猫の不妊手術推進の会

猫の過剰繁殖を防ぎ、人と動物が共生できる社会を目指して富山県で活動している団体です。

今年最初のTNRさくら猫キャンペーン

2019-03-04 19:07:07 | 不妊手術キャンペーンについて

3月2日3日に開催したTNRさくら猫キャンペーン、

幸いお天気にも恵まれて、186頭の手術が無事終了いたしました。

 

ブログやFacebookを見て、タオル類や物資を持ってきて下さった方々がたくさんいらっしゃいました。

本当にありがとうございます。

 

キャンペーン中、ご寄付をたくさん頂きました。

重ねて心より御礼申し上げます。

 

 

夜遅くまで執刀してくださった先生方

お手伝いに来てくれた皆々様

いつも本当にありがとうございます。

 

 

今回は手術済みの猫たちが捕獲されて来ることが多々ありました。

全国的に取り組んでいる野良猫たちの手術は、手術済みの証として、さくら耳に耳先をカットします。

 

誰が一目も見てすぐ手術済みだとわかるように、誰かの優しい手がある意味『愛され猫』の証として施してあります。

そのさくら耳処置がされておらず、捕獲されて来る。

残念なことに、県内開業医さんの一部でさくら耳にせずに手術をしているところがあるようです。

 

なぜ、さくら耳に処置した方が良いのか?

 

野良猫ちゃんは人馴れしていないことが多く、手術済かどうかをなかなか確認することができません。

間違えて捕獲されて来て、麻酔をかけて、お腹を毛刈りして、そこで初めて手術痕がわかります。

 

猫にとってはまた怖い想いもし、また麻酔をかけられて、二度も人間に怖い想いをさせられる。

…そんな想いをさせたくないです。

手術をしたら、その先は怖い想いをすることなく穏やかに生きてほしい。

 

だからこそ、『さくら耳』は大事な証なんです。

処置は麻酔が効いている時に行いますので、痛みは全くありません。

 

 

今年は暖冬のため、全国的に発情期が早まっています。富山も例外ではなく、妊娠猫がたくさんいました。外で生まれる命がないように、早めに手術をお願いします。猫の妊娠期間は約60日で、出産してもまたすぐ妊娠します。

 

次回のTNRさくら猫キャンペーンは5月4日5日、GW中での開催です。

どうか優しい手を皆で協力して伸ばしてあげてください^_^

 

 

 

 

※支援物資の募集をしています。先の記事をご覧ください。皆さまの暖かい気持ちは、全て犬猫たちのために使用させていただきます。どうか応援よろしくお願いいたします。


この記事についてブログを書く
« タオル類の物資を急募しています | トップ | 5月キャンペーンも無事終了 »
最近の画像もっと見る