易占い 実占日記

独学で身に着けた易占いを使って、ブログを訪れて下さった方の運勢を占ってみることにします。

当たっていたらあげるよと言われたジャンボ宝くじ1等3億円 134番違いでした

2018年05月14日 | ジャンボ宝くじ
母親から、当たっていたらあげるから、当選番号を見てくれない

と言われて、母親が買って持っていた

ドリームジャンボ宝くじ 第743回のくじを10枚預かりました。

どうせ当たりっこないと思って、調べてみたところ、

何と、1等3億円の当選番号と134番違いのくじがありました。

まったく当たるわけがないと思っていたにもかかわらず、

このような結果を見てしまうと、何とも言えない気持ちになってしまいました。

一人10枚ずつ買ったとして、私の母親の買った後、約13番目ちょっとに宝くじを買った人は

1等の3億円に当選したことになります。

134番違いでも、くやしいというか、なんともいえない気持ちになってしまうわけですから、

1番違いとか10番違いとかで、外れた人の精神状態を考えると

その悔しさ、やりきれなさは、いかばかりであろうと

その無念の思いに共感してしまいます。

ジャンボ宝くじなど、当たるわけがない、と思って、自分で買うことはなかったのですが、

今回、母親の買ったジャンボ宝くじが、あと134番ずれていたら、

1等3億円に当選していた

という現実を見て、

本当に、当たる人がいるんだな

と驚いた次第でした。








コメント