易占い 実占日記

独学で身に着けた易占いを使って、ブログを訪れて下さった方の運勢を占ってみることにします。

本日の易占い 妻が不倫をして夫以外の男性の子供を妊娠した。夫以外の男性の子供であっても、子供は妻の血を引いているので、妻の血筋は続くので吉

2019年08月16日 | 易 ご訪問者の運勢
■ご訪問者の本日の運勢■
※「このブログを訪れてくださった方の本日の運勢やいかに」という問いかけで易占しています。
★易占いで出た啓示を架空のストーリーにて例えさせていただく場合があります。

妻が不倫をして夫以外の男性の子供を妊娠した。夫以外の男性の子供であっても、子供は妻の血を引いているので、妻の血筋は続くので吉。妻が浮気をしてできた、よその男性の子供と知らずに、生まれた子が自分の子供と信じて疑わず、その子一人だけ、一人っ子だけで他に子供を作らなければ夫の血筋は絶え、絶家するので凶

といった意味合いの占い結果でした。

私の実家で飼っている猫は、ノラ猫だったのですが、飼い始めて、そろそろ20年となります。

野良猫なわけですから、その出自、出生の秘密は、まったくわかりません。

いったい親猫はどこの猫なのか、誰が捨てたのかなどなど、まったくの身元不明ですが、

今では、家族の一員として、なくてはならない存在となっています。

この実家の猫にとっての実家での階級階層ヒエラルキーの順位は、母親、父親、猫、自分となっているようで、猫は私のことを使用人と思って、侮っているふしがあります。

家で飼っている出自不明の野良上がりの猫は、正式正当な嫡男である血統者、血筋の者である私よりも、自分(猫)の方が、上位の存在だと、私を見下しています。

野良ネコの場合には、生まれた経路、身元がまったくわからなくても、仲良く暮らすことはできますが、

5代、10代、20代などと、代々続く、何かの伝統的で、名門的な家系の場合には、この正統正確な血筋の継承は、重大事なのかもしれません。

女性が代々当主を続ける、女系の特殊な一族の場合には、

どの男性の種でできた子供であっても、自分の産んだ子は、自分の血筋なので、女性の血筋が続くということで、何ら問題はない、ということになります

※韓国ドラマで見られるような、生まれた直後の産院での赤ん坊のすり替え、取り違えなどがあると、どの男性の精子であろうが関係ない、自分が生んだんだから間違いなく自分の遺伝子を継承している、などとたかをくくっていると、

産院で、赤ん坊をすり替えられたり、取り違えられたりして、他人の子供を自分の子供と信じて、そのまま継続してしまった場合には、ちょっと困ることになるかもしれません。

長期継続している、絶対に、途中で種が絶えてはならない何代、何十代、何百代と続いている家柄の場合には、産院などで、生まれた直後からの厳重な監視により、赤ん坊の取り換え、すり替えが起きないような用心が必要かもしれません。

※2018年4月6日付けで、ある大学系医院のホームページには、「新生児取り違え事案についてのお知らせ」として、週刊誌で報道された、同医院で約50年前に生まれた子供が、遺伝子検査により、この医院で、取り違えられていたことが判明した(本当の親ではない赤の他人の子供として育てられた)という出来事が事実である、と認め、またその経緯について記載されています。

偶然なことに、私もこのJR御茶ノ水駅や神田明神から歩いて行ける大学病院で生まれて、年齢も50代であったため、正確な情報を知るまでは、両親が、「もしかしたら、お前が、取り違えられたもう片方の男性なんじゃないか、うちの子じゃないんじゃないか?」などと、冗談にしては、かなり、真剣に疑っていたような顔つきであったのが印象に残っています

ということで、本日の占い結果は、後から気が付いたのでは、取り返しがつかないような重大事については、それが本当かどうか正確かどうかを、早めに、確認しておいた方がいいですよ

といったメッセージのようです。

※私が高校時代、友人が、ある大手スーパーの精肉売り場でアルバイトをしていたことがありました。そして、その友人から、バイト先では、営業時間が終わると、賞味期限の切れたパック肉に貼られたシールをはがして、新しい賞味期限を印刷したシールに貼り換える作業をしている、と教えてもらったことがありました。「えぇっ! そんな誰もが知っている大手のスーパーで、そんなことが行われているのか?」と驚くとともに、以後、学歴が高いから、とか、有名人だから、とか、金持ちだからとか、家柄がいいから、とか、大企業だから、などといった物差しで、その真贋を盲目的に判断したり信じたりするのは危ないな、と思うようになってしまいました。



コメント