石川県 金沢市の司法書士・行政書士 松村義信のブログ(不動産登記、会社登記、相続、遺言、後見、債務整理・過払、簡裁裁判)

今でも時々聞かれます。司法書士って何する人?それは・・・ (石川県 金沢市 の司法書士・行政書士事務所のブログ)

抵当権の抹消のちょっと困った話(その1)

2018-09-05 16:52:31 | 不動産登記
抵当権ちゅうのは、乱暴に言うて借金が返せなくなったときに強制的に不動産を売っ払う権利ですわ。松村です。


現金で不動産を買えるという一部お金持ちの方を除いて、通常は不動産を購入する際にはその不動産に銀行さんの抵当権をつけます。
お金を貸す銀行さんからしたら、万一の担保もなしに何百万も何千万も貸せまへんわーちゅう話でんな。
これがいわゆる住宅ローンとそのための抵当権の設定です。えらい雑な説明ですけども。

ローンの返済が終わったら、抵当権を消す登記をしないといけません。
ローンを消しただけでは、自動的に抵当権の登記は消えないんですね。
銀行へのローンの返済とは別に、法務局へ「抵当権の登記を消してねっ」という抵当権抹消登記の申請をしなければならないわけです。

抵当権の抹消登記は、理屈としては、抵当権を消す方と消される方、要するに不動産の所有者と銀行さんが共同して法務局へ申請することになります。
現実には、住宅ローンを返し終わったら、銀行さんから司法書士を紹介しましょうか?と言われるか、或いは自分で消してねということで抵当権を消すための書類を渡されるかという事になります。

司法書士に頼んだ場合、費用は税・実費込1万円~2万円と言ったところでしょうか(ちなみにうちの事務所は1万6千円前後)。
法務局へ行けば登記の出し方を親切に教えてもらえるので、この1・2万円が勿体ない場合は自分でやってみましょう。
ただ、労力を考えたら、司法書士に頼んだ方が楽で良いと思いますけどねー。

今回は、抵当権抹消の一般論。
次回本題の、困った話。



説明は乱暴ですが、極一般的な制度です(住宅ローンでお馴染み)

司法書士 ブログランキングへ

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
石川県金沢市 司法書士・行政書士 松村義信
事務所ホームページは http://www.office-ym.net
相続・遺言について(作成中)http://kanazawa-souzoku.com/
後見について(作成中)http://kanazawa-kouken.com/
不動産登記、相続・遺言、会社登記、成年後見、裁判、帰化
債務整理(任意整理・破産・個人再生)、過払い金返還請求、
その他相談無料です。
お問合せはoffice-matsumura@mountain.ocn.ne.jp 
又は 076-213-5071 まで。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 今週のご予約について | トップ | 抵当権の抹消のちょっと困っ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

不動産登記」カテゴリの最新記事