K家的マイホームへの道

契約直後から完成までのプライベートな記録。完成後は庭いじりや雑感などを記していきます

ご無沙汰しております

2018-01-27 23:15:19 | 雑感
あっという間に年が明け、もう2月になろうとしておりますが…。
本年もよろしくお願いいたします。

昨年末は例の如く仕事で息つく間もなく過ぎ去り、やっと新年を迎えてからは
…なんか色々と祟られております。

まず、元旦は実家に滞在している時に、誤って自分のメガネを踏んでフレームを
へし折り(全損)、5日は自宅でおせち料理のなますを作ろうと大根をスライサーで
おろしていたら、自分の人差し指まで一緒におろしてしまい、表皮・真皮・中の肉までの
断面を観察できる状態に。いやー、半日出血が止まらなかったわ( ノД`)
そして、11日には出勤途中に赤信号で停止していたら、後ろからまさかのカマ掘り。
結構な「ドンッ」っていう衝撃。「マジかよ~⤵」とクルマから降りて確認すると
リアハッチとバンパーが凹んでた。ちょうど1年たったばかりでまだ気分的には新車なのに(T_T)
今日現在、まだ代車です。今月いっぱいは戻ってこないらしい。事故後2日経ってからは
むち打ちっぽい症状も出てきて、整形外科で時々牽引と電気治療をしてもらってるけど、まだ痛い
時があるんだよね。時間ぐすりな部分もあるとは思うけど…。

毎年、神社でご祈祷してもらってるんだけど、どういうこっちゃねん!!

(…いやね、事故以外は自分の不注意なんですけどね…)

これ以上は色々食らわないように、注意深く生活していく所存です。

さて、新年2日は地元の幼なじみと猿投山に登ってきました。
小学生の頃に一度登ったような記憶はあるものの、山登りを始めてからは一度も登ったことが
ないお山。幼なじみは何回か登ってる山なので、彼女に案内してもらってお気軽登山。
しかし、年明けの寒波襲来で山頂は超寒く、カップラーメンをかき込んで即撤退。
630Mに満たない山なのに時折雪交じりの強風が吹くコンディション。まっ、でも久しぶりの
お山で楽しかったです。


猿投山の御船石。すげーデカい


猿投山山頂。寒過ぎ

そして、7日早朝からは子どものボーイスカウト行事で金華山のご来光登山。
朝4時頃から行動して、夜明け前に山頂まで登り、日の出を見ました。
馬の背登山道で行ったんだけど、ボーイ隊はペースが速いのなんのって。
軽ーくちぎられました。


山頂着いた時はまだ真っ暗で岐阜市の夜景が拝めた。金華橋と忠節橋


ご来光直前。結構人たくさんだった

そして16日は雪の池田山へ。年始に登った山仲間さんは雪いっぱいだったらしいけど
その後かなり融けちゃったらしく、思ってたほどは雪がなかった。
雪の池田山は初という山仲間さんを案内がてらでゆっくり登り、いつものパラ離陸場まで。


東屋直下からようやく白くなってきた。行きは軽アイゼン使わず


東屋。この辺り、所々地面が露出してた。ちょっと残念


パラ離陸場。風もほとんどなく、暖かった。高曇りで遠方の眺望は望めず


ランチはいつものカップヌードルとオニギリ。食後にチョコがけバームクーヘン(^O^)


新雪ではないけど、まっさらな場所でお約束のダイブ

去年、新雪ダイブして気付いたんだけど、単独でコレやると人型を崩さずに起き上がるのが
大変。今回は友人に引っ張って起こしてもらったので、結構キレイに完成♪
基本ソロ好きな私ですが、ここ2か月ほど耳鳴りに悩まされてあんまり体調が万全でないので
当分念のためにソロを自粛しています。12月に各務原アルプス行ったけど、それも友人に
同行してもらいました。山行中にぶっ倒れたらシャレにならないので(^^;

しかし、今年は各務原アルプス全縦走を一発ぶちかましたいと目論んでいるので
そろそろトレーニングを始めないといかんのよね。ボチボチ頑張りますか!!

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 今年も航空祭行ってきました | トップ | 雪の霊仙山 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

雑感」カテゴリの最新記事