妙齢乙女の純情つれづれ

妙齢って本当は若いお嬢さん。身も心も乙女☆で純情一直線な…でも微妙なお年頃のアタクシが“恋愛・結婚”について思うコト。

聖女or悪女

2017-11-06 11:06:37 | 日記
嫌な夢を見た。

昨日、あんなことを思い、彼のことは気にならない、なんて豪語したけれど。
心のどこかに、まだ不安を感じ、彼に執着する自分が隠れているのだろう。
精神を解き放つ睡眠時に、それがむくむくと起きてきたのだろう。

彼が他の人といる。
彼が他の人と結婚していた。
そんな感じだ。
未来ではなく、いままで騙されていた、という夢。
怒りとショックで…彼のこと、突き飛ばした気がする(笑)。
…まあ、今日はさておき。
私が堕ちた当時、独身であることは確実なので完全に不安が見せる夢なのだけれど。

それを悔しく、悲しく思う時点で、私はまだ彼が好きで、執着しているのだ、と感じる。
『ひどい』
と思う時点で、負けだ。
そんなことでは、いまの彼との関係も間違っているし、今後も苦しみ続けることになる。
きっと、本当にどうでもよくなった時に、次のステージがあると思う。
だけれども。
きっと、その時は、もうテンション下がっちゃうんじゃないかな(笑)…
昔、欲しかったものを安価で仕入れた喜びに浸れる人と。
欲しいものを探し歩いて、とにかく手に入れることに喜びを感じる人と。
いろいろ、いる。
だから、恋愛にも公式はひとつではないはずだ。

聖女でいられる、圧倒的な求心力か。
何物にも心を動かさず、手玉にとってコロコロ転がせる悪女力。
いずれかを私にお授けください。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 電撃結婚縁。 | トップ | Mariage »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事