マンガのように暮らしたい

~出来ればマンガみたいに面白くらしたいっつー希望をこめて~

2017年3月29日深夜の夢

2017-03-30 07:59:46 | 夢の記録(夢日記)
上司の家にいる。

何かを取ってくれと言われ
押入を開ける。

間口一間の襖が全開できるようになっている。からの

あまり物は入っていない。

押入の奥の漆喰の白い壁が
黒や灰色のまだら模様で汚れている。

「雀が入り込んでるんだ。
 布団にはさまれて死んでたりする」
と上司は言った。

いったん襖を閉めた。

しばらくして
また物を取ってくれと頼まれ
押入を開ける。

さっきまだら模様になっていた奥の壁が
今度は羽ばたく無数の雀の柄になっている。

よく見るとそれは
押しつぶされた本物の雀だった。

フワフワとした羽毛が残っていて
いくらかの厚みもある。

まるで雀柄の綺麗な絨毯のようだ。


以上です。押入の夢。
前もそんなん見たっけな。

ひさびさ不思議な感じの夢でしたが
現実の上司が出てくるっつう
ある意味仕事っぽい。

息抜きせねば。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017年3月28日深夜の夢 | トップ | 2017年3月30日深夜の夢 »

コメントを投稿

夢の記録(夢日記)」カテゴリの最新記事