今日も元気で頑張るニャン

出会ったノラニャンたちを幸せにしたいと微力ながら奔走する、悩めるオジンの奮闘記

変調天気と冬支度のご難

2020年11月27日 | サクラ(新顔),キジロ(黄白)
寒くなってきましたね。
と言いたいところですが、先週はとんでもない暖かさでした。
特に先週の木曜金曜、庭の温度計は最高27℃と26℃だった。(もちろん日陰での測定。)
そのせいか今週は余計に寒く感じます。

よく平年と比較されますが、平年というのは平均値だから変動の度合いはわかりません。
特に季節の変わり目は、気温がそこそこ振れながら変化していくのはわかります。
でもこんなに振れた年って、あったっけ?

「今日はわたしの出番です」(サクラ)

大変なのは外で暮らす動植物だ。
ノラたちもしかり。
彼らの冬支度はふたつあって、夏が終わって涼しくなると;
ひとつには長くて密な毛に生え変わる。
もうひとつは過食になるほど食欲が増して身体に脂肪を溜めるのです。
ノラたちが冬に丸々と太って一回り大きく見えるのはそのためだ。
そうやって冬の厳しい寒さに耐えるわけです。
冬が終わって春になれば、夏に備えてその逆の変化が起こります。

久々、明るいときにやって来た今朝のキジロ

これはもともと身体に備わった機能で、自分の意志で行うわけじゃない。
つまり彼らの食欲は、その時々の体調だけじゃなくこういった機能にも支配されているのです。
で、先週のバカ陽気で身近なノラたちにも異変が起こった。

当ブログの常連、家裏のサクラにキジロとお店のモドキです。
冬に向けて順調に爆食いモードだったキジロとモドキ。
偏食ながら一度に食べる量が復活してきたサクラ。
しかし先週の特に後半、彼らはみな一様におかしくなった。

店のモドキ:「今日はノラ同士のコラボだぞ」

サクラはやって来る回数が減った。
1日に何度も来ていたのに、先週後半は4日間で2度しか来なかった。
やって来ても食べないのがキジロとモドキ。
まず残したことのない2匹が、口もつけないで帰ることもあった。
当時はなにが起こったのかと戸惑いました。

ところが今週になってそこそこの寒さが戻ってくると、3匹とも食欲が出てきた。
とりあえずは安堵。
ただ、まだ暖かいせいか食べる量がバカ陽気前よりはだいぶ少ない。
この先一気に寒くなる予報で、果たして冬支度が間に合うのかどうか気になります。

まだ食欲が完全回復しないサクラは1日に1回か2回の来訪です

われわれ人間は衣服や暖房器具で日々の気温の変化にだって順応できる。
でもそれがない者にとって、外で暮らすことがどんなに大変なことか。
家の生活に慣れた家族同然の愛猫さんたち。
この寒さの中、外に出ちゃって路頭に迷わすなんてことは間違ってもないようにしなくちゃね。

「オレ最近、ご飯よりも家の中に興味あるんだよね」(キジロ)


コメント   この記事についてブログを書く
« わが良き友よ | トップ | おこたで家族水入らず »

コメントを投稿

サクラ(新顔),キジロ(黄白)」カテゴリの最新記事