いぬねこのおさんぽ~御意見無用!天下御免ね♪

『グルメ』『お酒』『音楽』『旅行』なブログ♪

西京漬け専門店 魚き食堂@高円寺

2018年05月31日 | ⇒和食/洋食

丸の内線新高円寺駅そばに店を構える西京漬け専門店魚き食堂うおきしょくどう)に行ってみた。



厨房に面したカウンター席のみの小さなお店。
一歩足を踏み入れると、食欲そそるいい香りが充満している。

高円寺という場所柄か、意外なことに、魚メインの食堂なのに先客の顔ぶれは20代と思しき若者ばかり。
しかも常連客も多く、最近の若者は恋愛だけじゃなく、食事も肉食じゃないのねと思ったり・・・。



定食メニューは銀だら、銀ムツ、カレイ、銀しゃけといった魚だけでなく、鶏肉もあり。



また、西京漬け専門店ではあるけれど、醤油漬け、塩焼き、一夜干しなんかもあったりバリエーションあり。



また、単品で注文も可能かつ、持ち帰り用の販売もしているようだ。



アレコレ食べたい派には嬉しい3種盛り定食というメニューもあったが、
盛合せ内容はFIXなので、今回は定食プラス単品で注文することに。




銀だら西京漬け定食:1250円


香ばしい焼き色のついた西京漬けはタイマーではなく、店主が目と感覚で見極めて焼かれたもの。
皮がパリッとした食感でうまいんだ。



身はそれに反してしっとりジューシー。
なんと言っても、厚みがあるので、ヒトクチでたっぷり頬ばれるのが贅沢感もあり嬉しい。

あっさりとした漬け具合ではあるが、これはこれでごはんによく合う。



そんなごはんは少し硬めでシャキッとした食感。
茶碗につがれる前に、量をどれぐらいにするか尋ねられる。


定食には小鉢の他に惣菜2品と漬物、味噌汁がつくのだが、これまたきちんと仕事がされている。
この日の小鉢は糸こんにゃくとたらこをごま油で軽く炒めた(和えた?)ものに大葉がまぶされているのだが、
これは家でも真似したい。



ひじきはお惣菜屋的なちょっとだけ濃いめの味つけではあったが、玉子焼きは手作り感あり好きな味であった。



味噌汁も鰹の出汁の香り広がり具だくさんかつ麩だくさんでおいしい。
ちなみに、店主は味噌汁も煮詰まらないよう味の確認をちゃんとしている。

「魚がうまい店は100%味噌汁もうまい」ととある有名食べ歩きサラリーマンGが呟いていたが、確かに。




銀ムツ西京漬け定食:1480円


銀だらに比べ脂が控えめで、味が染みこみやすいのか、漬け度合は高くなっている。(濃いわけではない)
銀ムツは身にハリがあり。



個人的には銀だら好きではあるけれど、魚きの西京漬けに関して言えば、この日は銀ムツのほうが好みであった。
ただ、好みの問題とは言え、どちらも甲乙つけ難し。どっちもおいしいw。




鶏モモ肉の旨辛味噌漬け:450円


こちらは麹というか粕の香りがしっかりと広がる。
味もしっかりと染みこみ、ピリ辛具合がちょうどよく、これはご飯ススムわ。お酒の肴でもいいな。



この店目当てで足を運んではみたものの、一瞬通り過ぎそうになったはものの、
店からの雰囲気なのか、扉が開いていたからか、入りやすい雰囲気あり。

どこか高円寺らしいフレンドリーさあるフレッシュな接客もまた好印象な店であった。

西京漬け専門店 魚き食堂
住所:東京都杉並区高円寺南2-7-2



【記事:いぬ♀】

コメント

立ち呑み大衆酒場 待夢@西葛西

2018年05月30日 | ⇒居酒屋/立ち飲み/お酒

東京メトロ東西線の西葛西下車、徒歩すぐの立ち呑み大衆酒場 待夢(たいむ)に行ってみた。



店内はコの字カウンターは立ちなのに、イス付きのテーブル6席、完全座りテーブル席が2席と何気に広い。



この日、入店が平日5時前であったので、客もまばらではあったが、5時をまわると徐々に訪れてくる。



メニューは豊富。料理は300円か200円が多い。
料理は税別価格の文字が大きく、その下に小さく税込は書いてあるので注意。



値段もまぁリーズナブルではあるかな。



先払い制なので、アルミの器にお金入れておく。



ホッピーセット(黒):300円、自家製もつ煮:200円



煮込みは、しょっぱからず、いい塩梅の味付け。もつの量がやたら多い。



鮪刺:300円



水っぽさなくほどよく脂ありでうまい。



大葉もわかめもつまみとしていける。
大葉なんか香り強くていいね。



この日は喉を潤す程度だったのでこれで締めたが、メニューを見た限りではまた訪れたいなと思わされた。



西葛西駅から近く年中無休で14時からやってるから、ちょい飲み利用には重宝されるな。




東京都江戸川区西葛西5-1-5

コメント

生クリーム専門店ミルク@渋谷

2018年05月29日 | ⇒スイーツ/カフェ

いつの頃からだろう。
ケーキやパフェは食べるけど、生クリーム自体は、正直、率先して食べたいと思える存在ではなくなった。
でも、その概念を覆すんじゃないかと思えるソフトクリームに出会ってしまった。


生クリーム専門店milkミルク


SNSなどで話題になっていて、この店の存在は知ってはいたけれど、先に記したと通り生クリームに興味がないので
わざわざ行列に並んでまで食べようという気分にはならなかった店の一つ。

この日、たまたまマルイ渋谷店の前を通りがかると、時間帯が遅かったせいか行列がほぼなかったので、
どんなもんかちょっと試してみることに。



ミルクのマルイ渋谷店は2018年4月29日にオープンしたばかりで、他店舗に先駆け、
生クリームを使用した濃厚生ソフトクリームというメニューを販売。



生クリーム専門店なら、生クリームを使ったものを頼むでしょ!?
ってことで生クリーム使用濃厚生ソフトクリームを注文。



同じソフトクリームのミルキー生クリームと食べ比べようかと思ったが、
先に注文している人のソフトクリームをみるとそれなりのボリュームで、
価格もお試しするにはそれなりなので、今回は2人で1個食べてみることに。


生クリーム使用濃厚生ソフトクリーム:500円


まぁイマドキなインスタ映えするソフトクリーム。
ふと、広尾にあるメルティングインザマウスを思い出す。

メルティングインザマウスは個人的には全然ピンとこなかったのだが、
ここはヒトクチ目から驚いた!



なんと言っても、軽いクチどけ感。
それでいて、牧場で食べるソフトクリームのような濃厚感(※)。



※濃厚と言っても、所謂思い描く生クリームの重さはなく、ミルク感が強いのだ。
甘さもスッキリで後味にべたつき感が残らない。



今まで牧場含めいろいろソフトクリームは食べてきたけれど、
牧場で食べるソフトクリーム以上にミルク感がしっかりと感じられる満足度の高いソフトクリームであった。



気温が高くなるとまた印象は変わるだろうが、少なくとも、今最もソフトクリームがおいしい季節かもしれない。

生クリーム専門店ミルク
住所:東京都渋谷区神南1-22-6 渋谷マルイ 1F


【記事:いぬ♀】

コメント

【第15回 東京グランメゾン チャリティーカレー】×シェ・イノ

2018年05月28日 | ⇒カレー/エスニック

2018年5月27日(日)10:50頃~各店なくなり次第終了
東京を代表するグランメゾン3店舗(アピシウス@有楽町、シェ・イノ@京橋、銀座レカン@銀座)にて
第15回東京グランメゾン チャリティカレーが開催された。



このイベントは被災地復興支援ということで開催されているもので、なかなか気軽に足を踏み入れる機会のないフレンチの名店に
ドレスコードなどを気にすることなく、各店舗オリジナルのカレーを1000円で味わうことができるイベント。



今年はアピシウス及び銀座レカンは整理券を配布するという形をとっており、
まずは、リニューアルオープンした銀座レカン狙いで考えていたのだが、同じ考えをする人が多かったのか、
10時の時点で予定の300食分の整理券の配布が終了というTwitter情報が舞い込む。

出遅れてしまったようなので、整理券配布のないシェ・イノへ向かう。



訪れる時間としてはいつもと似たような時間だと思うのだが、天気がよいからか、列は前回よりも大幅に伸びている。



並び初めて100分後、漸く店内へ。



今年も古賀シェフがお出迎えしてくれる。



案内された席から半透明のガラス越しに厨房内が見えたのだが、たくさんの若いシェフたちが作業をしている。



今回のシェ・イノのカレーは『クネル(魚介、鶏を使ったムース)を添えた海老のフォンカレー』。
マッシュポテトと玉ねぎの酢漬けが添えられている。



メニュー名を見た時、まったくもってどんなカレーなのか想像がつかなかったので、食べるのが非常に楽しみであった。



ルーは海老の香りが上品に広がり、まるで一からルーを作り込んだようなおいしさ。
ライスがもっちりとしている。



そして、もはやカレーの具としてはかなり斬新なオムレツのようにも見えるクネル(魚介と鶏肉を使ったムース)。
これが食べて衝撃!



フワッとエアリーなクチどけのクネルはまさしくこれぞフレンチのカレーとでも言おうか。
カレーの具として食べるのではなく、それだけを一品料理として食べたい完成度。

実際、あまりにおいしく、ライスとは合わせずに食べてしまったほどだが、
ルー自体完成度が高いので、具ナシカレーでも満足度は高い。



今まで何度かこのチャリティーイベントに参加し、各店舗のいろいろなオリジナルカレーを食べたけど、
今回のシェ・イノのカレーはNo.1な、フレンチを感じるおいしいカレーであった。



シェ・イノの店を出る頃には、アピシウスの整理券配布も終了してしまっていたのだが、
14時~15時の入店は整理券不要で、整理券なしで先着順に案内するとのことだったので、ダメモトで、銀座レカンに足を運ぶ。



店への案内をしていたスタッフに状況を確認してみると、整理券は用意している300食分を配布しているので、
整理券をもらった人が来店しなければ、整理券なしで食べることはできるが、保証はできないとのこと。

もともと銀座レカンは多店舗よりも用意が少なかったので、600食分を用意しているアピシウスへ向かうも
ここもあえなく撃沈。



整理券の配布は待ち時間の有効活用ができ、非常に良いと思うが、思った以上にみんなの出足が早く、
今回はまさかの一店舗にて、いぬねこのチャリティー活動は終了してしまった。。。



不完全燃焼感は否めないが、今回のシェ・イノの絶品フレンチカレーが食べられたことは
いぬねこの気持ちの中ではあるが、せめてもの救いか笑。

次回はもっとチャリティーに貢献できるよう行動しなければだな。。

コメント

大黒摩季 / いちばん近くにいてね

2018年05月27日 | ⇒音楽



95年5月リリースの曲。
夏前にリリースだが、サンバ調のアレンジが初夏を思わせる。



コメント