ねこ吉のよしなしごと

どうでもいい事ばかり書いていますが・・・。

京とれいん「雅洛」に乗って

2019-07-20 19:49:40 | 日常のこと


(これが鯉山の粽です。登竜門の言葉の通り縁起のいい粽です。)

先日祇園祭の曳き初めに来たとき、あまりに長蛇の列で長刀鉾の粽を買うのを諦めて帰った。

今日は、後祭の鯉山の粽を販売するというので、9時頃岡本から阪急電車に乗った。

十三で乗り換え。

やってきた電車に飛び乗った。

何か車内の様子がいつもと違う。
始発じゃないので、当然座れない。
座席が通常のものと違うので、もしかして京とれいん?
十三に停まったということは雅洛?
先日乗った京とれいんは十三に停まらなかった。

車両によってコンセプトが違って、町家風の車両もあるらしい。

どうせ座れないので、車両を変えた。



何と暖簾がかかっているよ。「雅洛」だぁ!



こんな行灯風の灯りも・・・。



行き先を示す電光掲示板も、背景がアジサイでソフトな感じ。



格子戸風のドア。



網棚もつり革もあるけど、麻の葉模様の障子窓。

モニターの画面では、伝統色の説明。

萌黄色、檜皮色、あと何だっけ?忘れてしまったけど。




これ何だっけ?京町家の入り口にあったよね。
凝ってるなぁ。

ねこ吉はつり革につかまりながら、パーツを写した。

この電車に乗りたくてやってきた親子達。

電車マニアにはたまらない車両だろうな。

オタクじゃないねこ吉でも、こんなに楽しいんだから。

座席の写真は撮れなかったけどね。

割増料金もなく、こんな電車に乗れるなんて阪急電車は太っ腹。

以上、京トレイン「雅洛」のパーツ写真でした。
コメント   この記事についてブログを書く
« 京トレインに乗って | トップ | 文庫本をもらった。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日常のこと」カテゴリの最新記事