いぬねこのおさんぽ~御意見無用!天下御免ね♪

『グルメ』『お酒』『音楽』『旅行』なブログ♪

ちばき屋@葛西

2017年08月31日 | ⇒ラーメン

夜遅くにラーメン、それもこってりではなくて、あっさりした支那そばが食べたくなったので、
ちょっとちばき屋@葛西に行ってみた。



何年ぶりかに訪れたが、相変わらず客足は途切れることはない繁盛店。



メニューは至ってシンプル。



支那そば(右:醤油味、左:塩味):@730円



醤油味は、見た目は海の家のラーメン的な実にシンプルな醤油ラーメン。
こういうの、すごい好み。



まずヒトクチスープを味わう。
以前食べてから随分と年月が経っているからか、味を忘れていたらしい。
久々に飲むスープは、海の家のラーメンとは全く異なるやさしい味。


少し甘めな醤油スープはほんのり生姜が効いている。
いかにも魚介の出汁が効いている!というほどの香りは放ってはいないのだが、
穏やかに、そして密かに、貝でも使っているのか?と思うような味を舌に感じる。



麺はいかにも支那そばの細いストレート麺ではなく、それこそ海の家的な黄色い縮れ麺。
スープとはよく絡む。




トッピングは海苔、メンマ、カイワレ大根、チャーシュー。
スープの中にネギのみじん切り。
チャーシューはしっとりやわらかでほんのりと下味も感じられる。



半熟煮玉子は入っていない…、あ、頼むの忘れてたわ。
しかもラーメンに半熟煮玉子というスタイルはこの店発祥だったんだということを思いだし、追加注文。



下味は濃すぎず薄すぎず、絶妙。
スープの味とも喧嘩しない。



次は塩味。



まずはスープをヒトクチ。
ん?醤油と大差がない。



甘さはないものの、大きな差が一口目ではよくわからない。
しかし、何口か進むうちに、塩のほうがより出汁の香りが感じられる。



塩ラーメンでありがちな角がなくまろやか。
夏場は醤油よりむしろ塩がいいかもしれない。



なんだろう、スープを飲んでいても不思議と罪悪感がない。
重くもない。これはいいな。



10時近くにジャンジャンお客がやってくる。
うん、これなら翌日胃もたれすることもないだろう。
久々に食べたけど、やっぱうまいや。





住 所:東京都江戸川区東葛西6-15-2
営 業:定休日なし月~金11:30~14:45 17:00~23:00 土11:30~23:00 日・祝11:30~22:45
最 寄:東京メトロ東西線下車 徒歩5分

コメント

ホームワークス広尾店

2017年08月30日 | ⇒パン/バーガー/カフェ

創業32年、日本で最初のグルメハンバーガー& サンドウィッチレストランというHomework'sホームワークス)。
広尾商店街の突き当りに店を構えている。



一面ガラス張りということもあり、以前この界隈をおさんぽした際に、その雰囲気の良さがちょっと気になっていた。
今回、B.L.T.サンドが食べたくて、どんなもんか行ってみた。



ウッディな店内は小さな厨房に面してカウンター席があり、その他丸テーブルが配置されている。



少し遅めのランチタイムの顔ぶれはご近所に住む家族連れが多く、中には欧米人のご家族も。



サンドウィッチ目当てで足を運んだが、どちらかと言うと、ハンバーガーオシな感じがしたので、
サンドウィッチとハンバーガーそれぞれ一つずつ注文することに。



ハンバーガーはサイズが3種類。
ハンバーガーもサンドウィッチもバンズをホワイトかホールウィート(全粒粉)かを選べ、
また、ソースもタルタルかトーフソースを選ぶことができる。



まずはこれで喉を潤す。



ハンバーガーもサンドウィッチもプラス100円でフレンチフライがつけられるとのことなので、一つ注文。

ビールのつまみ用にしてくれたのか、先に運ばれる。




ベーコンバーガー+アボカド:1350円+200円 / B.L.T.サンド:1000円


ハンバーガーはバンズがクラウンとヒール、それぞれに具材が乗った状態で運ばれる。
バンズはホワイトを選択。



鮮度の良いレタスがたっぷりでトマトも瑞々しい。
コレ、そこそこの値段の店なら当たり前と思っていたけど、できてない店もあるんだよねー。。。



パティはほどよく厚みあり、いかにも牛肉100%という感じのものでジューシーさはないが、
野菜が合わさることでパサつき感はない。



バンズを併せてみると、すごい高さだ。
どうやって食べるんだ!?という感じではあるが、クラウンをギュ――――っと押し込むと、食べやすいサイズに。



ハンバーガーにタルタルソースだけというのはおそらく初めてだが、さっぱりとした味わいで野菜との相性もよく、
ベーコンも妙に塩分の濃いものだったりしないので、ハンバーガーなのにヘルシーな印象に。
物足りない人はケチャップを少し足してもいいかもしれない。



レストランなのでフォークとナイフなのかもしれないが、ペーパーに包んでガッツリ食べたらさらにおいしさ倍増しそうだけどな。

B.L.T.サンドはパンはホールウィートにし、トーストしてもらう。



これまたシャキシャキレタスとベーコンの塩気とタルタルソースのバランスよし。
パンをトーストしたことで、サクッと感も出てそれがまたうまい。



ハンバーガーもサンドウィッチもどちらも特別何って感じのものはないのだけれども、
野菜のおいしさが活きているのか、フツーなのになんだかおいしい。



このフツーにおいしいこそが長年愛される理由の一つなんだろうな。

余談だが、8/14(月)〜9/6(水)の間、店舗改装工事お休みで、リニューアルオープンは9/7(木)とのこと。

ホームワークス
住所:東京都渋谷区広尾5-1-20

【記事:いぬ♀】

コメント

フレンチバル コウゾウ@人形町

2017年08月29日 | ⇒居酒屋/立ち飲み/お酒

人形町界隈で夜、ひとり飯ができる店がないかなとプラプラしていたら、
日本橋小学校の並びに、なんかよさげな店発見!

FRENCH BAR KOUZO(フレンチバル コウゾウ)


一軒家バルで、1階は厨房とカウンター席。
今回は1人ということもあってか、カウンター席へ案内される。



店の外にあったメニューでなんとなく価格帯は確認済みであったが、ドリンク含めリーズナブルな値段設定。
ワインは400円台~用意あり、イタリア、チリ、南アフリカ、オーストラリア、フランスなど様々。



写真を撮り忘れたのだが、スパークリングワインも600円で白とロゼがある。
余談だが、レシートに自家製スパークリングワインと記載されていた。自家製なんだ?!

こちらはチリ産ワイン。ちょっと多めにサービスしてくれた。:500円



お通し写真もないが、お通しは薄切りのカラカラに乾燥させたバゲットの上にクリームチーズが塗られ、
ミックスシーズニング的なものがかけられたもの。

前菜盛り合わせ:1200円


注文時、苦手なものがないか尋ねてくれる。
今回は帆立のエスカベッシュ、ラタトウィユ、鴨のローストとオリーブの盛り合わせ。

帆立のエスカベッシュは夏向き仕様か、結構しっかり目にマリネされ酸味が効いている。
さっぱりとしてイヤじゃないw。



ラタトゥイユは前菜メニューの中でも気になっていたので嬉しい。
コレはハズレナイな、おいしい。



鴨のローストはちょっと市販のものっぽい感じ。



こちらのお店、ガレットとコンフィが名物らしいのだが、店の窓に牛タンシチューも名物的な記載があったので、
牛タンシチューにしてみる。




牛タンシチュー:1500円 / バゲット:150円


いい香り。
デミグラスソースはタンの厚みに合わせたのか、結構味濃く、バゲットよりもライスに合わせたい感じで、
シチューなのに全部飲みきれなかった。



牛タンはやわらか。



牛タンシチューにはマッシュポテトが添えられているのだが、なんていうか、独特な香りが苦手。
違うとは思うが、フレークのマッシュポテト?というような香りに感じた。



単価も低めな設定なので業務用のものを使ったり、作り置きを利用するのはもちろんアリだけど、
お客の前でレンチンはガッカリしちゃう。
それをするならオープンキッチンではなく、奥でやっていてほしかったな。

1人でも気軽に入れる雰囲気があり、接客も気が効いているだけに、これは本当に残念。


フレンチバルコウゾウ
住所:東京都中央区日本橋人形町1-1-16


【記事:いぬ♀】

コメント

カフェ&ダイニング SATSUKI@ホテルニューオータニ

2017年08月28日 | ⇒スイーツ/カフェ

ホテルニューオータニ1階にあるカフェ&ダイニング SATSUKIサツキ)でティータイム。
店内はまぁいろいろなお客さんがいるのだが、席間は比較的ゆったりめに取られているので、
窮屈感はなく、さほど隣は気にならないが、静かな感じではない。



こちらのお店では同ホテル内にあるパティスリーSATSUKIで人気のスーパーデザートシリーズを注文することもできる。



また、ピエール・エルメ・パリのオリジナルデザートもあり、
今回は以前食べておいしかったスーパー黒豆かん(記事こちら)とピエール・エルメ・パリのデザートを注文。




海老原ファームのフレッシュハーブティー”癒”:1200円


お好みでハチミツをどうぞということで、小さなハチミツの瓶も添えられる。
フレッシュなレモングラス、カモミール、タイム、ペパーミント、スペアミントが入ったハーブティーは香り華やか。
お湯がなくなると、お湯の追加はどうですかとお伺いをしてくれるのはさすがホテルといったところか。




スーパー黒豆かん:1100円


丹波産の黒豆を5日間煮込んだというこちらの黒豆。
ふっくらとシワひとつない黒豆はやわらかで、クチの中で溶ける。



そしてその黒豆のやわらかさを邪魔しないとろとろの寒天。



コクのある黒蜜はたっぷりかけてもしつこさなく、スーパーと名乗るにふさわしい黒豆かん。
詳しいことはこちらに記載しているが、やっぱりおいしい!



この日、お隣のパティスリーサツキではこのスーパー黒豆かんだけが売り切れていたが、
これは食べる価値あり。


10時間蒸したリンゴ、グレープフルーツ、フロマージュブランのソルベ by ピエール・エルメ・パリ:2000円


なんともかわいらしいデザート。一皿でいろいろな食感を楽しめる。

10時間蒸したというリンゴはトロトロでほどよい甘さと酸味があり、
ポテトチップスのように飾られたリンゴチップスは薄くパリパリでこれまた甘さの中にほどよい酸味。



リンゴのトロトロ食感に相対して、クランブルはサクサク。
中に隠れたフロマージュブランのソルベもさっぱりとほどよい酸味があり、夏にぴったりなデザート。



帰りにパティスリーサツキでパンでも買って帰ろうかな~と立ち寄ったけど、
あんぱん(栗入り)1個900円に怯んだw
大きさは普通の2個分はありそうだったけど・・・。いつかチャレンジw?!

SATSUKI
住所:東京都千代田区紀尾井町4-1 ホテルニューオータニ


【記事:いぬ♀】

コメント

サマーデイズ / ケツメイシ

2017年08月27日 | ⇒音楽

2007/08/29リリース アルバム『ケツノポリス5』収録

今年は夏っぽくなかったなぁ。

今ごろになって、蒸し暑くなりやがって。


コメント