ねこの目

読書記録

カウンセラー

2016-10-19 22:52:10 | 日記
カウンセラー

松岡圭介

臨床心理士・嵯峨敏也はある小学校の女性教諭に注目する。彼女は独自の音楽療法を用いて不登校の児童たちを立ち直らせ、文部科学省からも教育者として高い評価を受けていた。が、彼女の一家を襲った惨劇が、彼女の人生を大きく変えてしまった。凶悪な犯行に及びながらも決して罰せられることがない犯罪少年に、彼女は激しく憎悪を燃やす。やがて復讐の一線を越えたとき、彼女のなかに冷酷な“もうひとりの自分”が宿り始めた…。「催眠」の本格的サイコミステリーに立ちかえりつつ、より一層のリアリズムに満ちた精神医学と臨床心理学の世界を背景に、嵯峨の知識と能力の限りを尽くした活躍を描く新機軸スリラー最高傑作。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 後催眠 | トップ | 水鏡推理 »