森のタイニーハウスで暮らす

茨城県山間部のログハウス&避難シェルター

失われた感覚を求めて

2021-09-13 | マニュアル車に乗る
//////////////////////////////////////////////////

訪問者数やPVに関心がないので記事のアップも適当なタイミング。内容も写真も
思いつくままにバラバラでやっていますが、昨日の訪問者は6,000人、PVは9,000近く
になってしまってものすごく驚いています。

無料ブログなので分析ができないんですが、「還暦からのMT車スポーツ走行」
や「MT回帰」などがヒットのキーワードなのでしょうか?

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

さて、今後EV化が進むと「内部で爆発しているエンジン」つまり内燃機関という
概念が終末を迎えることになり、これは大きな変革となります。

自分は音楽家なので「サウンド」というもので飯を食ってきたわけですが、
「爆発音がまったくしない車」というのは想像ができません。

クルマ関連のエントリーで「取り戻す」という自分の目標を挙げてみましたが、
個人の年齢あるいは時代的にもこの1,2年がそれができる最後のチャンスかも。

つまりあと10年ほどで「ガソリンエンジンは製造されなくなる」ということです。

なんでもいい、とにかく充実した手ごたえが欲しい、というシニアの方が
多いのではと感じますが、それは抑圧された若者も同じことでしょう。

人間(漢)はいつも原始的なワイルドさを求めています。


「匂い」「風」「振動」「音」「光」「影」「気分」「雰囲気」


これらのITやテレワーク、そしてEVに無いもの。
それが一番に「取り戻したい」ものかもしれません。

//////////////////////////////////////////////////
この記事についてブログを書く
« 軽MT車最強説はどうなのか? | トップ | ダイハツエッセMTは水色のビ... »

マニュアル車に乗る」カテゴリの最新記事