猫の不妊手術推進の会

猫の過剰繁殖を防ぎ、人と動物が共生できる社会を目指して富山県で活動している団体です。

里親譲渡会のお知らせ

2016-09-23 11:36:01 | 優しい里親さん募集中!

10月2日(日)里親譲渡会を開催します。

写真の仔猫たちの他にもたくさん参加する予定です。

当会は、お見合い希望の予約電話を事前にいただいた方のみ参加できる形をとっております。

里親会に出ている子たちは、棄てられたり放棄されたり、死と隣合わせな状況の中、声が枯れるまで泣き続けていた子たちばかりです。

幸せに生きてほしくて、保護主さんたちが一生懸命にお世話している仔猫たちです。

どんな柄でもどんな模様でも、超甘えん坊で良い子ばかり。トイレなどのしつけもバッチリです。

 

お見合い予約は090-3297-5672まで。

 

 

物資のご支援を引き続き募集しております。

[急募]猫用フード(仔猫用・成猫用)レトルト、ドライ両方

[急募]仔猫用の粉ミルク(ワンラックキャットミルク等)

[急募]猫トイレ砂(固まるものが好ましいです)

猫ベッド、猫テント(仔猫を運んだりできるチャック式ドーム型キャリーバッグ)

ペット用暖房器具

 

送り先

〒930-0992 富山市新庄町3-12-28 ハッピーネスウォーム1F 「猫の不妊手術推進の会」


第44回TNR不妊手術会が無事終わりました

2016-09-06 13:55:58 | スタッフさくらのつぶやき

9月3日4日に、第44回目のTNR不妊手術会を行いました。連日とても暑く、今回も頭数が多かったので帰宅できたのも23時すぎになり大変でしたが、今回も問題なく170頭の手術を無事終えましたことをご報告いたします。

参加してくださった方々、ブログやフェイスブックを見てお手伝いを申し出て下さった方々、ご寄付金を入れてくださった方々、冷たい飲料を差し入れして下さった方々、夕食や果物、お野菜、お菓子を持ってきて下さった方々、本当に本当にありがとうございました。とても助けられました。関わってくださったすべての方々に心より御礼申し上げます。

そして、先生方、毎回来てくれるスタッフのみんな、代表、いつも本当にありがとうございます。

 

私たちの会は、東町にあった北日本動物福祉協会での活動が基盤となっています。今の若い方たちは、ほとんどご存じないかもしれませんが、「ブルー十字事件」を解決に導いた、当時の代表とすべての犬猫たちに不妊手術を施してくれた獣医師の先生。今現在もTNR不妊手術会で執刀してくださっているのは、当時から協力してくださっている獣医さんです。 

TNRはアメリカが発祥なのですが、地域猫という取り組みを作ったのは千代田区から。「地域猫のつくりかた」という本が発売され、やがて全国へと広まりました。北日本動物福祉協会の代表は、野良猫や外猫たちが少しでも減るように、1匹でも多くの猫たちが幸せに穏やかに過ごせるように、外で生まれる命が減るように。と、いち早くTNR不妊手術キャンペーンという形ではじめたのが、今の当会のTNR不妊手術会です。

最初のころは、今よりももっと頭数も多く、TNR自体もまだ浸透しておらず、野良猫も多く…。手術会の進行や運営も様々な形で試行錯誤を重ねていました。スタッフ同士での衝突もありましたし、想いの温度差も個人差があり、猫を想うがあまり周りが見えなくなってしまうこともありました。とにかく毎日が早く、1年が早く、あっという間。 次回で45回目を迎えますが、45回目ということは、この活動を開始して9年が経過した。ということ。

今のTNR不妊手術会は、関わってきた方々の苦労の積み重ねからできていて、運営も進め方も当時に比べたらずっとやりやすくわかりやすい形となっています。そして、一番大変だった時期に比べて、犬猫の保護も減り殺処分数も減ってきています。でも、ゼロではありません。まだまだこれからも継続して改善していかねばなりません。愛護団体も、市民も、行政も、みんなで。

 

キャンペーン中の真っ最中に、仔猫の里親募集をネットで見たと予約なしで来られた方がいました。事務所に来れば仔猫がいると思ったのでしょうか。予約がなくてもすぐもらえると思ったのでしょうか。当会はシェルターを持ちません。保護施設もありません。保護できるスタッフたちが手分けをしてお世話をしています。ペットショップでもありませんし、保護できる数にも限界があります。どの子も幸せにしてあげたいけれど、何でも屋でもありません。

どんな想いで私たちが保護をしたり、TNR手術会を行っているか、考えてはくれないのでしょうか。

なぜ予約が必要なのか、どんな想いで保護してお世話をしているのか、考えてはくれないのでしょうか。

 

全国の愛護団体には、それぞれ様々なカラーを持っています。保護が得意だったり、全国での活動が得意だったり、物販ができたり。すべての方々が100%完璧だと認める愛護団体があれば良いですが、それぞれが得意分野を生かし、それらに共感して支え応援してくださる方々で成り立っているところが多いです。想いの温度が違うのなら、どうかご自身の想いが重なるところへ。という部分は、愛護団体すべて同じかもしれません。批判したり中傷したりする時間があるのなら、犬猫たちのために動いていたい。

…話が少しそれてしまいました。先の記事の、真っ黒でつやっつや甘えん坊の仔猫たち。まだ里親さんが決まっていません。幸せになるためのご縁をずっと待っています。

お見合いは電話予約にてお申し込みください。里親さんになるためには、誓約書等を通じて猫たちといくつかお約束をしていただいておりますことをご理解くださいますようお願い申し上げます。

お申込みは090-3297-5672まで

 

仔猫保護は他にもまだおります。

物資のご支援を引き続き募集しております。

猫用フード(仔猫用・成猫用)レトルト、ドライ両方

仔猫用粉ミルク

猫トイレ砂

猫ベッド、猫テント(仔猫を運んだりできるチャック式ドーム型キャリーバッグ)

 

送り先

〒930-0992 富山市新庄町3-12-28 ハッピーネスウォーム1F 「猫の不妊手術推進の会」

 

 

 

 

次回、11月のキャンペーンは5日6日7日の3日間開催します。

今年最後のキャンペーンです。野良猫外猫たちにが少しでも穏やかに過ごせるよう、増えたりしないように、どうか暖かい手を差し伸べてあげてください。