K家的マイホームへの道

契約直後から完成までのプライベートな記録。完成後は庭いじりや雑感などを記していきます

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

3~4月まとめ

2018-04-13 21:24:47 | 雑感
ちょいご無沙汰でした。
年度末は世間全般でも忙しいと思いますが、ご多分に漏れず我が家もバタバタしておりまして。

まず、2月末にPCのスイッチが陥没して使えなくなるという事態が発生。
子ども会やら自治会やらで書類を作っている最中だったため修理にも出せず、常時電源入れっぱなし
という力業で必要最低限しかPCに触らず。
やっと総会が終わりお役御免になったため、さあ修理に出したら、電機屋の保証期限内なのにスイッチ陥没は
有償と言われ、「ま、でも仕方ないわな」と了解して修理に出したのに、今度は「メーカーにパーツがないから直せません」
と来た。確かに外資系メーカーですよ、〇atewayですからね。でも買ってまだ4年。部品供給終了にはチト早くないかい? 
買った電機屋の5年保証だってまだ残ってるのに…。国産メーカーを買わないとこーゆー目に遭うんやなと勉強になりますた。
ムキー(-_-)/~~~
内部は特に問題なくスイッチのみの問題なので買い替えも勿体ないということで、器用なPがスイッチ周辺を外して、
いま現在は爪楊枝を使って小さい突起を押すと電源オンオフができるため、騙し騙し使っていくこととなりました。とほほ…。

PC新調できないのには理由がありまして、


↑コッソリ買っちゃいました

我が家の生活形態で2台体制はゼイタクだとは重々承知の上で、普段のCの通勤や買い物などの足として増車しました。
愛するクロちゃんはスバルがこの3月で生産終了してしまい、今後クロちゃんを新車で入手するのは不可能となりました。
とーっても気に入っている今のクロちゃんを10年乗るために近距離でクルマの走行距離を無駄に増やさないための苦肉の策です。
とは言うものの、足なら何でもいいんかいと言うとそうはイカの塩辛(古っ)。無駄にクルマにこだわりがあるため、
維持費安い軽しか選択肢がないと言っても、そうそうつまんないクルマには乗りたくないのであります。
ホントはMTがいいし、昔のビートをフルレストアしたやつなんか最高なんですが、初期費用&維持費がかかって
しょうがないので足としては脱落(つか、高くて買えねーし)。で、次の候補が以前より興味のあった三菱アイ。
メーカー的には色々とお騒がせな印象ですが、アイは今現在では唯一興味のある三菱車。生産はとうに中止になってるので中古しか
選択肢がないけど、元々ウチは足グルマで新車を買える訳ないのでノープロブレム。おまけに希代の名車だと思うのに、昨今の
ハイト系ブームのあおりを食らって、不人気車枠でお安く買えるのも魅力的♡
そんなこんなで軽なのにMR(RR?)でしかも4人乗れるというアイが我が家へやって来たのです。見た目もハムスターみたいで
可愛いし♪ 名前は安直にもハム太郎で決定。Pは弄れるオモチャが来たと喜んで毎日ネットでパーツを物色中w

そのちょっと前には子どもが小学校を無事卒業し


とうとう私は背抜かれてしまった。子どもは170センチ近い。Pも今同じ位の背なので、抜かれるのは時間の問題か

卒業式の翌日には子どもがボーイスカウト行事で50キロ歩き、


土曜深夜から翌日曜夕方近くまでかけて50キロ。本人は疲れたと言ってたが、結構余裕があるように見えた。成長したな‼

春休みは基本Pと私は仕事、子どもはお留守番&春期講習。ウチらの時代と違い、中学入る前から春期講習に行かないといけない
義務教育なんて、変だとは思うが。

で、唯一3人の休みが合った4月の平日に家族で久しぶりに登山。早朝にPが自治会の用事があったため、それが終わるのを
待って出発。早出できんかったため、下山はロープウェイという段取りで御在所岳へ。


中道登山口。裏道と武平ルートしか経験ないため、ワクワク♪


鈴鹿独特の掘割。ザレザレで歩きにくい
 

小休止。子どもは久しぶりの登山で嬉しそう♪


中道は途中ロープウェイの下を通ります 

 
中道名物・奇岩その1 おばれ岩             背負ってみた

    

奇岩その2 地蔵岩 落ちそで落ちない


つまんでみた


Pは花粉症でチト不機嫌


身軽な子ども。ガンガン行きまっせ‼ 待ってもらってばっかりだった


お楽しみのキレット♪


富士見台にとうちゃこ

 
山頂周辺で雪発見。喜ぶ子ども              山頂でお約束の写真

今回御在所岳を登ることにしたのは、2つ理由があって
⓵山上レストランのアゼリアが5月で閉店するため、その前に名物カレーうどんを食す
⓶山バッジを集めている子どものために国見岳のバッジをゲット(御在所岳のバッジは既にゲット済)

なので、アゼリアに向かう。


途中、ザゼンソウ発見。すごい変わったビジュアルだよね


念願のカレーうどん。えび天カレーうどんを頼んだが、子どもが頼んだ普通のカレーうどんは豚の角煮が載ってた(@_@)

カレーうどんを美味しく頂いたあと、国見岳のバッジがあるかを確認しに隣の建物へ。
すると…ない‼ 一昨年は確かにあったプラ製のバッジが置いてありませんでした(T_T)
お店の人に確認するも、やはりないとのこと。これで一気に国見岳へ行くテンションがダダ下がりになり
「…もう下りよっか」と下山決定。上りが順調だったため、この時点で時刻は14時過ぎ。裏道から下りる選択肢も
あったけど、子どもがロープウェイを楽しみにしていたので、ま、春休みのレジャーということでたまにはいっか♪
御在所岳では初のロープウェイ利用となりました。


東洋一(だったかな?)の鉄塔。白くてキレイ✨ そしてデカい‼


ロープウェイから見るキレット。あそこ歩いてきたんだよね。人が小さく見える


大好きな鎌ヶ岳。ピラミダルな山はやっぱ格好いい

大満足であっという間に下山。帰りはいつものアクアイグニスで汗を流してから帰宅しました。
テーマパークなどの人工的なレジャー施設よりも、自然の中に身を置く方が断然楽しいね☆


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 

時系列が前後しますが、3月中旬にはソロで藤原岳へ。これで2回目の藤原岳ですが、今回のお目当ては福寿草&山バッジ。
以前はなかった山バッジを1年前に作ったという情報をゲットし、有名な福寿草見物も兼ねて突撃。


序盤


二合目


途中、見かけた小動物。リスかと思ったけど、その割に胴体が長くイタチ系な体形。でも尻尾からするとやっぱリスか


八合目直下でようやく雪が現れた!


残雪らしくグサグサで薄汚れた雪w 結構滑って歩きにくい

前日も山頂までノーアイゼンで行ってる人が多数との情報でしたが、踏み固められた雪面は滑りやすく、チキンな私は
速攻でチェーンスパイク装着。安心感が違う。でも雪がないところが交互に現れるので、脱着がメンドくさい。


しばらくこんな感じ


福寿草発見!! チラホラでしたが可憐な花でした


藤原山荘

平日にも関わらず、福寿草のためか人がかなり沢山。とりあえずここから山頂を目指す。


山頂。春にしてはまあまあな眺望


意外にも風があまりなくていいお天気なので、このまま山頂でランチすることに決定♪


本日のメニュー。九州ラーメン赤龍辛子みそ味。出来上がりに九条ネギと海苔をトッピングして頂きました


山頂周辺は風に飛ばされるためか雪がほとんどない。そーいえば霊仙も同じような感じやったな


山頂中腹は雪が残っていたため、持参のヒップそりで滑ってみた

ヒップそり、めっさ楽しいがソロで楽しむとなると40代も後半のおばちゃんが一人でヒャッホーしながら滑るのは
絵的にはツラいだろうね。でも、楽しさには勝てず(#^.^#)


またまた福寿草


九合目。いなべの街を眼下に

この後、八合目で出会った女性と意気投合し、登山口まで一緒に下山。
ソロで山に登れる女性は貴重なので、お互い連絡先を交換して、機会があったらご一緒する約束をして解散。
彼女は3人子どもがいてしかもフルで働いていて、マラソン大会にも出ちゃうスゴイ人。年下だけどリスペクトします✨
そして、解散後の登山口Pではハコスカ所有の登山者さんと出会い、しばしクルマ談義。
ソロだけど、色んな出会いがあって楽しかった♪


帰りに念願の山バッジをゲット。何と御池岳のバッジもあったので、人に頼まれてる分も含めて6つお買い上げ


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


そして、今週平日の空き時間に行った池田山では、藤原岳で意気投合した女性とまさかの再会!!
午前中の野暮用を片付けて、トレーニングのつもりで登り、いつものパラ離陸場へ向かう途中ですれ違ったのが彼女。
藤原岳下山後連絡は取っていたものの、最近はお互い春休みや子どもの入学式などで忙しく、勿論ノーアポ。
縁があるっつーか気が合うっつーか。彼女はそれでもそれ程ビックリしておらず、「もしかして会うかなーと思った」と。
山ってホントに狭いというか面白いな~と思った次第。
今夏は日にちが合えば一緒に白山に行く約束をしました。行けるといいなぁ♪
山友がいない訳ではないんだけど、「一人では怖くて行けないっ」っていう人とはあまり気が合わないようなので
こういう自立した登山ができる山友が増えるのは大歓迎です。
これからもよろしゅうに。

ではまた。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 雪の霊仙山 | トップ | 各務原アルプス縦走 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

雑感」カテゴリの最新記事