易占い 実占日記

独学で身に着けた易占いを使って、ブログを訪れて下さった方の運勢を占ってみることにします。

本日の易占い その判断、決断、行動は正義であるが、とても危険である。その言動の結果、相手からどのような復讐、仕返しをされるかをよく考える

2019年04月18日 | 易 ご訪問者の運勢

※「このブログを訪れてくださった方の本日の運勢やいかに」という問いかけで易占しています。
★易占いで出た啓示を架空のストーリーにて例えさせていただく場合があります。

その判断、決断、行動は正義であるが、とても危険である。その言動の結果、相手からどのような復讐、仕返しをされるかをよく考える

いった意味合いの占い結果でした。

古代、戦いに勝った者は、負けた者の一族を残らず誅殺、根絶やしにすることがありましたが、それは、その一族からの復讐を防ぐ目的もありました。

一時、戦いで勝ったとしても相手が生きている限り、後で、仕返しをされ、自分や家族に危険が迫る可能性があります。

日本は、現在、民主主義で平和ですが、国内には、米軍基地が点在しています。

これは、日本を周辺国から守るという意味だと思いますが、

別に、日本が、過去の戦争の報復をアメリカに対して起こそうとした場合に、日本に点在する米軍が、公表されている兵器やその他非公表で配備しているかもしれない一撃必殺的な兵器により、ほとんど瞬時に日本を鎮圧、制圧するため

といった、負けた相手からの復讐、報復をされないためのシステムであるという見方もあるかもしれません。

ドラマなどで、警察などから、悪党を裁判で有罪にするため、正義のために、証人として法廷に立ってもらえないかと頼まれた人物が、

裁判に勝って、悪党が刑務所に入ったとして、後で、その本人が刑務所から出てきて復讐を試みてきたり、その一族や仲間が、恨みを晴らそうと自分をつけ狙ってきた場合、

いったいいつまで警察なり国は、自分を守ってくれますか?守り続けてくれますか?

と問いかけると、

捜査担当者の方が、黙ってしまったり、それ以上、何も言えなくなる

といった場面が見られます。

ということで、

本日の占い結果は、

正義だと思って行う言動は、事前に、相手から復讐、仕返しをされない方法を考えてから実行しないと、後で、理不尽な憂き目にあう可能性がありますよ

といった啓示のようです。






コメント (3)   この記事についてブログを書く
« 本日の易占い 節約、節制し... | トップ | 本日の易占い 暗く沈んでい... »

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2019-04-18 19:31:27
いつもありがとうございます
私のための占いでは無いのに、また昨日も今日も当たっています
復讐と思われる車の傷、犯人は、たぶん私の車の隣にいた男性です
私の車のドアが、助手席のドアに当たったと私に罵倒(車に傷はない)
私は謝罪を何度も何度もしました
男性に、もういい、どこかへ失せろ!と言われました
車に戻ると、男性は居なくなっていましたが助手席ドア1枚一面に
先の尖つた金具のようなもので引っ掻き傷が、、、
怒りより恐怖です
コメントありがとうございました (nekomata1962)
2019-04-19 00:42:52
コメント拝読させていただきました。なんだかとても難儀な状況のようで、自分の場合だったらどうするだろうか、と考えると暗澹たる気持ちになります。

あの時ああすればよかった、こうすればよかったと悔やんでも、過ぎたことはどうにもなりませんので、とりあえず、

「あの男は、いつ人を殺してもおかしくない短気で異常に切れやすい凶悪な男だった。あの時、必死に謝らなければ自分は殺されていたかもしれない。神様仏さまご先祖様、その他、何か、未知なる存在さま、お守りいただき助けてくださってどうもありがとうございました。本当にありがとうございました。あぁ、助かってよかった、本当によかったよかった」

と思えば、その時の恐怖やくやしさ、屈辱よりも、命が助かったありがたみを強く感じられるかもしれません。

※短気な、切れた人物による衝動的な殺人事件のニュースを目にすることは、昨今、決して少なくはないので。

私の場合、宗教などの団体には一切入ったり、かかわったりしたことはありませんが(※寺や神社などに参拝することはありますが、寺の檀家や神社の氏子になっているわけではありません)、

何か危機一髪的な危険やトラブルから助かったような時には、自分なりに、きっと何かわけのわからない未知なる存在が助けてくれたに違いない、と勝手に思いこんで、それらの勝ってに仮定した存在に対して、その場で目を閉じて、何度も何度も感謝の念を放つことが習慣になっています。

今後は、

隣に車が止まっていた場合、その車のナンバーをメモに控えておく、スマホで撮影しておく、デジカメで撮影しておく

ICレコーダーなどを常備、携帯していて、いざと言うときに、相手とのやり取りを録音して、後に、有利になるような証拠を取っておく

相手に気づかれずに、撮影できるのであれば、動画で、車全体や相手の顔などを撮影しておく

など、できるだけ相手に気づかれないように、後に、自分が有利になるような証拠を確保しておくことが無駄ではないような気がします。

どんなに優秀な高級な弁護士を雇っても、自分に有利な決定的な証拠がなければ、相手に、裁判には勝てません。相手に勝つには、法律知識の優劣よりも、証拠の優劣の方が物を言うように思います。

日頃から、トラブルに巻き込まれた場合に備えて、その場でできる自分に有利な証拠づくりを考えておくのも、一つの護身術と言えるかもしれません。

以前、19時頃、横浜市営地下鉄に乗っていて、横浜駅に到着したところ、座席に座りたいと熱望する乗客たちが車内になだれ込んできたことがあったのですが、

その時、20歳前半に見える女性と50歳以降に見える男性が、

「順番守れよ!」

「うるせえ、おまえこそ守れ!」

などと激しく言い合いもみ合いながら乗車し、対面の座席に分かれて座りました。

座席に着いてからも、互いに激しくののしり合い、男性が、立ち上げって、その女性の腕をつかんだりして、エスカレートしたところで、その男性の左隣にいた会社員風の男性がなだめ、とりあえず、争いは終息しました。

面倒に巻き込まれたら嫌だなぁと、ブルブルと震えていた私は、とりあえず、ホッとして、何気なく、目の前を見ると、

その男性と激しくやりあった女性は、スマホを取り出して、スマホのレンズをその喧嘩をした私の左隣の男性に向けていました。固定映像を撮影しているのか、動画を撮影していたのかはわかりませんが、その喧嘩をした男性をにらみつけ、その男性に向けて、しばらく、スマホのレンズを向けていましたので、何らかの映像を撮っていたに違いありません。

その女性が、どのような目的で、その画像もしくは動画映像を撮影したのかはわかりませんが、

後で、この女性が、この喧嘩をした男性に後をつけられて、悲劇が起きた場合には、犯人につながる証拠として、この女性が撮影した映像が生きるのかもしれないな、と、その時ふと思った記憶が、つい蘇りました(※ただ、この男性が犯行に及んだ後で、このスマホを持ち去ったらどうにもなりませんが)。

コメントどうもかりがとうございました。
Unknown (Unknown)
2019-04-20 07:35:16
ありがとうございます。

長文のお返事、嬉しいです。
あなたの言葉は私の怒りを消沈させてくれます。
アドバイスや心の持ち方、ためになります。
これからもよろしくお願いします

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

易 ご訪問者の運勢」カテゴリの最新記事