洗濯中のクソ

2018-09-23 00:55:10 | Weblog
風呂上がりやパソコンやってる最中に、
クソがしたくなると腹が立つと書いてきた
これは同じ考えの人も結構いると思う

そこに付け足すと洗濯の最中にクソがしたくなるのも困る
洗濯中は浴室に洗濯機を置くため便器に座りづらいのである
洗濯機が場所を取るため足が窮屈になってしまうのである
こんな感じで便器に座る体勢を取るのも一苦労である



そして先日それが起きた
洗濯が終わるまで持ちそうもない
とりあえず強引に中に入り何とか便器に座った
そしてここで想定外の事態が発生した

足が動かせずパンツが下せないのである
最初にパンツを脱いでから浴室に入るべきだったのである

パンツが膝までしか行かないので足が開けない
両足をくっつけたままでクソができないわけじゃないが、
肛門が閉じてる感覚で出しにくい感じである

それと足を開いてないとケツが締まってるために、
肛門の両サイドにスペースがない
となるとクソが通る際に肛門の周りにもクソが付着しそうである
下痢や柔らかいクソでも大変だが固くて切りのいいクソでも、
クソが付きそうである

そこで足を開かなければまずいと思い、
立ち上がって両足をくっつけた状態でパンツを下ろし、
かかとの部分まで下して再び便座に座った

洗濯機が邪魔で、ものすごくきついが、
何とか若干足を開くことができた
そして無事にクソができた
結果的に拭く必要がない切りのいいクソだった
これは助かった

この状況でケツを拭くのは無理である
これで柔らかいべっとりへばりつくクソだったら大変だった
一旦外に出て拭くことになるが、
拭いた紙も外から便器に放り込む形になる
とにかくここは不幸中の幸いだった

そして外に出てパンツを穿こうとしたら怪現象が起きていた
パンツが裏返っていたのである
膝で止めると足が開けないからかかとまで下したが、
脱いではいない
これでなぜ裏返ったのだろうか
これは不思議である

しかし俺はそれを元には戻さなかった
パンツを脱ぐのが面倒だったのである
そこでその日はそのまま出勤しシャワーを浴びた後、
元に戻して穿いた
その間ズボンにもクソの成分が付いた面が触れ続けたわけだが、
シャワーも浴びてないのに、
パンツを1回脱ぐというのが精神的に面倒だったのである
自然に裏返ったのならそれに従おうということである

そして洗濯中なので当然流さず、
すすぎの時にその水で流すことにした
以前ならその際に普通に流したが、
前回クソを流す際には蓋をするようしたと書いた
急に流す際のクソの成分の飛散が気になりだしたのである

そこでこのカップ型のマスクをすることにした





これは相当昔に寝る際に、
埃を吸いたくないということで買ったものである
だが実際これをすると息苦しくて寝られずやめることにした
確か10個入りだったと思うが今も結構残っている

これをしてクソを流すことにした
すすぎで排水される水を大きい洗面器に溜めて、
そこから小さい洗面器ですくって便器の中に入れていくのである
大体3回入れればほぼクソは流れる
その後も何回も入れて便器の水を完全にきれいにする

ついでに浴槽や洗面台のシンクなどにも入れて流す
とにかくただ水を流すのはもったいないし、
水を何度も流すことによって、
色んなものが溜まってるであろう排水パイプが、
少しでもきれいになればいいという考えである

だから普段も洗濯をする際はすすぎの前に必ず小をする
これでトイレ1回分の水が節約できるわけである

今回のようにクソをすることはめったにないが、
洗濯するならすすぎの水で流したほうがいいわけである
クソを流す水をすすぎの排水でまかなえれば、
これは大きい節約になるわけである

これまでマスク無しで至近距離でダイレクトに、
クソに水をぶっかけてたわけだから、
飛散したクソの成分を大量に吸い込んでいたはずである
そう考えると恐ろしい限りである
今更だが今後は極力吸わないようにしようと思う

写真でも分かるように今使ってるのは、
二層式のミニ洗濯機である
これを洗濯の際に浴室に入れて洗濯してる
だからコンセントは外に差すので、
コードが外に出るからドアが閉められないのである

だから飛散したクソの成分が浴室から出て、
部屋中に充満してる可能性もある
だからマスクをしてても無意味の可能性もあるが、
広い部屋なら多少薄まってるだろうし、
そこは気にしないことにしてる

そこまで気にすると洗濯後もしばらく、
マスクをしてないとダメなことになる
いくら何でもそれは面倒である
だったら普通に蓋をして流せという話なんだが、
それができないのが俺なのである

ちなみに以前は外でクソをする際に、
前の奴のクソの臭いが残ってることがある
直前まで誰かがしていたというシチュエーションである

まあこれはお互い様なんだが、
以前なら臭いなと思う程度だったが、
今は個室内にそいつの飛散したクソの成分が、
充満してるんじゃないかと思うようになってしまった
蓋が開いてると尚更である

しかしまさかこのマスクを持ち歩くわけにもいかないし、
別のトイレを探したり時間を空けたりするのも面倒なので、
そのまま用を足してる
これは以前にはなかった感情である
1度気になりだすとほんとに気になるもんである

ちなみにこの時はあの猛暑の時だったんだが、
このマスクをした状態で、
風がない浴室にこもりっきりだったんで本当にきつかった
汗だくになりながら便器に水を入れ続けてたわけである

普通は二層式洗濯機でも洗濯もすすぎも、
衣類を入れ替えるだけで、あとは放置だろう
しかし俺はこの作業があるのですすぎの間は、
ずっと浴室にこもりきりなる
すすぎの所要時間は6分である
だから夏場だと結構きついのである
ちなみに洗濯も6分である

そして最後に残った水は取っておいて、
後日、小をした際に洗面器で少しずつ入れていく。
その後は普通に流すが最初に少し入れてるので、
流す量を結構節約できる

この排水された水で流すというルーティーンがあるから、
俺にとっては洗濯は結構な重労働なのである
今後も洗面器で便器に水を入れる生活が続くことになる
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ランニングとクソ | トップ | 2018黒G »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事