易占い 実占日記

独学で身に着けた易占いを使って、ブログを訪れて下さった方の運勢を占ってみることにします。

本日の易占い 電車で座っていたら途中駅から高齢の女性が乗り込んできた。間髪入れずに「こちらへどうぞ!」と声をかけ手招きして席を譲った。天や地、自分や人の心に善因が刻印された。吉。次の駅で、また高齢者

2019年06月16日 | 易 ご訪問者の運勢
■ご訪問者の本日の運勢■
※「このブログを訪れてくださった方の本日の運勢やいかに」という問いかけで易占しています。
★易占いで出た啓示を架空のストーリーにて例えさせていただく場合があります。

電車で座っていたら途中駅から高齢の女性が乗り込んできた。

間髪入れずに「こちらへどうぞ!」と声をかけ、手招きして席を譲った。

天や地、自分や人の心に善因が刻印された。吉。

次の駅で、また高齢者の方が乗り込んできた。

今度は杖をついた男性の方だった。

その高齢者の杖をついた男性は、座っていた30代ぐらいのスーツ姿の男性の前に立ち、つり革につかまった。

その30代ぐらいのスーツ姿の男性は、しばらくは知らんぷりをしてスマホを見ていたが、他の乗客の無言の視線、白い目の圧力に耐えかねて、

やっと、その高齢者の方に席を譲ろうと立ち上がろうとしたら、持っていたスマホを床に落としてしまった。

床に落ち、液晶画面が大破したスマホを見て、その30代ぐらいの男性は、切れたのか、

「おまえのせいで、お前が目の前に立ったせいで、スマホが壊れてしまったんだ。どうしてくれるんだ!このじじいが!」

と目の前の杖をついた高齢の男性になぐりかかった。

と、何が起きたのか、その殴りかかった男性が、180度ぐらいに回転し、脳天から、床にたたきつけられた。

殴りかかられた高齢の男性を見ると、太極拳のようなポーズを取っていた。

何か螺旋状の強烈なエネルギーを右手の平から若い男性に打ち込んだようだった。

床にたきつけられた男性は、絶命してしまった。

後の警察の取り調べでは、他の乗客の証言もあり、この若い男性を死なせてしまった高齢の男性は、正当防衛ということになり、まったくの無罪となった

といったような意味合いの占い結果でした。

本日は、心の中を空にして、自然に、流れるように、倫理的に、善人のように行動すれば吉ですよ、といった啓示のようです。




コメント