いぬねこのおさんぽ~御意見無用!天下御免ね♪

『グルメ』『お酒』『音楽』『旅行』なブログ♪

きしめん住よし@JR名古屋駅新幹線ホーム ~おさんぽin名古屋(1)~

2015年07月31日 | ⇒名古屋・静岡 おさんぽ

雨天決行!ついに行ってみた!
いぬねこ的グルメタウンの聖地!名古屋!
個性的文化の発信地だけに憧れの街なのだ!



梅雨は空けたはずなのに生憎な天気の名古屋ではあったけど、「いりゃ~せ名古屋!」って、何かのキャッチフレーズ通り、
アサイチの新幹線のぞみに乗って、ちょっくら日帰りでおさんぽしてみた。



今回のおさんぽの目的の一つは名古屋グルメ(通称:名古屋めし)を堪能すること。
と言うわけで、まずは朝メシがてら、サラリーマンに絶対的な人気を誇る『きしめん住よし』に立ち寄る。



駅のホームと言えば立ち食いそばor立ち食いうどんというのが一般的だが、ここはオリジナリティ高い名古屋。
きしめん一本勝負!



きしめん一本勝負とは言え、メニューはかなり豊富。
そんじょそこらの立ち食い店とは違うのだ。
値段だって500円オーバーが半分以上占めている。



L字型カウンターの小さな店舗はサラリーマンはもちろんのこと、学生や女性おひとり様の姿も。



たっぷりのかつおぶしが乗った丼がすぐさま登場。

きつねきしめん:420円 / かき揚げ(玉子入り)きしめん:570円


きしめん住よしの名物はかき揚げ(玉子入り)きしめん。
立ち食いそば屋ではもっぱら天玉(天ぷら+生卵)を注文するねこ♂にとっては食べ比べにちょうど好都合。



汁の色は少し濃いめではあるが、案外味は薄め。
しかし、たっぷりのかつお節により、かつおの香りがしっかりと広がり、それが出汁となり味にプラスされ、物足りなさを感じさせない。



きしめんと言うと、ペラペラとした平べったい麺という印象があったが、住よしのきしめんは少し厚みがあり、
立ち食いにしては悪くない。

 

玉子は生卵ではなく温玉。東京では生卵が主流なだけに意外な感じがする。
これは地域性?それともここの店オリジナル?



かき揚げはしっとり系。
そしてこれもさすが名古屋といったところか?海老がたっぷり。しかも、サイズも小さすぎず、存在感あり。



ちなみにきつねきしめんの揚げは薄く、サイズも小さく、味付けは少し甘め。



住よしのきしめんは、上に乗せられたたっぷりのかつお節に勝負あり。
このかつお節により風味がよくなり、まるで手間がかけられた一杯のように感じさせてくれる。



さ、朝のエネルギーチャージしたところで、次の場所へ行こまい!



コメント

コーヒービーン&ティーリーフ@日本橋

2015年07月30日 | ⇒スイーツ/カフェ

スペシャルティコーヒーチェーン、The Coffee Bean & Tea Leafコーヒービーン&ティーリーフ)。

ここはロサンゼルスを本拠地とする、アメリカ最古のスペシャルティコーヒーのチェーン店とのことで、
2015年5月、日本第1号店として、再開発著しい日本橋にオープン。



ここは自家焙煎のコーヒーのみならず紅茶メニューがラテ含め充実しているので、コーヒー派でなくとも楽しめ、
スタバに飽きた人にはメニューに目新しさがありそう。



店内は現代のアメリカンポップがガンガン流れる。



まずは席を確保し、その後カウンターで注文。



カウンターにはちょっとしたスイーツや軽食も用意されている。

 

今回はトロピカルパッションなるフレーバーティーを注文すると、「甘いですよ」と断りが入る。
こういう一言は嬉しいものだ。甘くないものを飲みたくないのに甘いものが出てくると、どうにもできないからね。




トロピカルパッションティーラテ(S):430円


甘いと言われたが、飲んでみると甘ったるいと言うことはなく、ちょっと疲れた時にホッとできそうな甘さ。
アプリコット的な香りがまたいい。


バニララテ(S):440円


クリームこんもりで甘さはあるが、コーヒーの香りはしっかりと広がり、重くない。
また、氷が入っていないので、最後まで薄まらないのは嬉しい。



日本橋はかつてスタバやイリーなどあるにはあったがなくなってしまい、こういう気軽に入れる店がほぼなく、
また、ここはコーヒーのみらなず紅茶にも力を入れているので、場所的にも老若男女問わず、使い勝手の良い店になりそうである。



しかし、なんだかやたら勉強組の若いのが目についたが、隣との席間も場所によっては狭く、音楽も大音量で流れていて、
席探しをしている客がウロウロしている中、よく集中できるよな。
ここじゃなきゃ勉強ダメなのかね。どうにも、そういう自分に酔ってるとしか思えないんだけど。


コーヒービーン&ティーリーフ 日本橋1丁目店
住所:東京都中央区 日本橋1-3-13


【記事:いぬ♀】 

コメント

TACO RiCO@赤坂 ~東京タコス祭(3)~

2015年07月29日 | ⇒パン/バーガー/カフェ

『東京タコス祭(※)』3軒目に足を運んだのは、2015年4月8日、アークヒルズ内にオープンした、TACO RiCO(タコリッコ)。

※『東京タコス祭』はいぬねこがタコスとブリトーにどっぷりはまってみようということで、勝手wにサブタイトルに付けただけなので、
実際にそんなイベントは開催されていないのでお間違いのないよう。。。



エスカレーターで店舗のある2階へ向かうと、異国感あるスパイシーな香りが漂う。

店内入ると左手側に注文カウンター。



メニューはメキシカンタコスとブリトー及びブリトーボウルを柱としている。
トッピングをしない場合、例えばタコスの皮(トルティーヤ)がハードorソフトとか、チーズorサワークリームとかと言った、
特に客側の選択肢はなく、せいぜい辛さ度合を確認される程度である。



こちら、いろいろとこだわりがあるようで、唐辛子はメキシコ産のものを何種類も調合したり、
トルティーヤも自家製で、「うちほどこだわっている店はそうそうない」とのこと。
ちなみに、朝7時に出勤し作っているんだそうだ。



タコス専門店の厨房なんて、店内すぐの場所にあるカウンターでも十分こなせそうな気がしただけに、
イートインスペースの奥にある結構広々とした立派な厨房に驚いたが、その大きさもこだわり故か。



ビールはメキシカンビールのコロナ、テカテ、ソルの3種類。各600円



今回もタコスとブリトーをそれぞれ注文したのだが、タコスに関しては、
2個でも3個でもメイン食材は1種類しか選べず、今回はカーニタス(ポーク)にする。



作る側としては同じ種類のほうが好都合であろうが、
違う種類の組み合わせができたほうが、食べる側としては嬉しいのだが。


メキシカンタコス(2pcs):700円 / ブリトー:800円


アルミホイルの上に乗ったタコスは名古屋のたません的(って、たません食べたことないけどw)。



まず、ポークのみをつまんでみると、スパイスが多用され、実に奥深い味わいで、これをつまみにビールなんてのもアリな味。



パペルというオリジナルのラッピングペーパーにタコスを入れて食べる。
これを使えば、野菜がボロボロ下にこぼれないので、手も汚さずにすむ。



コーン100%で出来たトルティーヤは香りよく、全体の味のバランスもよく、こだわりの唐辛子もイイ感じに効き、
タコス祭も3軒目ともなるとすでにお腹いっぱいではあったが、コンパクト加減も手伝い、スルスルとお腹の中へ。



ブリトーのメイン食材はグリルチキン。
皮の焼き目が香ばしいチキンとスパイス、野菜、米、豆が一体化し、パクチーがアクセントに。(個人的にはパクチーがもっと入っていてほしいけど)



こだわりの皮はこれまた食感よし。



グズマン イー ゴメズ(記事こちら)に比べ、米の量が控えめな分、野菜もチキンもたっぷりで、
罪悪感なくペロリと平らげちゃうおいしさ。

 

ここの店長及び店員は、この日客が少なかったこともあるのだが、フレンドリーにグイグイ話しかけてきて、
いろいろと店のアピールをしてくるのだが、なんだかそれが海外の店にでも来たような気分にw。 

ま、それはともかく、タコスもブリトーもただのファストフードと思っていたけれど、こだわればこだわるほどファストフードの域を超え、
しかも、食べ続けても案外飽きない食べ物なんだな。

TACO RiCO
住所:東京都港区赤坂1-12-32 アーク森ビル 2F

東京タコス祭 ~ブリトーが予想外にうまいんだ~ その他記事
 グズマン・イー・ゴメズ@神宮前こちら
 タコベル@渋谷こちら
  

コメント

街並み@祇園新橋 ~おさんぽin京都2015(13)~

2015年07月28日 | ⇒京都・滋賀・兵庫 おさんぽ

観光客にとって京都らしさを感じるスポットの一つが花街。
wikiによると京都には6つの花街があり、それぞれに紋章があるとのこと。

日本のみならず世界的にも有名な祇園(ぎおん)の紋章はつなぎ団子と呼ばれるもので、お茶屋の軒下などに掲げられている。



祇園と一言で言ってもエリアは広く、個人的にココ、祇園新橋の雰囲気が好きだ。



ちょうど訪れた時間帯は逆光だったため写真はあまり撮らなかったが、
祇園四条や先斗町のように観光客でごった返すことなく、静かで風情が感じられる。



石畳に紅殻格子(べんがらごうし)と犬矢来(いぬやらい)。
例えそれ自体古い建物でなくとも町全体で一体化し、観光客が求めている京都らしさがある。



そして、流れの速い白川の音がまた心地よし。



祇園新橋を流れる白川沿いにはいかにも素敵なお店が軒を連ねている。
その中の一軒、「お茶屋」の札が掛けられたこちらの『Le Sarment D’or』というフレンチのお店、気になるなぁ。
つい京都と言うと日本料理と考えてしまうが、あえての日本家屋でのフレンチ、いいなぁ。( ..)φメモメモ

 

そんないぬねこを尻目にw、一匹の大きなアオサギ(?)が『広東御料理竹香』の店の前に佇む。
その姿はまるで「ごめんください」とでも言いたげ。

 

しかし、店はちょうどアイドリングタイムで反応なし。
アオサギは店の様子を外から伺ったりしてみる。

その姿はまるで人間。笑えるw

 

このアオサギの行動、見ていてはキリがなさそうと対面へと移動。
川の流れとは対照的にの~んびりと泳ぐ真鴨の姿。 



あ、実はこの川結構浅いのね。
鴨の短い足でもついちゃうのねw。



やっぱり気になるあのアオサギ、結局どうしたのか気になり戻ってみると、
まるでオブジェのように澄ました顔して塀に佇んでいるwww。



なんだろうね。元はここで舞子か芸妓でもしていたのかね。
凛としたその佇まいはアオサギということを忘れるほどw。 

 

日が暮れ、柳湯(後日UP)に向かいつつ、通り道だったので再度立ち寄ってみた。

 

昼とは違う、これまたいい雰囲気。
ロケーションが御馳走と言っても過言ではない場所の一つ。

 

だいたいの店は川と反対側に入口があるが、『料理旅館白梅』の場合、『料理旅館白梅』だけに架けられた橋があり、
ここを渡るだけで別世界へ行くかのようにテンションが上がりそうな造りである。



外から見てどの店もステキではあるが、中でも『割烹さか本』のカウンター席は群を抜いている。
いつか足を運んでみたい店の一つとなった。( ..)φメモメモ



高級店はもちろんいいけれど、こちらの『とり新』という焼鳥屋も気になるなと思いつつ角を曲がると、
『水だき鳥新』という、これまた味のある佇まいの同系列の店もあり、いやいやどちらも捨てがたい。



エリアとしては狭い祇園新橋。
しかし、街全体が醸し出す雰囲気のみならず、なんだかワクワクさせてくれる場所だ。

 
おさんぽin京都2015 その他記事
 サントリー山崎蒸留所周辺の町並み(前編1/2)こちら
 サントリー山崎蒸留所周辺の町並み(前編2/2)こちら
 サントリー山崎蒸留所その1(見学出発編)こちら
 サントリー山崎蒸留所その2(仕込・蒸留編)こちら
 サントリー山崎蒸留所その3(貯蔵編)こちら
 サントリー山崎蒸留所その4(試飲・ショップ編)こちら
 サントリー山崎蒸留所その5(ライブラリー編)こちら
 サントリー山崎蒸留所その6(テイスティング編)こちら
  サントリー山崎蒸留所その7(椎尾神社編)こちら 
 サントリー山崎蒸留所周辺の町並み(後編)こちら
 かぎ卯@山崎こちら 
 街並み@三条・東山こちら
 街並み@祇園新橋こちら
 ZEN CAFE@祇園四条こちら
 街並み@祇園こちら
 柳湯@三条こちら
 祇園おかだ@祇園こちら
 伏見稲荷大社@伏見区(前編)こちら
 伏見稲荷大社@伏見区(後編)こちら
 Vermillion@伏見稲荷こちら
 祢ざめ家@伏見稲荷前こちら
 東福寺三門こちら
 東福寺本坊庭園こちら
 東福寺通天橋・開山堂こちら
 上野酒店@伏見街道こちら
 西陣鳥岩楼@西陣こちら 
 大正製パン所@西陣こちら
 粟餅所澤屋@北野天満宮前こちら
 街並み@上七軒と老松の夏柑糖こちら
 北野天満宮と平野神社こちら
 フルーツパーラークリケット@平野こちら
 神馬@中立売通こちら
  京都土産 しぼり豆 伊右衛門サロンVS宝泉堂こちら 
 伊右衛門サロン@三条こちら

コメント

銀座ささ花

2015年07月27日 | ⇒和食/洋食

おいしい日本酒と旬の素材を使った京風料理が楽しめる銀座ささ花ぎんざささはな)。



この日はカウンター席へと案内される。



鱧や鮎などアラカルトメニューもなかなか魅力的ではあったが、今回はお酒よりも食事メインだったので、
会席料理のコース、吟を注文。


先付:山芋と長芋の合わせ


こちら、摩り下ろした山芋をゼリーで固めたもので、とろっとした舌触りの中に長芋のシャキシャキ食感がアクセント。
出汁の味もほどよく、これは家で作りたいし、唯一作れそうな一品。




前八寸


冬瓜を桂剥きし、焼きアナゴと一緒に煮含めたこちらは、
じゅわ~~~っとアナゴの香りを含んだおいしい出汁があふれ出てくる。

 

京都若狭で獲れる貴重なもずく。
もずくと言ってもハリがあり、めかぶのような食感で海藻のいい香りが広がる。

 

たこのやわらか煮は、やわらか、その一言に尽きるが、温かな状態だともっとやわらかなんだとか。



コハダ(?)、黄味餡、キュウリをヒトクチで。
さっぱりな中に黄味の濃厚さが加わり、キュウリのパリパリ食感が楽しい。

 

白バイガイは爪楊枝で身を食べた後、これで終了と思いきや、板長らしき人が「奥に肝がありますよ」と教えてくれる。
とは言われても、と、その肝の取り出しに手間取っていると、手を差し伸べてくれ、殻を割り肝を取り出してくれたのだが、
この肝のうまいこと。苦味はなくまるでカニ味噌のような濃厚さ。



今まで、この珍味を食べずして、身の部分だけで満足していたのかと思うと・・・。
いいこと教えてもらった。


椀物:穴子とおこわのあんかけ
 

ふわっとやわらかな穴子の下にはおこわ。
時折シャクシャクっとした食感がアクセントに。

 


刺身(盛り合せ):カレイ、イサキ、南マグロ
 

カレイのエンガワは小さいながらも存在感ありで、コリッとした歯ごたえで、濃厚な味わい。
イサキはそれ自体はさっぱりとしているが、皮目の香ばしさがおいしい。
南マグロ(インドマグロ)は香り高い。

 

焼物:うなぎのかば焼きと茄子の揚げびたし
 

うなぎの香ばしく、食欲そそる香りはやはりアナゴより好きだw。




碗物:じゅんさい


お出汁が上品でいいお味。じゅんさいも小粒。


煮物:ニシンと茄子の冷たい煮物
 

茄子はとても上品な味わいではあるが、ニシンの香りがふわりと広がり、食べた感を与える。


食事:じゃこごはん、みそ汁、漬物


自家製のちりめん山椒は余計なものが一切入っておらず、味付けもほどよいので、たぁっぷりとごはんの上に乗っている。
おいしかったので、お土産でも購入。(80g1000円)




甘味:甘酒ゼリー


個人的にコースの甘味は別になくてもいい派ではあるが、このゼリーはなかなかおいしかった。



銀座で和食と言うと、ある程度のクオリティを求めるとかなりお値段が張るイメージがあるが、
ここは敷居の高さを感じさせず、しかしカジュアルすぎないのがポイント高い。


銀座ささ花
住所:東京都中央区銀座1-4-9 第一田村ビル


【記事:いぬ♀】 

コメント