いのしし くん。

政治、経済から音楽全般の評論
ultimate one in the cos-mos

日本の中国化。 china style in japan

2017-07-16 19:47:14 | 日記
 (1)劉暁波問題は共産主義国で自由と民主を望む人間本来の活動で、それは共産主義国にも立場はあると書いたが、その中国でノーベル平和賞授賞の民主活動家劉暁波さんが亡くなったあと同氏支援者の軟禁が続いているとの報道だ。

 (2)劉暁波さんを神聖化(sanctity)しての反体制運動の動きを完全に事前に封じ込める中国政府の狙い、意図だが、これは中国政府の不当な取り締まり、干渉だ。
 仮にそのような動きがあったとしても監視の対象になるもので、中国政府が好んで使う反体制活動家は国内では犯罪者だという以前の事前の動きを封じ込める取り締まりになるので、犯罪者扱いは不当だ。

 (3)これとそっくりなのが6月に日本で強行成立した共謀罪改正法だ。準備、協議をしたと認められた(警察判断)だけでまだ犯罪要件に結びつかない段階で事前検挙、取り締まりの対象になるもので、日本政府の実態も中国政府の対応と変わらない危険性が潜んでいる。

 さすがにようやく小市民的国民意識(the petite bourgeoisie)にも安倍首相の政権手法、性格に不信、不満を抱き、安倍内閣支持率が直近メディア調査で30%を切る急落をみせている「安倍嫌い」だ。

 (4)中国は共産党一党独裁国家で、日本の安倍内閣は日本の歴史、伝統、思想、主義を重んじる右派色の強い保守政治だ。
 ともに左右思想、主義に偏った(bias)政治統治思想で、だからやり方はよく似ている。

 中国で起きているようなことが日本でも起きないという保障はない。だから中国だけを特別視することはできない。

 (5)そこで気になるのが民進党蓮舫代表の戸籍資料公開問題だ。かねてから党内でくすぶっていた「二重国籍」問題で党代表として潔白を証明するために自らの出自、戸籍資料を公開しようというものだ。

 蓮舫代表はこれまで参院東京選挙区で高い支持を受けて当選を重ねて国会議員を務め、昨年から民進党代表に就任している。これまで日本の国会議員として何も問題はなく、今あらためて極めて個人情報の戸籍資料をを公開して自らの立場を証明する必要などないし、意味もない。

 (6)党内での売り言葉に買い言葉的争いの上でのことで、まったく個人的なうらみ、つらみを晴らして相手の鼻っ柱をへし折りたいだけの自賛行為だ。
 ここは中国でもなく仮にも民主主義、自由主義が定着した日本でのことで、守られるべきことは相手を不当に否定してまで守る必要もない「自由と民主」が保障されている国だ。

 日本はパラドックス(paradox)として、ちょっと中国化(china style in japan)していないか。
『政治』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 成果型労働制。 labor system... | トップ | IoTと農業の個性化。internet... »

日記」カテゴリの最新記事