ねこ吉のよしなしごと

どうでもいい事ばかり書いていますが・・・。

初春大歌舞伎を見に・・・。

2013-01-13 09:47:51 | 映画 ドラマ 観劇 展覧会 読書
昨日は大阪松竹座に「初春大歌舞伎 襲名披露公演」を、娘と一緒に見に行ってきた。

娘の誕生日のプレゼントという名目で「母と娘の歌舞伎鑑賞ツアー」と題して見に行ったのは4年前。

今回も誕生日のプレゼントということにして・・・。

前回の公演では市川亀次郎だったけど、今回は市川猿之助を襲名、市川猿之助は市川猿翁となった。
そして、俳優の香川照之は市川中車を襲名。

3人の襲名披露の口上もある夜の部を鑑賞。席は桟敷席というか左端。
歌舞伎鑑賞、お正月ということもあって、和服姿の人が多かった。



これは福山雅治が3人に贈った緞帳。
館内は撮影厳禁だけど、この緞帳が出て、お芝居が始まるまでの僅かな時間は写真を撮ってもかまわないらしい。
暗黙の了解というものか・・・。

市川猿翁は、体調不良のため休演。
1月6日NHKのドキュメンタリー「父と子 市川猿翁 香川照之」を見た。

ねこ吉には、俳優として不動の地位にある香川照之が、何故苦労して歌舞伎役者になるのかが理解できなかった。
幼い頃、父親は自分を捨てて家を出て行ったのに・・・。
大人になって父親を訪ねていったら、邪険に追い返されたのに・・・。

脳梗塞を患って、思うように体が動かない猿翁が、不自由な体を推して香川照之に稽古をつけていた。
どんなにもどかしいことだろう・・・。
しかし、せめてもの罪滅ぼしだろうか・・・。

ドキュメンタリーでは「絆を取り戻していく300日」と言っていたけど、
ねこ吉には、自分を捨てていった父親に巧妙に仕返しをしているのではないかと思った。

こんな風に考えるねこ吉は、ひねくれ者だろうか・・・。




最後の演目は「義経千本桜」
市川猿之助が演じる忠信狐は神出鬼没、あちらこちらに現れ、跳び、最後は宙乗り。
綺麗で可愛い狐だった。

宙乗りと共に、館内を舞った紙吹雪。綺麗だネェ・・・。

ねこ吉は記念に紙吹雪を拾ってきた。
紙吹雪とは、四角い小さな紙だと思っていたけど、ちゃんと桜の花びらなんだね。感激!







コメント (5)   この記事についてブログを書く
« 柳の下にドジョウは・・・。 | トップ | 個展が始まりましたぁ! »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
歌舞伎、いいなぁ (カナダの農婦)
2013-01-14 08:39:02
父親に巧妙に仕返しをしている市川中車
なかなか面白い解釈ですね。

虚実渦巻く芸能界なんて人生そのもの
生まれたからには楽しんでやろうかぃ!
という意気込みでしょうか

とはいえ
香川照之と福山雅治の間には
本物の通じるものが流れているようで
観客にはこれも面白い

・・・
たぬ吉翁のおかげで
歌舞伎の楽しみをちょっぴりかじった私メの
つぶやきです
コメント有難うございます。 (ねこ吉)
2013-01-15 11:30:03
NHKのドキュメンタリー「父と子 市川猿翁 香川照之」についての見方は、たぬ吉とねこ吉では全く意見が違います。

たぬ吉は、「役者は死ぬまで役者、舞台にずっと出ていたいものだ。」といいます。

ねこ吉は、「何故老醜を晒してまで、舞台に出るのか?」と思います。

お互い言い合うのも疲れるので、市川猿翁、香川照之について語るのは止めました。
楽しむにはまず余裕 (カナダの農婦)
2013-01-21 10:52:15
ねこ吉さんの若さ、逞しさが羨ましいです。

歌舞伎といえば、何度か襲名直前の勘三郎の舞台を見る機会がありましたが、役を楽しむ演者の姿が観客を和ませて、凄いなぁと思いました。(スーパー歌舞伎は、舞台展開のおもしろさはあるものの、猿之助が力みすぎで観客は疲れました。)この度の勘三郎死去の報では彼の終盤の舞台姿を目に収めておかなかったこと悔やみましたが、都内で彼のシネマ歌舞伎の追悼上映があると聞いて一瞬心が動いたものの、遠くまで出かける気力は出ませんでした。

ところで
私メ、貧乏性にあわせ、今年は映画館に足を運ぶという目標を立てておりました。映像を楽しんだ記憶を体にとどめておけば、外出がままならなくなってホームシアターが最後の娯楽となる時期がきても少しは心豊かに過ごせるかなぁという、ささやかな願いからです。

こちら東葛地域も、松戸駅・柏駅周辺にあった映画館が一つ二つと消えていき、今月末に最後の松戸サンシャインが閉館するそうです。時間とお金をかけて遠くの映画館まで足を運ぶのもしんどいなぁ…とつぶやいているところに、昨日朗報を見つけました。資産の有効活用事業として、柏駅ビルにあった映画館が[名画座]として蘇るとかなんとか・・・・。良くわからないけど、楽しみにしています。
合掌 (湘南いるか)
2013-02-06 14:03:49
年末に歌舞伎をほぼ15、6年ぶりに見ました。ねこ吉さんに連れて行ってもらった以来です。吉右衛門さんで楽しんだ四時間でした。
なのに勘三郎さん、団十郎さんとたて続きに・・・。
観客も若い人が少なくて これからの若い人達にも 来てもらえるように もっともっと頑張って欲しいなと思っています。

思い出しました。 (ねこ吉)
2013-02-06 21:38:43
いるかさんは藤沢から、ねこ吉は松戸から・・・。
東京の歌舞伎座で久しぶりに会えてとっても嬉しかった。

その時着ていた服も思い出せるのに、歌舞伎の演目は全然思い出せません。

中村勘三郎さんが亡くなって、まだ悲しみも癒えないのに、
市川団十郎さんまで逝ってしまうなんて・・・。

歌舞伎界は大変ですね。松竹の株が下がっているそうです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画 ドラマ 観劇 展覧会 読書」カテゴリの最新記事