ねこ吉のよしなしごと

どうでもいい事ばかり書いていますが・・・。

香櫨園駅 ネコさんがお出迎え。

2018-01-15 20:56:09 | にゃんこ
土曜日の朝まで、1匹が小さく手を振ってくれていたクリオネも、日曜日の朝、冷蔵庫から出して見ると死んでいた。
短い間だったけど、楽しませてくれて有難う。
魂?は、流氷の海に帰っていることでしょう。

合掌


さて、クリオネにかまけて、なかなかネコの話をブログに書けなかった。

香櫨園浜に海水を取りに行った日、香櫨園の駅に着いて、北側のローズマリーが植えられている所に行ったら、ベンチに猫が前足をそろえてお出迎え。



あんまりお顔はイケてない。
近づいても逃げない。耳にカットがあるので地域猫らしいけど、ねこ吉に身体を撫ぜさせてくれるなんて珍しい事。

それどころか、ねこ吉のフェルトみたいなグレーのコートに、頭をぐりぐり擦り付けて膝に上ってくる。



「凄いフレンドリーやね。」と言いながら、久しぶりに触るネコに感激してたら、膝に爪を立てた。

「痛いやんか!もう降りて。」と地面に降ろした。



向こうから黒猫がやって来た。
ネコの方から、ねこ吉に近づいて来るなんて珍しい事。



近づきすぎです。ピントが合わなくなるでしょ。



後ろから、30代後半?と思われる女性に、

「すいません、ネコに餌をやってもいいですか?」と聞かれた。

「どうぞ、どうぞ、あげてください。」

その人は、持って来たキャットフードをたっぷり地面に置いていた。

黒猫は喜んで食べていた。

「餌をやらないで下さいと言われたりするんです。可哀想でね。避妊手術済みだし餌をあげてもいいと思うんですけど。」とその女性は言っていた。

この辺りに4匹の常連のネコがいるらしい。
ちょくちょく餌をやりに来ているとのこと。



ここのネコたちが、人懐っこいわけが判ったわ。
いつも餌をくれるやさしい人に会ってるから、ねこ吉を見ても逃げなかったんだね。

ねこ吉は、「ネコに代わってお礼を言います。」と言って、その女性と別れた。

もう会えなくなってしまったけど、同じマンションのNさんはネコ好きだった。
いつだったか、ねこ吉が香櫨園浜のネコに餌をやった話をしたときに、「ネコに代わってお礼を言います。」と言われた。

だから、ねこ吉もマネをしてみたよ。



ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村




コメント   この記事についてブログを書く
« クリオネ続報(その2) | トップ | お餅を食べるときは・・・。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

にゃんこ」カテゴリの最新記事