猫の不妊手術推進の会

猫の過剰繁殖を防ぎ、人と動物が共生できる社会を目指して富山県で活動している団体です。

感謝の気持ちを込めて

2019-07-15 01:48:39 | スタッフさくらのつぶやき

7月6日、7日は、第58回目となる最後のキャンペーンでした。 やはり予想していた通り予定よりかなり多くなり、164頭。全て無事に終わりました。 差し入れをたくさんいただきました。暖かいお言葉もたくさんいただきました。 最後だからと会いに来て下さった方もいらっしゃいました。お礼を伝えたいのは私たちの方です。 私たちの活動に賛同し、猫たちを手術しようと動いて下さって、本当にありがとうございました。

野良猫や捨て猫の多い現状を変えたくて、外で生まれる命を防ぎ穏やかに過ごせるようにと、キャンペーンを始めたのが12年前でした。 これまで本当にいろんなことがありました。 12年の間に様々な環境が変わり、状況も変わり、いろんな人が出入りし、いろんな人に会い、たくさんの犬猫たちに関わってきました。たくさん泣いてたくさん笑って、動物たちからたくさんの人とのご縁を繋いでもらいました。 自分が関わった子たちは、何年経っても忘れていません。

私自身もこの12年の間に、環境がかなり変わり、仕事においても役職がつき、自由に動ける時間が愕然と減ってしまいました。当時、絶対に続ける、絶対にできると思っていたことが、環境が変わってしまったことでできなくなってしまいました。  ずっと一緒に活動している代表も、環境が変わり、年齢も重ねました。 協力して下さっている山口先生も代表と同い年です。跡取りがおらずこの先を考え、ご自身の病院を事業継承されました。

当会はどの他の会にも吸収されていません。合併や吸収されるつもりもありません。 個人で別団体に行く人や、県の動物愛護推進員になった人もいます。数人で会を立ち上げた人もいます。みんなそれぞれ得意分野を生かす道を歩み始めています。

当会で学んだことや経験が、次へ繋がってくれるのなら何より嬉しいです。

そして、キャンペーンが無くなってしまうからこそ、県の施設で不妊手術ができるよう、他県の取り組みを参考し、行政にはこれからもっと変わっていってほしいと願います。

 

最後に。

仔猫を拾い、その子を助けたいのであれば。幸せな道を繋げてあげたいのなら。

一部屋、もしくは部屋の片隅に猫用の2段ケージを置いて、その中で短期間お世話を。 仔猫なら最短でも1か月。最大でも2か月弱。 1年、10年預かってほしいというわけではありません。人間の子供より遥かに早く成長し、仔猫ならほぼ100%で里親さんが見つかります。 ケージを貸出ししている団体もあります。里親の出し方がわからないときは、愛護団体の譲渡会へ参加してください。 ご自身でお世話をしている子ならば、愛護団体は最大限のバックアップをしてくれると思います。

どうかお願いです。押し付けはしないでください。ほんの少しの時間とお世話で、猫たちに幸せになる道を繋げてあげることができます。

野良猫に餌やりをすることは悪いことではありません。 でも、与えるのなら最後まで見守って片づけもしっかりと行いましょう。不妊手術も必ず行いましょう。

 

今月末までに事務所を引き払います。7月末を過ぎたらにブログも閉鎖する予定です。

今まで本当に本当に・・・ありがとうございました。

みなさまに心より御礼申し上げます。