易占い 実占日記

独学で身に着けた易占いを使って、ブログを訪れて下さった方の運勢を占ってみることにします。

本日の易占い 自分の考えを持たず、人があれがいいと言えば手を出し、これがいいと言えば、手を出してしまう。今は、自分の周囲に自分を洗脳暗示にかける悪人がいないので大した害はない

2019年07月18日 | 易 ご訪問者の運勢
■ご訪問者の本日の運勢■
※「このブログを訪れてくださった方の本日の運勢やいかに」という問いかけで易占しています。
★易占いで出た啓示を架空のストーリーにて例えさせていただく場合があります。

自分の考えを持たず、人があれがいいと言えば手を出し、これがいいと言えば、手を出してしまう。今は、自分の周囲に自分を洗脳暗示にかける悪人がいないので大した害はない

といった意味合いの占い結果でした。


□雑記

昨日、歩道を歩いていると、50メートルほど前方に、パトカーが停車していて、歩道の右端の何と言いますか、低い石垣に腰かけている人を、制服警察官の方が、両側から挟み込む形で、何やら話しかけている様子が見えました。

駅へ向かうには、このまま直進しなければならないのですが、制服警察官が、どのような人物に対して、職務質問なのか、なんなのかを問いただしているのかが不明で、

このまま進んで、ちょうど警察官の方がいるあたりで、その質問をされている人物が

刃物などを取り出して大暴れして、警官の方を刺したり、たままた通りかかった私のことも、ついでに刺したり

警察官の拳銃を奪って、警官の方に発砲したり、たまたま通りかかった私のことも、ついでに撃ったりする可能性

がゼロではないため、

このまま進むか退くかについて瞬時に判断を下しました。

それは

引き返して、遠回りをして迂回して駅に向かうのは、面倒で疲れるし、時間も余計にかかるので、

このまま前進しよう、という決断でした。

さらに緊急事態が起きた場合の対応策として

もしその職務質問されている人物が、刃物を取り出し、警官の方を刺した後で、私にも襲い掛かってきたら、肩から下げているショルダーバッグを盾にして、とりあえず一撃目を防ぐとともに、身体を近づけて、その人物の膝関節を蹴り折って追っかけてこれないようにして、脱兎のごとく、走って逃げる

その職質されている人物が、警官から拳銃を奪って、警官2人に発砲し、なおかつ、通りすがりの私に銃口を向けてきたら、これは至近距離での回避はとても困難ですが、とりあえず、イチカバチカ、身体を半身にして、弾の当たる面積を狭くすると同時に、急速にしゃがみ込み、中国拳法でいうところの後掃腿で、相手の両足を薙ぎ払って地面に倒れさせ、相手が地面にたたきつけられてしばらく動けなくなっているすきに、脱兎のごとく、走って逃げ去る

といった脳内模擬動作も行いました。

おっかなびっくりしながら、一人の人物を二人の警察官が両側から挟み込むようにして質疑しているところへ差し掛かり、ひやひやしながら横目で、その質疑されている人物を見ると

それは、乱れた白髪の70代から80代と思われる高齢の女性で、中に何かがたくさん入っているショッピングカートとこれまた中に何かが詰まっているビニール袋を脇に置いていました。

そして、警察官の方たちの話している言葉もちらほら聞こえました。

「どこから来たの?」
「お名前は?」
「どうしたの?」

それに対して、その高齢の女性は、何も答えられずに、もごもごしているようでした。

あぁ、これは認知症で、徘徊されている方なのだな・・・

という気がしました。

私の現住所の団地近辺でも、けっこうな頻度で、お年寄りが行方不明になっているようで、その都度、その認知症のお年寄りを見かけたら、警察や役所へ連絡してください!と、その行方のわからなくなっているお年寄りの年恰好などの具体的な情報を拡声器で繰り返しアナウンスしています。

私の母親も80歳を過ぎていて、まだ認知症にはなっていませんが、とても身につまされました。

ということで、

懸念したような凶暴な人物ではなく、また凶行に巻き込まれることもありませんでしたが、

今思うと、結果オーライではあるけれども、やはり、あの時、面倒で手間がかかって、時間も余計かかっても、迂回して、この現場横を通るべきではなかったな

面倒だ、という感情に従うかどうかが、助かるか助からないかを決めるのかもしれないなぁ

易をたしなむものとしては、いけない判断行動であったな

と深く反省した次第でした。




コメント

本日の易占い 寄らば大樹の陰。大樹の下にたどり着き、和気あいあいと飲み食いを楽しんでいる。吉

2019年07月16日 | 易 ご訪問者の運勢
■ご訪問者の本日の運勢■
※「このブログを訪れてくださった方の本日の運勢やいかに」という問いかけで易占しています。
★易占いで出た啓示を架空のストーリーにて例えさせていただく場合があります。

寄らば大樹の陰。大樹の下にたどり着き、和気あいあいと飲み食いを楽しんでいる。吉

といった意味合いの占い結果でした。

□雑記

インターネットで姓名判断という占いを目にして、

ふと、同姓同名の人物は、まったく同じか、もしくは類似の傾向の運命をたどるのだろうか・・・

と疑問に感じたため、

自分の姓名をインターネットで検索してみたところ、

東京で、まったくの同姓同名の別人の方が一人出てきました(東京以外全国では、同姓同名者が、3人ほどいました※調べればもっといるかもしれません)。

その方の住所と電話番号まで、そのホームページには出ていたのですが、その住所に、見覚えがあったため、地図で調べてみたところ

以前、ブログでも記載させていただいた、幽霊が出ることを承知で借りて、後に変死してしまった友人が住んでいたマンションから徒歩7分ほどの場所に、この私と同姓同名の方が住んでいる(現在も住んでいるかどうかはわかりません)ことがわかりました。

これまで56年生きてきて、私と同じ姓の方に遭ったことは、親戚身内以外は、一度もありませんので、私の姓は、それほど普及してはいないと思われます。

※以前、プロフィール蘭に記載させていただいていた名前「白幡ケン」の白幡は、私の母親の母親のそのまた母親の結婚前の旧姓で、元仙台藩士だった先祖の姓で、現在の私の姓ではありません。

同姓同名の方がいるのは、珍しくないとして、

その自分と同姓同名の別人が、友人が変死を遂げた幽霊マンションから徒歩数分の場所に住んでいる(現在はいないかもしれません)という点が、どうにもひっかかりました。

偶然と言えば、偶然ですが、この私と同姓同名の人物は、いったいどのような方なのか・・・。同じような人生傾向にあるのだろうか・・・。

もしや、この幽霊マンションの部屋の悪影響を受けていないだろうか・・・

など、とても暗いロマンに心がかられます。

※この幽霊が出るから家賃が安かった幽霊マンションへは、友人が存命中に、幽霊が見たくて何度も行って、泊まらせてもらったこともあるのですが、一度もお目にかかることはできませんでした。

また、風呂じゃなければ、台所で殺されたのでは?という友人の助言により、台所に布団を敷いて寝たりもしたのですが、いったいどのような理由からなのか、まったく私に手出しをしてきませんでした。

※ただ変死者が出た部屋というのではなく、この友人の借りた部屋は、友人の前に借りた家族(5家族)が、一週間もたずに、異常なことがある、ということで転居を繰り返した、心霊現象がある、という折り紙付きの部屋だったため、私が心霊現象に遭遇できなかったのは、逆に、不思議でした。

熟睡している最中に、夢の中でうなされたり、金縛りにあったりすることもありませんでした。

友人が変死後、数年して、その後どうなっているか見に行ったことがあったのですが、

その時には、何と、売りに出されていました(部屋のベランダに販売中ののぼり旗が掲げられていました(※この部屋の所有者が、何らかの理由で、人に貸すのは止めて、手放すことを決断したようでした)。

呪術では、名前が大事とされています。呪う相手の名前がわからなければ、何と言いますか、術が効かないか効きにくいとされています。

名前のほかに生年月日やらなにやら本人特定のための追加情報を加えると、さらに効果が増すということがよく知られていますが、

心霊的なたたりというのか、害も、その霊域を犯した人にバチを与えるというのか、ひどい目に遭わせる際には、名前に対して行っているのかもしれない、

私が、この変死した友人が住んでいた幽霊マンションへ、面白半分に何度行っても異変を味わえなかったのは、

このマンションの近くに、まったく私と同じ漢字の同姓同名の人物がいたおかげ、

この同姓同名の人物に、祟りというのか、心霊的な害が飛んでいったのでは

それで、自分は、難を逃れられたのでは

といった仮説に魅入られてしまった次第でした。



コメント (2)

本日の易占い 頑固な油汚れ用洗剤の催事販売を始めた。同業者は、同じ商品を「どんな汚れも面白いように、めちゃくちゃきれいに落ちますよ!」と宣伝し大勢集客し大金を売り上げていた。私は、同商品を

2019年07月12日 | 易 ご訪問者の運勢
■ご訪問者の本日の運勢■
※「このブログを訪れてくださった方の本日の運勢やいかに」という問いかけで易占しています。
★易占いで出た啓示を架空のストーリーにて例えさせていただく場合があります。

頑固な油汚れ用洗剤の催事販売を始めた。

同業者は、同じ商品を「どんな汚れも面白いように、めちゃくちゃきれいに落ちますよ!」と宣伝し大勢集客し大金を売り上げていた。

私は、同商品を「落ちる汚れと落ちない汚れがありますよ。使い方によってはまったく落ちない場合もあります」と正直に話していたせいか、催事ブースの店頭には、さっぱり客が集まらなかった。

お客がまったく来ないまま、夕方になり、そして販売終了間際、一人の80歳ぐらいの女性がブースの前の店頭に立ち止まった。私の口上を待っているようなので、そのお客さんのために、商品説明を最初から始めた。

すると、その80歳過ぎに見える女性のお客さんが「その商品を買いたいんだけれど・・・」と口にした。

朝から販売を初めて、その日初めての購入者だ。

私は、念のため、「お客さん、先ほども言いましたように、これは環境や手に優しい良い商品なのですが、汚れが落ちない場合もありますよ。それでも良いですか?」と馬鹿正直に伝えると、

「えぇ。私は年寄だけれども、まだ目も耳もしっかりしていて、あなたの説明はよくわかりましたよ」と女性が言った。

私は、「そうですか、それは大変失礼いたしました。では、1本税別で860円になります」と女性に伝えると、女性は、

「それじゃ、お友達にプレゼントしたいので、1000本下さい。送料分と足して、合計いくらになりますか。お金は全額今払いますので、この住所へ送ってもらえますか?」

と、肩からぶら下げていたボロボロのショルダーバッグから分厚い札束の入った封筒を出しながら言った。



といった意味合いの占い結果でした。


コメント

本日の易占い 海岸の砂浜に何時間もかけて汗だくになって作り上げた巨大な砂の城が、夕方、満潮により打ち寄せる波で崩れ始め、そして、消え去った。満潮の今、また砂城を作ろうと試みるのは止めた方がいい

2019年07月11日 | 易 ご訪問者の運勢
■ご訪問者の本日の運勢■
※「このブログを訪れてくださった方の本日の運勢やいかに」という問いかけで易占しています。
★易占いで出た啓示を架空のストーリーにて例えさせていただく場合があります。

海岸の砂浜に、何時間もかけて汗だくになって作り上げた巨大な砂の城が、夕方、満潮により打ち寄せる波で崩れ始め、そして、消え去った。満潮の今、また砂城を作ろうと試みるのは止めた方がいい

といった意味合いの占い結果でした。


□雑記

通販で注文していた漫画エッセイ「霊能者ですがガンになりました」が届きました。

漫画、「強制除霊師・斎」シリーズの原作者である、霊能者の方の自らのガン闘病記(※あとがきによると、この霊能者の方は亡くなられてしまったようでした)をコミックエッセイにした内容でしたが、

読み終えた感想は、

普通、一般の方が、ガンになって、医者を頼って病院へ入院し、手術を何度も受けたり、副作用の強い薬を飲む道を選択するのは、理解できるのですが、

霊能者の方が、それも、漫画を読ませていただいた限りでは、かなり凄腕の霊能者の方が、何と言いますか、西洋医学に自らの運命を託したのが意外でした。

こういった職能の方なら、てっきり、民間療法とかスピリチュアルな療法などに、助かる道を求めるのでは、と勝手に思い込んでいました。

いずれにしろ、この霊能者の方の闘病奮闘内容と、あとがきによる、この霊能者の方が亡くなられた(助からなかった)といった結末を目にし、何とも言えない悲しみというか、陰鬱な気持ちに心が支配されてしまった次第でした。


コメント

本日の易占い 頼まれごとや飲食などの誘いは断る。誰かが家のチャイムを鳴らしても居留守を使って出ない。電話は留守電設定にして出ない。メールは見ても返信しない。災いは人との接触により発生する

2019年07月09日 | 易 ご訪問者の運勢
■ご訪問者の本日の運勢■
※「このブログを訪れてくださった方の本日の運勢やいかに」という問いかけで易占しています。
★易占いで出た啓示を架空のストーリーにて例えさせていただく場合があります。

頼まれごとや飲食などの誘いは断る。誰かが家のチャイムを鳴らしても居留守を使って出ない。電話は留守電設定にして出ない。メールは見ても返信しない。災いは人との接触により発生する

といった意味合いの占い結果でした。

心の優しい人は、人から物事を頼まれると、断ると相手の気分を害するのでは、嫌われるのでは、と、引き受けてその後でその頼み事を引き受けたことで心にストレスが発生し、時間の経過とともに、そのストレスの度合いが増していき、場合によっては、心の病にまで発展してしまう、といったケースもありようです。

人付き合いに対する人の考え方は、人それぞれで、他人が口出しする必要も権利もないのですが、

私の場合は、人から頼み事を打診され、その頼み事を断りたいと思ったときには

私がその頼み事を断ることで、

その人との付き合いがなくなったり、その人に嫌われた場合、

自分にとって、何か、問題が発生するだろうか? 困ることが発生するだろうか? 損害が発生するだろうか? 身辺に危険が及ぶだろうか?

とか

その人の頼み事を引き受けることで、自分にとってどのような問題、継続的な精神的ストレスや金銭的な損失などが発生するだろうか?

といった自問自答をすることがありますが、

これまで、気の進まない頼みごとを断って、そのせいで、頼んできた人との付き合いがなくなって、縁が切れても、困ったり、後悔したりしたことはありません。

ということで、

本日については、

良い話、儲け話は人づきあいから生まれる、人からもたらされるから、人付き合いは大切だ。人脈を増やそう、ポジティブ思考で、積極的に人の輪を広げよう

といった開放的な考え方ではなく

人付き合いにより、ろくでもない話がもたらされ、それに乗っかってひどい目にあったり、後々、重度のストレスに悩まされるような事態に発展することがあるので、

人付き合い、交友、交流には、注意した方がいいですよ

といった閉鎖的な考え方をすすめる啓示のようです。





コメント