K家的マイホームへの道

契約直後から完成までのプライベートな記録。完成後は庭いじりや雑感などを記していきます

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

いい加減にしろ台風!!

2018-10-04 23:34:49 | 雑感
ホント週末になると台風やら何やらで天気のよろしくないパターンが続いてますね。
台風もさ、偏西風やら太平洋高気圧やら理屈では分かるんだけども、やっぱあの急ターンで
我が日本に突撃してくるのが腑に落ちない。何かの陰謀かよ👊

今週末は本巣七名山の残りをやっつけるべく、一座を予定していましたが、台風25号のせいで
予定がおじゃんになりそうです。ガッカリです!!

そんな中、先日は3座目となる大白木山(おじろぎやま)に山仲間さんと息子で登ってきたので
そのことを少し記録。

9月の祝日、主人は仕事で不在。同じく本巣七名山を狙っている山仲間さんと当初2人の予定でしたが
学校休みの息子をほかっておくと勉強もせずにダラダラしそうなんで、強制連行w

登山口は淡墨桜で有名な根尾から更に奥に行き、これまたそこそこ有名なNEOキャンピングパークを越して
しばらく走った先にあります。朝8時に到着するように出発したところ、途中でどうも猿が集会を開いて
いたようで、車道脇の広場に【多分】50頭くらいがいらっしゃいました。野生でこれだけの数は珍しいので
写真撮りたかったけど、何しろ大群で囲まれて愛車にキズでも付けられたら嫌なんで、涙を飲んで通過。
その後も車道近くのあちこちでチラホラ姿を目にしました。不思議なことに登山道では一切遭わないし気配も0。
多分人里の食料を狙ってるからなんでしょうね。そんな山深い集落でも何軒かは人家があったので。


大白木山登山口。意外と交通量のある林道?に面してた

8時46分、登山開始。他にも誰かいるかと思ってたけど、さすがマニアックな山。先行者のクルマもなく、私たち以外いない模様。
序盤から倒木がすごいのなんのって。こないだの誕生山の比じゃない。跨いだりくぐったり迂回したり。
荒れまくりでした。恐るべし台風21号。 



早速倒木のお出迎え。これは跨げるからいい方

道自体は急登あり、緩斜面ありでめちゃくちゃエライ訳ではないけど、やっぱ怠けてた体には少々キツイ。
そんなに気温が高かった訳ではないけど、汗が噴き出る。こりゃ真夏は絶対無理やな。
あと、ヒルを警戒して色々対策を講じていたんだけど、結果私と山仲間さんは1か所ずつやられた(>_<)
無傷なのは息子だけでした。ゲイターを塩漬けにしたり、エアサロ噴霧したりしたんだけどなー。


山頂へ続く尾根。こんな大木もポキリ。ここは東南に面してたから、台風の風モロにくらったんやろな

大白木山へは一旦手前でピークに到達したあと結構下って(T_T)その後登り返しました。モッタイナイわい。
そうこうする内に反射板がペアで向かい合ってる山頂に11時2分、到着~。


山名板。すごいやろ(私が自慢することでもないが)

そう、このお山は標高が1234.5m、12345のお山なのです♪ 比較的近くに「貝月山」という標高1234mのお山がありまして
そちらはネタで数年前に登ってきたんですが、この山は更に一桁多い仕様となっておりますw 
その筋には以前から結構知られた山らしいんですが、私はこの七名山巡りで初めて知りました。
山頂は北~東しか開けてなかったので眺望抜群とはいかなかったけれど、まあまあ楽しかった♪
山頂でいつものカレーメシを食べて一時間半ほどノンビリしてから下山。帰りは時間が読めるので3人で動かせそうな
倒木は脇によけたりしながら歩きました。あと、下りの急登がスライディングしそうで超怖かった!! でも珍しく
一度も滑らずに下山できました。まーゆっくり下りたのが大きいかな。よく、ベテランの方なんかはザザーっと滑るように
半分走って下りていかれるけど、私にはよーできん。度胸もないし膝やられるし(;´Д`)


大分戻ってきた。登山口が近くなってくると少し安心

14時16分、無事に登山口へ到着。当初はもう少し早く登り下りできると踏んで他の山とダブルヘッダーを目論んでいたけど
止めて正解でした(^^; やっぱ無理はいかんですね。

さてさて、残り4座。天気とにらめっこして雪が降り始める前に片付けたいところです。
このペースだとチト怪しくなってきたか💦

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« スキマ登山行ってきました | トップ | やはり恐るべし岐阜モーニング »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

雑感」カテゴリの最新記事