ねこの目

読書記録

舞妓さんちのまかないさん 8

2018-12-13 23:33:17 | 日記
舞妓さんちのまかないさん 8

小山愛子

「をどり」のシーズンも終わりに近づき…
ここは京都のど真ん中にある花街。舞妓さんたちが共同生活を営んでいるのは「屋形」と呼ばれるおうちです。
青森からやってきたキヨは舞妓さんを目指していたけれど、今は屋形のまかないさん。舞妓さんたちの毎日の食事を作っています。一方、キヨの幼なじみのすみれ(すーちゃん)は、仕込みさんという下積み期間を経て、晴れて舞妓「百はな」となりました。
舞妓さんたちが一年で一番忙しいとされる「をどり」も佳境。京都の観光シーズンも重なり、そわそわ、落ち着かない舞妓さんたちにキヨちゃんが作ってあげるごはんは…?
華やかな花街の舞台裏、普通の日のごはんを通して、温かな人間模様が描かれるお台所物語。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
« 海街diary 9 行ってくる | トップ | 鬼哭の童女 1  異聞大江山鬼... »