お気楽生活

我が家の猫たちの記録です。

テストしてみるのだー

2013年07月06日 18時37分18秒 | その他
20130706-183551.jpg

携帯(iPhone)から投稿してみる。

モフモフパラダイス

2013年03月25日 22時31分12秒 | その他


 

ここは西武池袋線江古田下車徒歩1分にある

 『 え こ ね こ 』


動物病院が協力をしている里親募集型猫カフェです。

 



 

ここにいる猫達はいろんな事情があったのでしょうが、

いまは獣医さんにきちんと健康管理をしてもらって、

暖かいお部屋で、自分だけを可愛がってくれる里親さんを

今か今かと待っているのです。



 

みんな人懐っこくて可愛らしい!

猫同士も仲良しこよし。



 

そばで見ているだけで幸せになれる素敵な場所です。

里親になりたい人も、

モフモフ癒されたい人も、

きっと楽しく過ごせると思いますよ〜♪

 

・・・で自宅に帰ると、幸せで丸々と肥えたお嬢さんが、

「どこ行っていたのよ!」とご立腹でしたとさ。


とーちゃんのスコップ物語

2013年01月19日 22時13分35秒 | その他
先日、ものすごい雪が降った時、うちの車の周りの雪をチリトリで片付けたとーちゃんが、どーしても専門の道具がほしいと泣いて頼むのでホームセンターでスコップを買うことになった。

本当は正月明けにコストコに行った時、山と積まれたピンクのスコップを見て欲しい欲しいと騒いだのに、「そんなもの要らない!」と無視したあとにあの雪騒ぎになったから、「なんで買ってくれなかったんだよぉ!」と毎日文句を言われたのだ。昨日コストコに買い物に行ったのだが、当然のようにそのスコップは無く、近所のホームセンターにはピンクのオサレなスコップなんてあるわけがない。今日改めてジョイフルホンダまで出かけ、ナンボかマシな普通のアルミスコップを買った。

帰宅後、買ってきたスコップを手にとったとーちゃんは、(こんなスコップでも)よっぽど嬉しかったのか、それともただ単にテンションが上ったのか、よせばいいのにカチカチに固まった雪にスコップを刺して喜ぶのであった。めでたし、めでたし。

 

追記:見栄っ張りのとーちゃんは、本当は写真右のようなオサレなスコップが欲しかったようだ。ちなみにネットで見つけたこのスコップは登山用で、お値段はナンと6,300円!(アルミスコップは1,260円)


寝込んでます

2012年12月05日 14時14分41秒 | その他
風邪をひいて寝込んでます。
とーちゃんの布団の上が定位置なハインツですが
熱があるかーちゃんが温いのか
それとも労わってるつもりなのか...?





20121205-141435.jpg

埼玉県こども動物自然公園

2012年08月23日 20時33分47秒 | その他
注意:本日の記事は、この夏最大のイベントだったので長いです(笑)。

 

昨日、以前から訪れたかった『こども動物自然公園』に行って来ました。

我が家からは圏央道→関越道で比較的近い場所にあります。

動物園なんて何年ぶりなんだろう・・・。

 

炎天下の平日、入口は閑散としていました。



 

入口を入るとすぐ、レッサーパンダの植栽がお出迎えしてくれます。



 

自然豊かな動物園なので、木々も多く...って言うより森の中です。

坂道を歩くオッサンが前方に・・・。



 

まず最初にのぞいてみたのが、乳牛コーナー。

ここでは乳搾りの体験ができて、元気な子供たちが参加してました。



お乳を提供していたのは、今年初めて出産した若い「ロコ」ちゃん。

いくつもある乳首のひとつを子供たちが交代で触らせてもらい、

残りの乳首は搾乳機の機械につながれていました。

乳搾り体験コーナーの隣には、マーラといろんな牛の放牧エリアです。

おとなしくしているのはヒトコブウシ。可愛いです。



 

今回の一番の目的が、このマヌルネコに会うことでした。

4月に子供が生まれて先日公開されたのですが...、この子か(笑)?

夜行性だし、多分ご機嫌も宜しくないようで、こんな写真しかないです。



 

高温注意報も出ていたので、動物たちも暑かったでしょうね。

日陰でボーッとしている姿がほとんどです。



 

こちらは、プレーリードッグの赤ちゃんたち。

暑い中、食欲旺盛でした。



 

愛嬌のあるレッサーバンダは冷房設備のあるお部屋でノンビリしていました。



 

小動物コーナーではスローロリスなど小部屋に分かれていましたが、

暗くてなかなか写真を撮ることができませんでした。

写真は、この暑い中ひっついているネズミの親子(多分w)。



 

坂道をダラダラと登っていくと、前方に「PENGUIN HILLS」の横断幕。



 

ここはフンボルトペンギンたちの生態エリアです。



人工波にゆらゆら揺れて、気持ちよさそうです。



 

おや、これは脱走をもくろんでいるペンギンか?



時々プールから出て体を温めているようです。



 

さて、どーしてもコアラが見たいというとーちゃんは、

案内地図を片手に東園への近道を選んだのですが...、山道です。



ひぃひぃ言いながら東園の近くまで来ると、暑さで倒れそうになり、

「冷房中につきドアの開閉に〜」という張り紙がしてあるだけで

追加料金(100円/人)を支払って中に入りました。



どうやらここは、うんと小さいお子様たちが、ボールプールで遊んだり、

動物の映像を見て楽しんだり、乳飲み子を抱えたお母さんが授乳したり、

そんなための建物のようでした。

入口を入るとミョーなカエルの合唱団がいて、募金をすると...、



 

ぐったり疲れた体をゆっくり休ませて、汗も引いてきたので、

ゆる〜りと歩きながらようやく東園に到着。

念願のコアラにご対面・・・、でもやる気無く寝ていました!



 

そうだよね〜、1日で1番暑い時間だもの、ワラビーたちもグッタリ。



 

カピバラも日陰を探してそこに固まって寝ていました。



 

この後、あまりの疲れのため、歩いて出口に行く元気もなく、

園内を巡回している「彩ポッポ」に乗りました。



彩ポッポはゆっくり園内を周り、見そびれたカモシカ、キリン、

シマウマ、ポニーを車窓から見ることができました。

 

ローカルで小規模(?)な動物園ですが、とても楽しかったです。