妙齢乙女の純情つれづれ

妙齢って本当は若いお嬢さん。身も心も乙女☆で純情一直線な…でも微妙なお年頃のアタクシが“恋愛・結婚”について思うコト。

☆結婚☆

2013-04-26 15:53:52 | 日記

するかもしれない。

アタシじゃないけれど(笑)。

まぎらわしい^^;?

そんなこと、ないか。。。ほど遠いものね。

またまた、音信不通だもん。アタシの恋路は。

切ないよぅ。寂しいよぅ。・・・まさかアタシが1日、2日、誰かと連絡とれないだけで、こんな感情を

抱くなんて夢にも思わなかった。

アタシ、遠距離だろうが・・・通い婚だろうが、いや、季節婚でもいいや、くらいに考えてた。

おっと、話がそれた。

そんな、結婚の「け」の字もないような話じゃあなくって。

アタシの姉妹の話だ。しかも下(笑)。

それがめでたいのか、めでたくないのか、良縁なのかそうじゃないのか、は本人しかわからないだろうし、

本人が決めることだけれど。

とりあえず外野としては「おめでとさん」てなところである。

・・・そして、想像していたより・・・なんの感情もわかなかった。

大丈夫なのかなー、とか。離れて暮らすのかー、とか。

こうやって家族の形って変わって行くのだなー、という感情でしかない。

あと、いま共同作業しているものをどうするか、とか(笑)。

至極、現実的な感情。

先に行かれちゃうとか、置いてきぼり感とか、焦燥感とか・・・もちろん、うらやましい、とか、そういう感傷的な

感情はほぼ、皆無であった。

まぁ、うすうす、先に行かれるんだろーな、と覚悟はもう10年以上前からしていたし^^;

自分のことは網棚の上に放り投げて「意外に遅かったね」という気分、ですらある。

・・・で思ったの。

アタシはやっぱり「結婚」というシステムにはそれほど憧れていないことに。

一生、添い遂げたいと思える人がいることが、決められたことがうらやましい。

(暫定的な一生かもしれないけれど^^;)

そして、相手からもそう思ってもらえたのならば、これもうらやましい・・・というか実にめでたい☆

一緒のおなかから生まれた人間が、ほぼ同じものを食べ、同じ空気を吸い、生きてきた存在が、

新しい家族を選ぶという神秘的な行為ができるんだ、という新鮮な驚き(笑)・・・。

ああ、アタシにももしかしたらできるのかしら、とか。

ああ、他の惑星の話じゃないんだ、というか。希望がもてる、というか。

多分、当の本人たちはそんなこと一切、考えていません^^;

なんにも考えていないと思う・・・だから出来るのが、結婚(笑)。。。

同じ釜の飯食っていても、性格全然違うからね。

正確には同じ釜がら食べていないし。アタシ、お釜のごはん、あまり食べないからー♪

負け惜しみじゃなく、結婚というシステムに乗ることに羨望は感じない。

むしろ大丈夫なのか?と思う。

ただ、新しい、先天的な家族以外の・・・後天的な家族を探せた、選べた、作れた、選ばれたことが素敵だし、うらやましいし、

良かったねと思う。

アタシもそういうことが出来ればいいのにな、と純粋に思う。

そして、思った。

私、頑張ろう、って。

多分、アタシは結婚ていうシステムには向かないのかもしれない。

結婚、という形態には適合しないのかもしれない。

でもパートナーは欲しい。

そして、パートナーとどんな障害があっても乗り越えられるだけの力・・・経済力だったり、なんだったり、が欲しい。

アタシ、条件も勘案して冷静に判断する女だと思っていたけれど・・・違ったから。

条件云々、関係なく好きになっちゃうんだ、って思い知ったから。

そうしたら、たとえ、いまのアタシの生活と事情の違いが障害になるのだとしたら・・・それを自力で克服できるようになりたい。

パートナーと決めた人がたとえどんな状況、環境であっても、ココロに一点の曇りもなく「この人に決めた」っていえるように。

そんな自分になりたい。そんな体力をつけたい。

アタシに・・・適応力は望めそうにないから。

もう少し適応力があったら・・・とっくに恋も出来ただろうし、パートナーも見つかっているだろうし・・・

結婚にも適合できたさ。

人には人それぞれの幸せがあるように。

人には人それぞれの能力、性質、気質、が大前提としてあって・・・それに応じて、

ふさわしいステージやペースがあって。

アタシにはそういう能力が欠如していて、ペースが遅くって・・・結婚のステージはおろか恋愛のステージにも

到達できていない、ただそれだけのこと。

適応力や能力を変えるのは難しいから・・・アタシに与えられたほかの能力でそれを補うしかないじゃない。

そうして、アタシはアタシの体力をつけるんだ。

自分で自分と・・・将来パートナーになる人を幸せにするくらいの体力を。

男の人に幸せにしてもらえたらこんなに嬉しいことはないけれど。

一人がそう思うよりも、二人がお互い、そう思い合える方が幸せの量、多そうじゃない^^?

ダブルインカムみたいに。ダブルハッピー目指すんだ☆

 

・・・って、まだ正式に結婚決まったのかどーかわからないんだけどね。

言ってくれないから^^;

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 魔法の水 | トップ | だめだ。。。 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2013-04-26 22:41:43
まあそう固くは考えず、軽く行こうー
だれかが君をみてるよー
Re:Unknown (☆妙齢乙女☆)
2013-04-27 00:47:54
あたたかい、励ましのお言葉ありがとうございます☆
とても、嬉しいです。
…誰かが見てくれているか、見ていたとしても魅力的と捉えてくれているか、は大いに疑問ですがf(^_^;
なにせ成功体験がないので。。。
もっと…軽快にサクサクと人生歩けたら、どんなに良いだろう、って考えてしまいます。
頑張って…体質改善したいと思います。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事