K家的マイホームへの道

契約直後から完成までのプライベートな記録。完成後は庭いじりや雑感などを記していきます

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

涼しくなってきたので

2018-10-15 23:47:11 | 雑感
またちょいちょい登り始めました。

若い頃好きだった夏が年々苦手になってきて、暑い時期はほぼ何もせずに引きこもり。
そーいえば、雪降ってる時期が一番山登ってたなぁ去年も。

山アプリで知った「本巣七名山」巡り。七山制覇すると貰える「粗品」が記念Tシャツという予想外の豪華さで、
珍しく必死こいて登っております、先日、4座目を終えたので記録がてら。

7座の内、お手軽に登れるのが3座、ガッツリ登山または技術的に難易度が高いと言われてるのが4座。
今回はその中でも難易度が高い方のお山「雷倉」に行ってきました。標高は1168mとそれ程高い訳でもないけど
登り3時間半、下りも同程度の時間を要した、なかなかガッツリなお山でした。

山仲間さんと8時に根尾の道の駅で待ち合わせ、登山口へ。
8時18分、登山開始。最初は平行移動で導水路沿いに歩きます。その後、轟音のする堰堤へ出て鉄の橋を渡り
本格的な山道へ。ここもヒル山だと事前情報から分かっていたので、今回は登山ソックスの上にソックスタイプの
ストッキングを履き、更にハッカ水を噴霧して奴らの攻撃に備えます。


手すりが壊れてる鉄の橋。躯体は大丈夫そう。ここに出るまでの下りが滑って怖かったー

いきなり急登で、これが休みなく続くかと思うとちょっと(*´Д`)な感じでしたが、立ち止まると奴らに取り付かれそうなので
休憩なしのノンストップで進みます。これがまた、なだらかなところが殆どなく、いつ休憩できるんじゃという雰囲気。
ようやくヒルの気配が消えた辺りで立ち止まり、足元のヒルチェックをしてみると、いるわいるわ3匹もゲイターの外側に
くっついていました(T_T) 塩で退治してから更にハッカ水を噴霧し、再び歩きます。めちゃくちゃな急登ではないものの、
ずっとそこそこの斜度でアキレス腱が伸びる伸びーる。半分ほど来ると今度は石灰岩の岩場が続き、辛うじてロープの
お世話にはならなかったものの、ずっと心の中で「登るのはいいけどさ、帰りが大変そうなやつだよコレ…」と憂鬱になっていました。


岩場の始まり。ガレも多くて、落石や浮石に神経遣った(^^;

岩場を終えてからは廃道になった林道跡を辿り、ちょっとした平坦地へ。昔は林業か何かでここまで車で来ていたのかも
しれませんが、今となっては草ボーボーの空き地。もの悲しさが漂います。ここでようやく本日最初の眺望を得られる。


平坦地から望む雷倉と、そこへ連なる稜線。この稜線は樹に覆われて、残念ながら歩いていても景色は良くない

ここから最後の急登を経て、先ほど見た稜線へ至ります。ゼーゼーしながら登る!!
ようやく稜線に出ると、そこからはほぼ平行移動でちゃっちゃっと歩けます。麓の駐車場で先行者の車2台があったけど
ここに来るまでにソロの男性2人とすれ違ったため、この先は誰もいない。下りは最後尾になるので気をつけなくちゃ
(とは言ってもソロじゃないので、かなり気は楽ですが💦)
ほどなくしく唐突に山頂到着。苦労して来た割に眺望抜群をいう訳でもなく、ご褒美が少ない(T_T)
山名板と一緒の写真を撮り合いっこしてから昼食。


山名板。フォントが素敵✨ そして、まあまあ青空♪ 能郷白山・白山を望むことができたよ

昼食後、恐る恐るゲイターを外してヒルチェック(ホントは着いてすぐやらなかんけど、食事前に流血現場目撃したら
テンションダダ下がりのため、敢えて食後を選択w)。そしたら何と無傷!! 山仲間さんのゲイター内側には3匹
入り込んでいたものの、彼も同じくストッキングを着用(ソックスタイプを登山靴下の上から着用ですよ念のため)していたからか、
それ以上入り込めずにウロウロしていた模様。速攻、塩でお引き取り頂きましたw
そして私はハッカ水の効果なのかゲイターにも一切取り付いておらずクリーンそのもの。「ヒルに打ち勝ったどー」と
勝利宣言した瞬間でした。めっちゃテンションが上がります。狭い山頂でしたが、他に誰もいなかったためゆっくり休憩してから下山開始。


岩場の下りはフィックスロープがあるとこはサクサク(^^♪ でもすごい急な斜度なのが写真では伝わらない

通常、下山は登りより時間が掛からないものですが、このお山は下りでズル滑りになりそうなので非常に神経を遣い、
結局登りの3時間半とさほど変わらないタイムで登山口まで戻ってきました。正直、しんどかったー。
大した山に登ってないのもありますが、しんどさでは今年一番!! 時間も計画よりオーバー。なかなか、ないよ。


轟音の鉄の橋まで戻ってきました。こっち側から見ると、堰堤迫力あるなー

これでやっと4座終了。残りは3座(ラスボスが1座、中くらいが1座、軽めが1座)。
帰ってから既に筋肉痛が始まってたけど、翌日からの痛みがハンパなく、階段の登り下りはまさにロボット状態。
あとで同行者さんから教えてもらったのだけど、お風呂に浸かった際によくもみほぐしておくと、大分痛みが軽減
されるんですって。実際、試してみたら効果てきめんでしたよ。

2日後は会社が休みなのもあり、筋肉痛の体をいじめるためにご近所の金華山へ。
普通に往復するとあっという間に終わってしまうので、8の字周回してみました。山アプリでGPSの軌跡を取れるので
なるべく大きいキレイな八の字になるよう意識して回ってみましたw

岐阜公園スタート~馬の背登山道↑~山頂1回目~東坂Hコース↓~妙見峠~大参道トラバース~鼻高Hコース↑~山頂2回目
~七曲り↓~岐阜公園、というルートです。これでも2時間半ほどで終了。トレーニングになったんやろか。


眼下の岐阜の街並みと長良川

さあ、次はまた近々登る予定の本巣七名山記録をアップする予定です。お天気良いといいな♪


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« やはり恐るべし岐阜モーニング | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

雑感」カテゴリの最新記事