易占い 実占日記

独学で身に着けた易占いを使って、ブログを訪れて下さった方の運勢を占ってみることにします。

本日の易占い サカリのついた発情期の動物のような肉欲の塊のような心の状態になってしまう。周りに人がだれもいなければ、その性衝動に逆らえず、道を踏み外してしまう。凶

2019年06月17日 | 易 ご訪問者の運勢
■ご訪問者の本日の運勢■
※「このブログを訪れてくださった方の本日の運勢やいかに」という問いかけで易占しています。
★易占いで出た啓示を架空のストーリーにて例えさせていただく場合があります。

サカリのついた発情期の動物のような肉欲の塊のような心の状態になってしまう。周りに人がだれもいなければ、その性衝動に逆らえず、道を踏み外してしまう。凶

といった意味合いの占い結果でした。

男女ともに、妻帯者、独身者問わず、異性と二人だけになってしまうような密室的な空間状況の中に身を置くと、後々、面倒なことになる(望まない、望まれない妊娠など)性的な間違いをおかしてしまいやすいですよ、といった啓示のようです。

私が調査会社で働いていた時の、営業部の後輩(男性)に聞いた話です。

その後輩が大学生の時に、東京都内のある、大繁盛していた寿司屋で、アルバイトをしていたそうなのですが、

ある時、その後輩が体調が悪くなってしまい、そのことを、寿司屋の主人(男性)に話したところ

「それは良くない。すぐに、体を休ませなさい!」

と、空いていた座敷へ連れて行ってくれ、「この部屋でゆっくり休みなさい。仕事のことは気にしなくていいから」とやさしい温かいまなざしで言ってくれたそうです。

なんていい人なんだろう! と感激しつつ、畳の上に、寝転がって、休んでいたところ、少したち、閉まっていた障子がすーっと開いたため、驚いて、その後輩が身を起こし、顔を上げると、そこには、やさしい寿司屋の主人が充血した目をして立っていたそうです。

後輩が何か言おうとすると、その寿司店の主人が、その後輩に、向かって、飛びついてくるというのか、抱きついてきて、「初めて会った時から好きだったんだ!」とものすごい力で羽交い絞めにして、後輩のずぼんを脱がそうとしたので、

後輩は、渾身の力を振り絞って、その寿司屋の主人を跳ね飛ばし、そのままの寿司店の制服というのか寿司店名の入った着衣の恰好で、荷物も置いたまま、店を飛び出して、逃げのびた

といった体験談を教えてくれました。

私が、

「バイト代はもらったの?」

と尋ねると、

「いや、お金を取りに行ったら、何をされるかわからないので、そのまま未払いです。着替える前の私服やバッグや靴も置いたままなんですよ。このことで、ひどいトラウマなってしまって、寿司屋に入ると、寿司屋の男がみんな、その時の主人のように見えて、おどおどびくびくしてしまうんですよ。あと、スポーツ刈りというか、短い髪の男にも、無意識に警戒してしまうんです」

とのことでした。

※この後輩は、当時、付き合っている彼女がいて、会社に入社後、その彼女と結婚したのですが、もし、寿司店の主人、親方に手ごめにされて、犯されて、身体も心も汚されてしまっていたならば、彼女と結婚にまで至っていたかどうか、場合によっては、ショックにより自ら命を絶っていたかもしれないことを考えると、この寿司店の経営者の理性を失った行動は、未遂に終わったとはいえ、人一人の人生をめちゃくちゃにしたかもしれない暴挙であったといえます。

女性が、男性に襲われるのではなく、

男性が、男性に襲われ、性的暴行被害を受けそうになる

寿司店の、名も地位も財産もある、ご主人が、密室という空間のせいなのか、けだものに変貌してしまった

という後輩の性的暴行被害未遂の体験談を聞いて、

他に誰もいない密室的な空間に、異性と(後輩の場合は、同性ですが)二人きりになってしまうのは、どれほど立派な社会的地位や財産がある人であっても、魔がさしてしまうことがあるから、十分に気を付けないといけないなぁ

としみじみ思ったことを、本日の占い結果を見て、ふと思い出してしまった次第でした。







コメント   この記事についてブログを書く
« 本日の易占い 電車で座って... | トップ | 本日の易占い 間違った判断... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

易 ご訪問者の運勢」カテゴリの最新記事