妙齢乙女の純情つれづれ

妙齢って本当は若いお嬢さん。身も心も乙女☆で純情一直線な…でも微妙なお年頃のアタクシが“恋愛・結婚”について思うコト。

すごいこと。

2016-08-30 22:38:36 | 日記
とある、催しに行きました。
前回、この催しに足を運んだのは、年末でした。
つい、この間のことのようなのに。
月日が経つのって、早い。。

ふと、考えるに。
ということは。
あのときのことを、こんなに明確に覚えていて、まるで先月のことのようなのに。
あのときは、彼と…再会していなかったんだ。
ちょうど、彼からお誘いを受けはじめていた時期だ。
残念ながら日程が合わず、お断りしたけれど。
振り返ってみれば、結果オーライだったと思う。
あの時に、彼の誘いに応じていたら、きっと普通のお友達どまりだった。
いまみたいに、当たり前のように二人で会う関係にはならなかっただろう。
だから、良かった。
すべて運命の巡り合わせだ。
彼もこの前、呟いていたっけ。
『まさか、こうなるとは』
こうなる、を詰問、いや尋問したい気持ちを抑えることができた私を褒めてあげたいけれど。

あの時は、彼との再会もひかえて、ウキウキしていた頃かな。
もともと、年末が一番好きな季節だ。
きっと来年いいことあるさ、とその時、誰かと笑いあっていたっけ。

いいこと、あった☆
私にとって、彼と再会できたことは、たとえ現在がどんな関係であろうと『いいこと』なのです。
彼と出会えたことが嬉しかった、出会えた奇跡に感謝すらしていた私にとって、彼との再会はこの上もなく『いいこと』で。
彼とお友達になれたら、と願っていた私を彼が女性として求めてくれたことは嬉しい誤算で。
ただ乙女で頭でっかちな私が疑心暗鬼にかられて彼との関係に二の足も三の足も、地団駄まで踏んでしまっただけの話で。
彼と、今日に至るまでの数ヵ月、本当に楽しくて、夢のように嬉しい記憶ばかり。
不安に苛まれることも多かったけれど、それは私が望み過ぎたからいけないのだ。
年末がついこの前のように感じるのに、彼との時間は随分長く感じられて…今年に入ってからの数ヵ月だなんて信じられない。
この数ヵ月の間に、一人の人をこれだけ想えるようになるってすごいな、って。
その神秘に感動したの。
彼のことをとても大事だと思うし、彼の幸せを願ってやまない。
成功を祈ってやまない。
私のこと、本気で想ってくれなくても、なんの見返りもなくても、この気持ちは変わらない。
彼に出会えたことが嬉しいし、仲良くしてもらえていることが嬉しいし、こうして、彼の幸せを祈ることができて幸せだ。
そんな感情を、わずか数ヵ月で抱けるってすごいな、と思って。
純粋に、出会いの神秘を感じた。

私がこう想うのに、彼は想ってくれない、と考えることがおこがましいのだ。
執着だ。
だから、妄想と呼ぶのかもしれないけれど。
私は必死に、この前の彼との甘い時間を思い出す。
つとめて、思い出す。
本当は余計、抱き締めてほしくなるし、口付けてほしくなるし、堪らなく寂しくなる…傷口に塩を刷り込むような行為ではあるけれど。
でも記憶の中の私は至福の時を過ごしている。
彼の腕の中は、どこよりも心地がいい。

たった数ヵ月で、私にとって、どこよりも心地よくなってしまった彼の腕の中。
たった数ヵ月で、誰よりも近しく感じてしまう、この感情。
たった数ヵ月で…私は彼になら、なんでも話せると思うの。
これが、いわゆる深い仲というやつなのかもしれない。
隠し事がいらない、この感覚。
唯一、私の彼への、この好意以外は。
本当はいくらだって告白したい。
そして告白するチャンスはいくらだってある。
だって、常に二人で会っているんだもの。
でも、好意を伝えていいのか、がわからない。
だって、彼に牽制されてしまったようなものでしょう?
都合のよい女でいるべき私が、彼に思いの丈をぶつけてしまって良い…のかどうか、わからないのだ。
彼が、受け止めてくれる気がない以上、余計なボールを打ったら迷惑じゃない?
彼が静かに癒しを求めているとしたら、いらぬキャッチボールで彼を煩わせたくない。
私に、できることは、好意を伝えないこと、それしかない。
隠すことはできないだろうけれど、想うのは自由だと思うから。
伝える、ということは、ある意味私が満足したいからじゃないのか?
彼に受け止めてもらいたい、とか、はっきりさせたい、とか、伝えて楽になりたい、とか。

彼を癒してあげたい。
この思いに矛盾する行動を慎むこと、それが私にできること。
彼が煩わしいと思うようなことを言わない。
連絡を控えること。
でも、彼の幸せを祈ること。
成功を祈ること。
それしかできない。
いいえ、これができることを、感謝しよう。
だって、再会できていなかったら、それすらも難しかったのだから。
再会できた、この『いいこと』を幸せに思おう。
大事にしよう。
こんな気持ちをくれた彼に感謝しかないのだから。
コメント

古を想う。

2016-08-29 19:48:02 | 日記
日本の女は、古くから男からの連絡を待つ習性がある。
平安時代は通い婚。
男性から文が来て…通ってきて…男女の仲になって…やがて、通ってこなくなる。
正妻こそ、離れに同居していれば、完全なる別離を迎えることは珍しいかもしれないが…はて、どちらが辛いのか。
自分に見向きもせずに夫がいそいそと他の女のもとに通うのを見るのも、決して気持ちの良いものではあるまい。
もし、愛があれば。

江戸の大奥だって、そう。
将軍さまのお渡りを待つばかり。

現代も、この仕組みって変わらないのかな、って痛感する。
一部の積極的な女子は、自分から通って、渡ってしまうのかもしれないけれど。
結局は、殿方に見初められ、もしくは興味を持たれ、メールなりなんなりコンタクトをもらい、会って…仲を深めるなり、止まるなり。
女は文を送るまでしか、基本、できない。
あくまでも男が誘ってきて、はじめて進展が期待できる。

彼から、毎週…いえ、2週に一度は最低でも誘いがあったのに、とつい指折り数えてしまう惨めな私。
今週も彼に会えないのかな、と思うと…青息吐息。
会っている時の温度は、あんなにも近しいのに、と思うと…つい、余計なことを考えてしまう。

いけない。
これも執着だ。
でも、薄々感付いてしまうのに、嘆くな、執着するな、って自分に言い聞かせるのって、結構骨がおれること。
時間があるのが、またいけない。
ついつい、色々なことに思い巡らせてしまう。
ダメよ、私。

今週、お時間ある?
この7文字で私は幸せになれると言うのに。
ああ、いじわる。。。
コメント

クラランスに舞い戻る

2016-08-29 15:45:01 | 日記
3年前だっただろうか。
初めて、心の底から失恋を味わったのは。
あのとき、私は…自分を憎んだ。
自分を彼にさらけ出すことに、怯えすぎて。
乙女であるがゆえに怯え、乙女であることも言えず、乙女であるからこそ、がんじがらめになってしまって、どうしていいかわからなかった。
自分の身体のコンプレックスも災いした、と己を憎んだ。
私が、道行く誰もが振り返るくらいの美貌だったら、恐れずに彼の胸に飛び込めただろうに。
私が、道行く誰もが襲い掛かりたくなるくらいのプロポーションの持ち主だったら、怖じ気付くことなく、彼に抱きつけたであろうに。
そんなこと、意味ないのに(笑)…。

そのとき、自分が憎くて恨めしくて…クラランスのスリミングコスメを買い漁った。
毎晩、ミミズ腫れができるまで真夜中まで、泣きながら自分の身体を捻り潰してた。
死にたい、って呟きながら。
誰か殺して、って唱えながら。

その後、私はもっと簡単に自分を汚す方法を知った。
それでも、乙女だけはどうしても守りたくて…結果、私は後悔していない。
だって、いま乙女なまま彼に会えたから。
私のことを魅力的だと、抱きたい、と言ってくれる人たちのおかげで私は立ち直れたといっても過言ではない。
彼らが、私の豊かな二の腕をいとおしそうに撫でるとき、ミミズ腫れになるまでいじめていたのはなんだったのだろう、と思った。
全員じゃなくても、人によっては私を受け入れてくれるのだ、ということも体感したし、コンプレックスだと思っていたものを喜んでくれる人も多いと。
そうして、自己肯定力を高めた結果、失恋した時より更に増量している脂肪たち。

私は、自分のために、ではなく。
彼が喜ぶ状態に整えたい。
彼に触れられた時に、惜しげなく身体を晒せる私でいたい。
彼に抱き締められた時に、お腹を引っ込めるために意識を集中するのではなくて。
彼の感触、薫りに集中したくて。
そうして、なにより、彼がいとおしそうに撫でてくれる、そこかしこを、もっとしっとり、すべすべなシルクのようなお肌にしたい。
彼は普通の男性と違うのだ。
まるで女性のように、女性の努力をわかってくれる人。
私がたゆまぬ努力を続けていることに対しては、痒いところに手が届くように余すところなく賞賛の言葉をくれる人。

お風呂あがりにかかさないボディクリームケア、少しでも水に触れれば欠かさずクリームを刷り込む手、一ミリの剥がれも欠けもないマニキュアにペディキュア。
月に2回ケアしている長い黒髪。
そして私の薫り…

彼は、全部、気付いて褒めてくれた。
ハンドクリームを塗るのが面倒な時だってある。
マニキュアを塗り直すのだって大変だ。
ましてやペディキュアなぞ、冬には見られる可能性も極端に低い、というズボラへの誘い。
地味だけれど、綺麗で当然でいることって、結構大変なのです。
それを評価してくれて、欲しい言葉ををくれるから。
誉められたくてしていることではないけれど、誉められればやはり嬉しい。
そして、彼が手触りを楽しむかのように、触ってくると…緊張する。
そこ、大丈夫?
手触り、すべらかかしら。
及第点?

だから、自分のために。
彼のために。
いや、彼の前で自信をもてる私でいるために。
またクラランスを塗りたくる。
私はクラランスが好きなのだ。
このテクスチャは私に満足をくれるから。
こっくりとした重いボディクリームは、私の重い期待にも応えてくれそうで実に心強い。
ねえ、私のウエストを細くして。
なんセンチ、なんて野暮なことは言わないわ。
彼がギュッと掴みたくなるような、抱き寄せたくなるようなくびれをちょうだい。
ついでに、彼との密着を阻む下腹もよろしくね。
摘ままれると、複雑な気持ちになっちゃうのよ。
女の子は。
ああ、外人さんには受けそうだけれど、豊満すぎるヒップもなんとかしてちょうだいね。
そうそう、太ももは、ヴェルベットのような肌触りにしてね。
彼の肌に吸い付くような。
ボコボコとしたセルライトなんか消えておしまいっ。
そんなことを唱えながら、今度はミミズ腫れにならないように気をつけながら、必死に捻り潰す。
彼から、いつお誘いがあるかなんてわからない。。
でも、わからないからこそ、ミミズ腫れているわけにいかないのだ。
それは、明日かもしれないのだから。
幸せな恋の予感とは少し違うかもしれない。
でも、確実にミミズ腫れることで、自分を痛め付けて気を静めていたあの時とは違うの。
なんていったって、今回はバストクリーム付きだ。
久しぶりにバストケア、再開。
彼に喜んでもらえることなら、私は頑張りたい。
だって、私はそれしか、できないから。
彼に好きになってもらう、とか、想ってもらう、求めてもらう、のは…私がどうにかできることではないから。
私が…彼が色々な意味で欲しくなる私にならなければならない。
人間性も、感情も、思いも、身体も。
彼がいまの私を求めてくれるということは、私の豊満なバストも嫌いではないのよね?
それならば、形と手触りを整えて、彼が顔を埋めたくなるようなバストにしなければ。
そうやって…時間を過ごせば、彼に誘われるまでの時間の苦痛を…減らせるのかしら?
苦痛か脂肪、せめて、どちらかは減らしてよ…。。。
コメント

違い

2016-08-28 23:53:02 | 日記
結婚を前提にお付き合いしたい、と言ってくれた彼との別れを決意した瞬間がある。
とある凄惨な事故のニュース。
誰でも捲き込まれ得る可能性があるニュース。
そのニュースを耳にした時に。
彼がその事故に捲き込まれ他としても、きっと動揺しないであろう自分がいた。
悪意はまったくなかった。
ふと。
こういう事件て怖いな、って。
誰しも、起こりうる話だもの、って。
そこで、たとえば、彼が捲き込まれたら、って考えた。
そして、自分に愕然としたのだ。
私、彼のことが心配じゃない、と。
捲き込まれていないといいな、とか。
捲き込まれたらどうしよう、とか。
大丈夫、絶対にここなら行かないわ、良かった。
でも、もちろんなく。
なんとも、思わなかったのだ。
心配でも、安心でもなんともない。
たとえ、捲き込まれたとしても、きっと冷静に受け止められるだろう。
あれれ。
私、結婚するはずの人、スキジャナイノ?


先日。
とある場所で、事故があった。
ネットのニュースの一行を目にした時。
私は自分の心臓が一瞬、凍りつくのがわかった。
恋する彼が、その日、その近くにいるはずだったから。
しかも男性が死亡した、と。

やだ。
どうしよう。
って。
心はパニック寸前。
震える手でスマホを操り。
ニュースを開く。
必死に情報を読み取る。
写真に…死亡した方の姿なんてうつるはずもないのに、食い入るように写真を見つめる。
大丈夫よね?
彼じゃないわよね?
いくつかの記事を漁り、年齢がだいぶ違うことを知った。
ああ、良かった。
ああ、やれやれ。

自分で、気持ちの違いを痛いほど、感じた。
私は彼のことが好きで、大事で、心配で、かけがえのない人なのだ、と。
彼が私のこと、ちっとも想ってくれなくても。
それは変わらない感情。
彼にもしものことがあったら…と思うと、生きた心地がしなかった。

人間の感情って、本当に不思議。。。
コメント

勉強中

2016-08-28 20:00:13 | 日記
執着をしてはいけない。


一日に、何度、そう自分に言い聞かせているだろう。
頭から彼のこと、追い出そう、と思えば思うほど、彼に会いたくなってしまう。
昨日は…悩んだ末、メールをしてしまった。
もちろん、会いたい、なんて言わない。
彼から、他愛もない返事が来るだけで、針がふりきれそうになるくらい気持ちがあがる。

昨日の彼は、憂いがないせいか、多少素っ気ない。
私は抱き枕のようなものだ。
彼が落ち込むと、抱き寄せて温もりを与える。
彼の頭を撫でてあげる。
実際の行為、というより精神的に抱き枕の役割を買って出ていると思う。

息子が母のもとを巣立つように。
子供が成長してぬいぐるみに見向きもしなくなるように。
私も…。
そういうことを思ってはいけない。
そういう現実を引き寄せてしまうから。
そう思って、自分を奮い立たせ、彼との幸せな時間を思い浮かべる。

幸いなことに、彼との幸せな時間を実際に過ごした経験があるがゆえに、彼の存在を克明にイメージしてしまうと…堪らなく彼が恋しくなる。
会いたくなる。
抱き締めてほしくなる。
口付けて欲しくなる。
それだけで、私は幸せになれるというのに。

執着すまい、と言い聞かせると。
回り回って、彼のことを思い浮かべてしまって…堂々巡り。

なぜ、目の前にいる彼は私のこと大事に扱ってくれるのに。
楽しそうにしてくれるのに。
同じように楽しい時間を過ごしているのに。
私が思うように、彼は会いたい、と思ってくれないのかしら。
つい、そんなことを思ってしまう。

仕方がないこと。
人の想いは変えられない。
人を変えようとしてはいけないの。
彼に、心地よい時間を、癒しを与えられる私になりたい。
彼に、求めてもらえる私になりたい。
私は私しか、変えられない。
なぜ、私は彼に恋したのか。
彼に恋できる自分が嬉しいくらい、彼の波長が好きなのだ。
こんなにも波長に惹かれる人はいないんじゃないか。
そう思ってしまうのを止められない。
彼とのご縁があるのなら。
ご縁を信じて、執着を手放さなければいけない。
彼を癒せる私を、幸せにしてあげられる私を作る時間なのだ、と思えばいい。
そんな気持ちを味わえたことだけで、私は成長することができている。
自分本位で自分勝手な恋から、愛の要素を学べている。
そう、感謝しよう。
そんな想いは、そうそうできないだろうから。
いい勉強。
そう思おう。
そうするしか、ない。
コメント