチャネリング、相手は宇宙人?
名無しさんです。
愛をオセロの駒の黒い面、白い面に例えています。
 
                      17/4/18 受信

     ☆          ☆          ☆


 ◆ 陪審員制度導入の意義

「あと4年で日本にも陪審員制度が導入されるそうですが、7割の人が
裁判に関わりたくないといっているそうです。しかし、300人に1人の割合で
陪審員になるらしいのです。私も陪審員なんかしたくありませんよ。
刑量も皆で決めるそうで、とても大変みたいです。」

《今は変化のときですから日本もどんどん変わってきています。もともと
霊的真理から言えば、裁き、裁かれるなどという視点はない。加害者になる
ことも被害者になることも自ら選んでいるのですから。

そして、なぜそういう苦しいことを自ら選ぶかといえば、それは一重に愛を
学ぶためです。
あなたも昨日考えていた通り、愛は白と黒の表裏一体。白い面から愛を
学ぶか、黒い面から愛を学ぶか。白から選べば被害者(被害者サイド)という
立場になり、黒から選べば加害者(加害者サイド)という立場になります。

白は、愛・優しさ ・いたわり・慈しみ・可愛がる・・・また、それを失った
ことによる悲しみ・失望 などが属します。
どちらかというと受身的な情緒ですね。

黒は、憎しみ・恨み・怒り・暴力・・・またそういう心理を抱くことへの
悲しみ、自分の侵した罪への後悔など、どちらかといえば攻撃的な情緒です。》

  
      (白)                     (黒)

・優しさ・いたわり・慈しみ        ・怒り・嫉み・恨み・憎しみ
・愛情 ・可愛がる ・いとおしむ     ・暴力 

    ↑                             ↑                                  
  (共 通 )                            (共 通 )
    |____・悲しみ・心配・失望・後悔 _____|
             
          (攻撃性のないネガティブ感情)


《白い面から愛を学んでも、黒い面から入っても、行き着く心理というのは
悲しみ・心配・失望・後悔 など攻撃性のないネガティブ感情です。  
白い面から学んでいる者は愛する対象を失って悲しむ、失望する・・・
心配・後悔もそうです。

黒い面から学んでいる者は、自分の侵した罪を後悔し、悲しみ、失望します。

このどれもが全て愛から派生するものであり、その人の歪みによって純粋な
愛が歪めて認識されている(変換されている)だけなのです。
愛を映し出す媒体が歪んでいれば、愛は暴力にも、憎しみにも変わります。
だから人を殺す。でもそれも愛なのです。

さて、話が逸れましたが、陪審員制度とは、これらの愛を深く一般の人にも
考えさせるきっかけです。
今までは見えない奥深くで、専門家たちが人を裁いていました。一般の人々
はそのため、真の意味で人の犯した罪を見ようとはしない。
新聞の三面記事を、人の噂を聞くように読むだけでした。

しかし、自分たちで罪を裁くとなればどうでしょう?当然、興味本位で事件
の背景を聞いてるだけではダメです。
その人が犯した罪の背景、想い、その家族の心理、被害者の心理・・等々
諸々のことを見なくてはならない。そして、もし自分がその立場だったら?
家族が被害に遭っていたら?そういうことを本気で考え始めるでしょう。
こうなって初めて、他人のことを我が事として、そこから学び始めるのです。

皆ひとつにしてめいめいが分離し、3次元に降りてさまざまな体験をして
いますが、それは一度にたくさんのことを学ぶために一人ひとりが違う人生
を生きているのです。だから他人の人生も自分の学び。やっとそのことが
思い出されるのです。

陪審員をする者の中には他人の人生から学ぶ、という以前に、自分の凍結
していたトラウマがあぶり出されてくる者もいます。忘れたフリをしていた
課題を引っ張り出され、イヤでも向き合わねばならなくなる。そうやって人
はどんどんまくし立てられるのです。
もう時間が無いのですから、この変化は必要にして起こっている変化。
アメリカでは陪審員制度は導入されていますが、刑量は専門家が決めるの
ですが、日本は刑量も陪審員が決める。
これは、陪審員になるための土台ができていない日本人にはとても重い仕事
ですが「刑量まで自分たちで」ということになると、取り組む姿勢が変わって
きます。

真に我が事として事件を取り扱うようになる。事件の中にはさまざまな感情
が渦巻いています。憎しみ、羨み、慈しみ、悲しみ、優しさ・・・そのひとつ
ひとつに真に触れることになるのです。
ですから、この必要にして起こっている変化を受け入れてください。
全ては学びなのですから。

人々は裁きの場に携わりながら、行く行くは「人は人を裁けない」ということに
気付くのです(気付くでしょう)。一歩一歩真理に近づいていく過程は厳しい
ものですが、頑張ってください。》

「ありがとうございました。」

                        
コメント

浄化・宝珠

2005-04-17 00:12:19 | Weblog
雷神社(3/30付掲載)から戴いた(らしい)珠です。
描きながら取ったことを箇条書き?にしています。リーディング
に近いかもしれません。

「次元上昇」に出てきた“人類の意識の帯”がこの絵にも表れている
ところが注目ポイント?です。

先に掲載の「自覚」の剥がれかけてる黒い布も裏地が金であることに
昨日気付きました!
これも“人類の意識の帯”だったようです~
6年前に描いたものの意味が今頃分かるなんて・・・この世界、
途方もないですね・・・

言うまでもなく、描くときはこんなこと考えながら描いたりしません・・・


※ この絵はアポロン(ギリシア神)の「チューニング」とも内容が繋がって
 います。

ややこしいので、斜め読みでどうぞ^^;

                          17/1/7 受信


   ☆          ☆          ☆



・ 全体の意味

2つの珠は同じもので、次元が変われば働きも変わることを示す。

※ 「右」に意味があるようです。宝珠は右側に位置し、右側から
 右回りの回転のエネルギーを吸収しています。(右回りのエネルギー
 ってこれを書いてる今気付きました) 
 でも「右」が意味するところは分かりません・・・

左が奉納したカルマの珠。右はカルマを浄化した後の“器”に
“仕事”をするための祝福(=源の光)が満ちているところ。
この2つの作業は同時に行われている。浄化が済んで充電ということ
ではないようです。
ひとつの珠はいくつもの次元にまたがって存在する為、一番3次元に
近いレベルではカルマの浄化として、高い次元(神界と繋がるレベル)
では祝福を授かるものとして機能する。

2つの珠を分けている黒と金の三角形は1本のエネルギー帯が
ねじれている様を表わす。エネルギー帯の表は黒、裏は金。
黒は全てを包み隠す(=無意識の中に葬り去る)の意で、3次元人の
意識の象徴。
金は神の意識(=人の根に繋がっている本体)。
この2つの意識は表裏一体(=意識と無意識)で、今は ねじれ、
黒の意識(表層意識?)が表面に出て人々を支配しているので
上に黒のねじれが出ている。

このねじれにより次元(意識)が分断されているが、ねじれが解消さ
れれば黒が手前、金が向こう側を向き(その逆も可)、それに伴って
珠も手前と後ろに移動し、重なる(ひとつになる)ということです。

(ねじれがなくなれば黒は消えると思いますが、イメージでは
黒の次元(珠)と金の次元(珠)が重なり、ひとつになる感覚です。)

それぞれの次元は陰陽に分かれている。高次元の着色のタッチが
細かいのは高次元の細かい軽い波動の表れ。
左の次元(珠)は逆で荒くなっている。

絵を4つのスペースに分けると、


  陰  陽
       となり、以前描いた“螺旋”と同じ構造のようです。
  陽  陰    
     
      ・     ・     ・     ・     ・  

<螺旋>

そして“交互”という概念も重要です。絵で言えば動脈のすぐ内側は
赤い光、静脈のすぐ内側は青い光。源の螺旋の色とも対応しています
ね。

上半分は右が赤、左が青。下半分は左が赤、右が青。この色使いも
交互でしょう?青の下が赤。赤の下が青。互いに特徴の反対のもの
が対になっているのです。引き合うといっても良い。この概念は溢れて
います。
光と闇、生と死、子供と大人、男と女、昼と夜、陰と陽、善と悪・・・。
これは、片方が分からないと本当にはもう片方も理解できない、という
ことでもあります。

肉体の中にきちんと収まって魂の仕事をすること、魂のある場所は
陰陽のバランス(交互のバランス)が取れていること、これらをこの絵
は語っています。源の光を積極的に受け取ろうとする魂は、自然と交互
のバランスが取れてきます。この絵はグラウンディングと宇宙の法則を
伝えています。

      ・     ・     ・     ・     ・


・ それぞれの珠について
 
 左の珠


雷神社から頂いたもの。底の真っ黒はカルマが凝り固まって、珠の中で
カルマ自体が身動きできない様。(一族全てのカルマです)

底から神の浄化の力(金の泡)が出て黒い塊を揺さぶっている。これに
よってカルマは動きを持つようになっている(=赤黒い層)

※ 体質改善で漢方薬を飲んで、好転反応で一瞬症状が悪化したように
  なることがありますが、そんな感じです。

赤黒(=怒り・マイナス)のカルマは上に行くにしたがって神の泡で浄化
され、癒される(=紫)。癒しの力は炎となって珠の上まで伸びていますが
これがアポロン殿の描いた“チューニング”の唐草紋様の炎と同一の
ようです。炎は中心が神の光で外側は霊的光です。
浄化によって霊的に目覚め、その目覚めの光を外に向かって発信する
のだそうです。
左ページは霊的段階で止まりますが、それは人が霊的進化を目指して
いるからです。(←アポロン殿の話とおなじ)

3次元は波動が重いため周りの陰陽のタッチは荒く、黒い意識
(=包み隠す・マイナス)も多少混じっています。これを“チューニング”
していくのが“仕事”です。


 右の珠


神の光と源の光で満ち溢れている、祝福。「右」がキーワードらしい
ですが分かりません(^▽^;
珠は源の光を吸い込みますが、この光の入り口は「9」がキーワード
らしいです。
【3×3で9じゃ】と伝わりますが、意味不明・・・

☆ この入り口の図形は頭ひねりました。同じ形が2つ重なって、
結果 面が「9」になる図形です。3と3を足して
(重ねて)9にしたいようでしたが描けませんでした。これは◇型を縦横
に組んで、頂点と角を結んでかろうじて9面?になっています。
二等辺三角形が8面(それぞれ色を分けて塗っている)。真ん中の白い
八角形1面で、計9面です。

二等辺三角形が源の光と同じ色目なのは、光を受け取って増幅するから
です。真ん中の八角形の中がどうなっているのか分からなかったので、
色塗ってません(汗) 何かすごい意味があるのかもしれません?

黒金のエネルギーも色々描いて考えました。
“次元を2つに分割する線”とイメージが来て、それは複雑にねじれて
いるような感じで、定規で1本線引いて描いちゃいけないようで・・・

前回の絵は次元を2ページで表わしましたが、今回のはそれはダメ
みたいでした。
今回の絵では次元は表裏一体で、絵を描くスペースが私自身の意識
の層でもあるからです。  
          
                   
      
コメント

次元上昇

2005-04-16 22:15:49 | Weblog
紫陽花をスケッチしすぎて疲れた後、せっかくだから落書きでもしようと
力抜き抜き描いてたら出来上がりました^^


                      17/4/15 受信 

  ☆          ☆          ☆

《これはこの前の絵の続きです。描いているうちに分かってきたでしょう?
フォトンエネルギーを上手く取り入れた人類(人間と3次元)がどうなるか
を示したものです。

例によって人は花で表されています。
フォトンエネルギーで遺伝子を開いた人類は開花します。見て御覧なさい。
蓮の花のように開いているでしょう?花びらも濃くなっている。
高くなったチャクラ及び、オーラのエネルギーを表しているのです。

フォトンエネルギーで全開になった人類は、さらに意識を進化させよう
と思い始めます。いま人間は意識が濁り、全てを忘れているため、全て
を思い出そうという発想が浮かびませんが、ひとたび目覚めると一心に
魂の進化を望むようになります。》

花から色とりどりの雄しべ(雌しべ)が上に伸びているのは、更なる
次元上昇を望む、という意味です。
目覚めた人類は霊的心理によって進むようになる。花から出ている紫の光
がそれを表します。そしてそのまま進めば神の意識の達します。
これが、続く金の光ですよ。

では、フォトンエネルギーを取り入れるには何が必要か?愛の視点に立つ
ことです。花の首のところにピンク色の光が集中していますが、これが愛
の視点です。人が失敗しても揚げ足取らず温かい目で見守る、そういう
視点です。
そういう謙虚な前向きの姿勢でいればフォトンエネルギーを取り入れる
ことができる、という意味でピンク色なのです。

その下に黒いリボンのねじれたようなのがありますが、前に出てきましたね?

☆ 以前描いた「浄化・宝珠」に出てきました。

黒は目覚めていない人間の意識。あなたが以前描いた絵(自覚)
に出てきた黒い布でもあります。

人間の意識は表裏一体。意識は曇っていると同時に目覚めてもいるのです。
どちらの意識にフォーカスするかなのですよ。
人間の意識は今ねじれ、黒い面が表に出ています。しかしフォトンエネルギー
の浄化作用によって金の意識が前面に出てきます。
金のエネルギー(源のエネルギー)は目覚めた人類を優しく包み込み
更なる進化を促します。人々に“愛による働きかけをせよ”と促します。

金の光が七色になり、最後にピンク色になり、花の首とつながっていますね。
これは宇宙の法則である“循環”です。
愛の自覚とフォトンエネルギーによって開花する。開花すれば意識のねじれが
修正され、人々は自らが源のエネルギーを出すようになる。それはめぐり
巡って、また人に愛の行動を起こさせる原動力となる・・・まさに循環。
人類は際限なくこの過程を繰り返し、着実に次元上昇していきます。

今の意識から目覚めて到達できる最高次元は32次元までです。
32次元以上は私もよく伝えられないし、たとえ伝えようとあなたに32次元
以上のエネルギーを送ったところで、あなたは訳すことができないでしょう。
バイブレーションが高すぎて受信できないのです。

☆ この存在も32次元以上のエネルギーなど伝えられないようです

32次元以上の次元も存在しますが、実在(様相)が分からないため
花と光の向こう(外側)は白(余白)のままなのです。
余白=不明 という意味ですね。

この絵は全て光です。花びらもオーラ・チャクラエネルギーを表して
いますし、黒はネガティブエネルギーを表しています。
色も今までのより一段と濃くなっていますね。
もう待ったなしでフォトンエネルギーの影響が出てきて、人のエネルギー
もその影響を受けますよ、ということです。》

「分かりました。ありがとうございました。」
_________________________________________________________

次元の話は先に掲載の「フォトンエネルギー」の中の遺伝子の話と
繋がっているようです。参考までに、17/4/11受信分、載せますね。


  ☆            ☆            ☆
 

遺伝子の話し思い出して、紙に、
                  
                    ★
2 → 4 → 8 → 16 → 32 → 64 → 128

と書いてたら、32 としきりに浮かぶので★を付けてみたら
繋がりました?

 
《あなた方の認識できる最高次元は32次元まででしょう。無論
次元はその先も続きますが、今の人類にはその存在を感じるのは
無理ですね。

高度に進化した者たちは次元を行き来しますが、自分のバイブレー
ションより上の次元に行くことは困難です。その器ではないため
バイブレーション的に耐えられないのです。

ただ、移動しやすいポイントの次元というのがあります。上に書いた
次元ですね(メモ書き)
これらの次元は直接、裏道のようなもので繋がっています。
ブラックホールみたいな感じですよ。
そのほかの次元は順次超えていかねばなりませんが・・・

☆ その他の次元は瞬時に飛び越えるにしても、次元を順番に
  またいでいる。上に書いた次元どうしなら、直接行き来できる。

________________________________________

32次元の話、チャネった自分でも分かっていませんので、話半分
読み流してくださいね。
 
                    
コメント