Dara Dara Diary

見たドラマ(放映中・旧作)の感想中心です。ネタバレありです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

のだめカンタービレ第9話

2006年12月15日 | 旧ドラマ・映画
<のだめカンタービレ第9話>

う~~ん、またちょっとのだめの微妙にイヤな面(?)が見えてしまったかも
ハリセンに教わる立場なのに、やたらと態度大きいし…^^;;
でも…一種の防衛本能とも取れるかな。
子供の頃にそういう先生にイヤな目に遭わされているから、大人しくしているとやられる!とばかりに自己主張も強くなるのかも。
(自分も身に覚えがない経験…とは言えない

それと…ハリセンがのだめをコンクールに出させたい、というのも、本人のためを思ってなのか、それとも自分が優秀な生徒を教えたいから…なのかどうか良く分からない。
のだめとしてもまだ、「この人100%信じちゃって良いのかな?」って疑い1/3・飛び込んでみようって気持ち1/3&「千秋先輩と一緒にいられるためなら苦手なことでもガマンする!」って気持ち1/3なのかも。

その点、千秋のメールからは、のだめを心から思う気持ちが伝わってきたな。
千秋は絶対のだめを甘やかさず、甘い態度についてはビシッと指摘はするけれど、大事に思われているな~というのが文面からもビシビシ分かるし
(全ての人間関係こう行けば良いのだけど…)
個人的に千秋みたいな人が近くにいたら、恐らく近づかないようにする(!)ぐらいなんだけど、ここのところの、のだめに対する愛情には感じ入った(?)な。

最後に出てきた男の子は…千秋とは正反対の人?(笑)
子供の頃、いじめられた…とかなのかしら。
あの人に会ったとたん、演奏がガタガタになっちゃったみたいだし…。

余談ですが、千秋の飛行機恐怖症克服の場面。
自分が始めて飛行機に乗った時のことを思い出してしまいました。
初飛行機なのに12時間という長丁場、その上「機材故障のため、出発が遅れます」というアナウンスを聞いた時には、それこそ白目をむきたいぐらい心臓バクバクしました。
あれは…恥ずかしかった
一緒にいたのが(同じ学校の人だけど)その後ほとんど付き合いのない人たちだったから、却って良かったんだけどね。
(今も付き合いが続いてる人なら、未来永劫ネタにされてたこと間違いなし!!)

コメント (9)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
« 嫌われ松子の一生 第9話 | トップ | 僕の歩く道 第10話 »

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
あれれ? (タカナシ美羽)
2006-12-15 22:50:25
マンガではそれほど感じなかったけれど…やっぱり実写って難しいねぇ。
おっとビビビ!? (snowkie)
2006-12-16 03:28:47
っと来た感じですね。
防衛本能とは!それ、いい感じです♪

ハリセンは、単にのだめの才能に惹かれた、でいいのではないでしょうかね。
のだめの方は賛同します。

さて、やはり過去に問題があった訳ですね。。。
あの頭(髪)が縦に伸びた男とはどんな関係なんでしょ?
一緒にピアノのレッスンを受けていたみたいですけど、あのビシビシとしていたのは誰?のだめの父親?
のだめを始め吹っ飛ばされるギャグ?が、まさかのトラウマに繋がっているとは!
誓約書にあった「殴らない」ってのも、ギャグだけではなかったのですね。。。

これも「ウォーカーズ」の後、すぐめに見たのですが面白い!って言うのと、ちょっと・・・って言うのとが入り混じった感じでした。
白目フィーバーはおかしかったのですけどね!
で、asamiさんも、まさかの白目あっ手前でしたか(笑)
う~確かにネタとしてしつこく言われ続けること間違いなしって感じですが、もっと時間が経てば逆にオイシイかも??って本人はそうは思えないか・・・
>タカナシさん (asami)
2006-12-18 12:52:08
遅くなりました☆

原作第6巻まで読みましたが…おっしゃるとおり少々印象が違いますね。
なんというか、原作ではもっとのだめにシビア…な感じがする。
(作者に「主人公でしょ!」と突っ込みたくなるぐらい 笑)
第9話対応部分も、きっとそうなのだろうなと思っています。

週末は「恋しちゃってルンルン♪」の曲、予習として(?)聴きました。今日の話の展開が楽しみです♪
>snowkieさん (asami)
2006-12-18 13:01:42
ついに過去のトラウマ、出ましたね。
あの「ゆうとくん」は、多分のだめの昔のピアノ仲間でしょう。
あの人に譜読みがちゃんとできないことをバカにされて…(とかそれに近いことをされて)あたりがトラウマかと思っているのですが、どうでしょう?

ちなみに原作では、ハリセンから逃げ回るのだめを見た千秋が、「俺もハリセンと同じようなこと(殴るとか 笑)してるのに、どうして俺には平気でハリセンはダメなんだろう?」と考えるシーンがありました。
(明確な答えは出ず…「俺のことは好きだから?」とか自意識過剰千秋 ^^;;という展開)

飛行機での千秋の姿が、昔の自分の姿に重なりました(笑)

「だいじょうぶ?顔色真っ青だよ」

とか、周りの人に言われたりして。

いやいや…ホントに親しい友人は誰も知らなくて良かったーー。
原作・・ (snowkie)
2006-12-19 01:33:21
は、そんなことが描かれているのですね。
なんだかドラマが次々と最終回を迎えていて、もうラストなのかと思っている今日この頃。。。
この、のだめの終着点はどんな感じになるのでしょうか。。。
原作は続いているわけだから、続編も視野に入れているのでしょうかね。
1月にはアニメの方が始まるということですけど。

リアル飛行機・・は結構マジだったんですね(^_^;;
顔色を指摘されるとは!
トラウマ (月澤黎)
2006-12-19 16:23:39
ビシビシしてたのは、昔ピアノを習っていた花桜先生ですよ。コミックス9巻で、のだめの父が語ってマス。
小さい頃から才能を認められていたんだけど、スパルタの厳しい先生の指導に嫌気をさして、1時期ピアノをやめてたこともあったそうです。

そのときの花桜ピアノ教室で一緒だったのが、瀬川悠人ですよ。のだめにライバル意識があるみたいですね。多分小さい頃は、のだめのほうがピアノが上手かったようです。
>snowkieさん (asami)
2006-12-19 16:51:10
はい…リアルです…
旅行先で知らずにロープウェイに乗せられた時と同じくらい怖かった!
(高所恐怖症ですが、幸い飛行機は乗ってみたら意外と大丈夫で、現在まで恐怖症には至っていません…。)

続編…あるとしたら今の連載が全て終わってからなのかな?
でもそうするとかなり時が経ってしまう…いつになるのだろう。
アニメは確か深夜枠でしたね。
絵はキレイそうなのだけど、実写のイメージを壊したくない+深夜 ということで見ずじまいになってしまうかな?
>月澤黎さん (asami)
2006-12-19 16:55:01
はじめまして!
ご訪問ありがとうございます。

あの先生の苗字が「花桜」!
うーーん、イメージ違いすぎる(笑)
原作は放映分以上読まないようなるべく遅め遅めに読んでいるので、まだその部分は読んでいなかったのです…。

悠人くん、第10話では、ずいぶんとのだめに嫌なことを言っていましたが、昔からのライバルであるが故ですね…。
あの先生に悠人くんと比べて怒られた、とか悠人くん自身に「そんなハチャメチャじゃダメだね」とかバカにされた…というようなトラウマを想像してましたが、そこまでのことはなかったのかな?
原作楽しみに読みます!

ブログにもちらっとお邪魔させていただいたのですが、娘さんもピアノ習われているんですね~
将来はのだめかな?
はじめまして! (snowkie)
2006-12-22 03:12:26
ビシビシしてたというのは、私が書いたものへでしたか!?
でしたら解説ありがとうございます。

10話を見たら、出てきました!
花桜先生。
トラウマの詳しいところまでは、描かれなかったですけど。
最終回には描かれるでしょうかね?
瀬川悠人との関係も、まだまだって感じがしますし。
どうなるのか最終回。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

旧ドラマ・映画」カテゴリの最新記事

2 トラックバック

小出恵介クンの似顔絵。「のだめカンタービレ」第9話 (「ボブ吉」デビューへの道。)
伊藤淳史クンの弟出たーーーーー!?(笑) のだめ(上野樹里)の幼馴染み・せがわゆうと役、髪型は違えど(笑)、 どこかで見た顔だなと思ったら、伊藤隆大クンではないですか。 「電車男」の後半、中学生のネット住人役でも出演されてましたが、 ご本人、現在 ...
「のだめカンタービレ」9 ☆☆☆☆ (ドラマでポン!)
 千秋にカニを貢がせる女(笑)過去のトラウマも姿を見せながらも、才能の片鱗を見せ始めたのだめちゃんであります! 幼少時代、あーんな小さな子が、あーんな技巧的な曲(だよね?)弾いてるのも凄いけど、そーんな前にやった曲を譜面無しですらすら弾くって、 ...