いぬねこのおさんぽ~御意見無用!天下御免ね♪

『グルメ』『お酒』『音楽』『旅行』なブログ♪

銭湯巡りその10 大黒湯@北千住

2009年12月31日 | ⇒銭湯

キング・オブ・銭湯と呼ばれる大黒湯@北千住は、一瞬、寺かと見まごうばかりの重厚な造りである。





正面中央には鳳凰の彫り物



その下に大黒天様の彫り物



そしてさらにその両脇には恵比寿様と大黒天様

      


大黒湯は1929年(昭和4年)創業で、現在は、一部アーティストのウエハラヨシハル氏によって、
より銭湯らしい銭湯にプロデュースされてる。


例えば、2番目の写真の青丸部分。それを拡大すると↓。

江戸時代、「弓を射る」を「湯入る」と読ませ、銭湯の看板にしていたいうことで、弓を飾ったり、


銭湯の入口に「ぬ」もしくは「わ」の看板を掲げ、営業中か終了かを知らせている。
 
「わ」に板で「わ(沸)いた(営業中)」
「ぬ」に板で「ぬ(抜)いた(終了)」


外観だけでも見ごたえのある建物だが、内部もかなり立派である。


ロビー式の番台で入浴料を払い、脱衣室へ入ると、格天井に描かれた104枚の花鳥風月に目を奪われる。



だいぶ色あせてはいるが、それがまたいい味になっている。


脱衣室にあるロッカーは女子は無料で使用できるのだが、男子は100円入れて後から戻る方式のものらしい。


男湯


富士山のペンキ絵は南伊豆からの景色で、平成14年4月に描かれたもの。



浴室は脱衣室同様に天井が高く清潔感があり、
男湯、女湯共にジェット浴座風呂、ジェット浴寝風呂、バイブラ気泡浴の他、
露天というほど露天ではないが、外の空気を感じる露天風呂まである。 サウナは有料(別途400円)




女湯

男湯の富士山のペンキ絵と比べると、ちょっと地味か。
こちら、徳島県、大歩危(おおぼけ)の風景。



大黒湯の湯温設定は比較的低めの42度。水風呂は18度。
ちょっと塩素の臭いがきつめ。(燕湯@上野御徒町ほどではないが)


大黒湯は脱衣所とは別に広めの休憩室があるので、湯上り後、ゆっくりと過ごすことができる。
 

畳敷きの休憩室では足を延ばして中庭を眺めることが出来る。


ウエハラヨシハル氏の作品、銭湯バーナナ犬も居場所なく佇んでいる。


煙突にもなんかいる。


と、こんな具合に新旧入り混じった、ちょっとアミューズメント性のある楽しい銭湯である。


大黒湯
住所:東京都足立区千住寿町32−6
電話:03-3881-3001


銭湯 その他記事
 銭湯巡りその1 金春湯@銀座こちら(2007年12月28日参照)
 銭湯巡りその2 銀座湯@銀座こちら(2008年9月30日参照)
 銭湯巡りその3 鷺沼温泉@習志野こちら(2008年10月27日参照)
 銭湯巡りその4 燕湯@上野御徒町こちら(2008年11月26日参照)
 銭湯巡りその5 熱海湯@神楽坂こちら(2008年12月26日参照)
 銭湯巡りその6 不動浴場@目黒こちら(2009年3月26日参照)
 銭湯巡りその7 恵比寿湯@茅ヶ崎こちら(2009年4月27日参照)
 銭湯巡りその8 常盤湯@清澄白河こちら(2009年10月26日参照)
 銭湯巡りその9 麻布黒美水温泉 竹の湯@麻布十番こちら(2009年11月26日参照)


2009年、『いぬねこのおさんぽ』ブログを見に来ていただいた皆様、ありがとうございました。
2010年もグルメ、お酒、音楽、旅行を中心にUPしていこうと思いますので、
また遊びにいらしてください。


【記事:いぬ♀】

コメント (6)

おさんぽin清澄白河⑪ 清洲橋

2009年12月30日 | ⇒東京 おさんぽ
隅田川の最下流に架かる橋から数えて5番目の橋が『清洲橋』(きよすばし)である。



以前、エントリーした『勝鬨橋(かちどきばし)』(2009年8月26日参照)と共に、
道路に架かる橋としては初めて『重要文化財』に指定された。



指定の理由は、『当時の最先端技術による昭和初期を代表する吊橋』とのこと。
昭和3年(1928年)3月に竣工したこの橋はドイツにあった大吊り橋をモデルとしている。



橋の塗装色はブルー。夜間になると写真のように淡い赤色のライトが転々と灯る。
その為、付近の橋の中ではかなり目立ち、目に付く橋である。



この橋の東側は、「江東区清澄(こうとうく きよすみ)」、
西側は「中央区日本橋中洲(ちゅうおうくにほんばし なかす)」という街。
お互いの「清」「洲」の一字をとって橋に名づけたという。



かつてTBS系ドラマ『男女7人夏物語』(1986年)のオープニングでこの橋が映されていた。



劇中の明石家さんまと大竹しのぶが、この橋を挟んだ場所に住んでいたからである。
ちなみに、その当時は橋の色はグレーっぽい色で、『男女7人秋物語』(1987年)では現在の色になっていたらしい。



大竹しのぶ演じる『桃子』が住んでいた場所はこの橋の東側で、
隅田川に合流している『小名木川』(おなぎがわ)に架かる『萬年橋』(まんねんばし)付近という設定。



その萬年橋から見る清洲橋もなかなかいいものである。



福山雅治、柴咲コウ主演の映画『容疑者Xの献身』では、堤真一の通勤ルートとして清洲橋が、
また、堤と松雪泰子の住むアパートが萬年橋のたもとにありたびたび登場するなど、なにげに需要がある場所らしい。

この萬年橋は、清洲橋と比べるとはるかに小さい。小名木川の川幅自体が狭いためである。



しかし、真っ白に電飾された様は小さいながらも迫力あるものである。



このように、隅田川と隅田川に合流する川に架かる橋はライトアップや電飾を施されるケースが多く、
下町の中に艶やかな彩(いろどり)を醸し出し、小粋な情緒を演出してくれる。


新たな『江戸情緒』だと思うんだな。

男女7人夏物語と、秋物語のOP動画。
読みつかれたら、橋休めにどうぞ(ププ!)。




と言うわけで、『おさんぽin清澄白河』は終了。 さ、次はどこへおさんぽ行こうかな。



おさんぽin清澄白河 その他記事
 【B級】実用洋食 七福@白河 こちら(2008年6月6日参照)
 【パン】ル・ビアン工場直営店@清澄 こちら(2009年10月1日参照)
 【マフィン】ババグーリ@清澄 こちら(2009年10月6日参照)
 【ベトナム】Cafe HAi@東京都現代美術館 こちら(2009年10月14日参照)
 【江戸文化】木場の角乗&深川の力持@木場公園 こちら(2009年10月19日参照)
 【江戸グルメ】深川めし本家 割烹みや古@常盤 こちら(2009年10月22日参照)
 【銭湯】常盤湯@常盤 こちら(2009年10月26日参照)
 【パン】元祖カレーパン カトレア@森下 こちら(2009年10月26日参照)
 【町】清澄長屋@清澄 こちら(2009年11月9日参照)
 【江戸グルメ】どぜう 伊せ喜@高橋 こちら(2009年11月12日参照)
 【居酒屋】魚三@常盤 こちら(2009年11月19日参照)
 【町】清澄庭園@清澄 こちら(2009年11月23日参照)


コメント (11)

おさんぽin三ノ輪⑧ 土手の伊勢屋の天丼

2009年12月29日 | ⇒B級グルメ
1889年(明治22年)創業、江戸前天丼が食べられる土手の伊勢屋(どてのいせや)。

その昔、吉原(よしわら)の遊郭があった場所に程近いところにその店はあるのだが、
昭和初期に建てられたという建物は非常に趣がある。

土手の伊勢屋の隣にはこれまた築80年以上の趣きある建物の「桜なべ中江」がある。


この日の待ち人3組。待ち時間約10分。回転率はよいようである。ただ昼時はもっと行列も長いようだ。


暖簾をくぐると、店内にはごま油の香りが漂っている。



薄暗い店内は狭く、テーブル席3席と座敷にテーブル2つのみである。



とにかく土手の伊勢屋の天丼のボリュームがすごいことで有名である。



でも、「活かきの天ぷら」という通常メニューにはない季節限定メニューも気になる。



というわけで。。。


活かきの天ぷら:@300円


で、でかい。 のっけからこれかい。
12センチはあろうかという大きさ。


衣でデフォルムされているわけではなく、牡蠣自体がでかい。
ジューシーでプリッとし、甘くて、うまい。
衣もカリカリっとして軽い。


天丼(ロ):1,900円 / お吸い物:150円


うは。あまりの素材の大きさに思わず笑ってしまう。
ボリュームがあるのは知ってはいたけれど、こんなにも丼から穴子がはみ出てるなんて。
海老もお頭がついていればきっと同じぐらいの大きさがあったのであろう。



生きたまま仕入れていると言う江戸前の穴子はほわっとやわらかで、溶けるぅぅ



イカのかき揚げもイカがやわらか



海老は香りよく、プリップリ。



天ぷらはどれもカラッと揚がっていて、思ったよりもごま油の香りは強くない
ちなみに使われているごま油はかどやの純正ごま油



かなりツユダク気味で、タレの色はかなり濃いが、味は見た目ほどのしょっぱさはなく、甘みもある

天ぷらもボリュームあるが、ごはんの量も多い。
なので、途中で完食できないのではないかという不安に陥る。


そんな時、吸い物をいただく。


うなぎ屋だって1個なのに、なんと肝2個入り。
上品な味付けで、三つ葉の香りもよく、さっぱりとするので、また食欲が戻ってくるのだ。

すべてを食べ終え、もちろん満腹になるのだが、もたれる感じは一切ない



雰囲気のある店で、がっつりとした天丼をいただく。
『おさんぽin三ノ輪』をしめくくるにはぴったりのお店であった。


土手の伊勢屋
住所:東京都台東区日本堤1-9-2
電話:03-3872-4866
天ぷらのお持ち帰りもできる。


おさんぽin三ノ輪 その他記事
 ①【商店街】ジョイフル三ノ輪 こちら(2009年12月2日)
 ②【蕎麦】砂場の蕎麦 こちら(2009年12月7日)
 ③【パン】元祖青木屋のジャンボパン こちら(2009年12月10日)
 ④【豆腐】大倉屋の豆腐 こちら(2009年12月11日)
 ⑤【パン】天然酵母パン むぎわらいこちら(2009年12月15日参照)
 ⑥【町】山谷こちら(2009年12月18日参照)
 ⑦【パン】キングステーブル ヒレカツサンドこちら(2009年12月22日参照)
 ⑧【天丼】土手の伊勢屋こちら(2009年12月30日参照)


【記事:いぬ♀】
コメント (9)

エコ加湿 ミスティガーデン

2009年12月28日 | ⇒動画/遊び/テケトー/その他
今更感はあるのだが、以前より気になっていた電力いらずの加湿器
ミスティガーデンをよ~やく購入。



ミスティガーデンは器に水を注ぐと、葉っぱ型のフィルターがその水を吸収、自然気化し、
これ一つで約6畳程度を常時加湿してくれるというもの。詳しくはこちら



加湿器もこまめに内部を掃除をしないと菌が繁殖し、その菌が空気中にばら撒かれる可能性もあると聞くが、
このフィルターは抗菌・防カビ加工が施され、水を補給する際に軽く洗い流す程度で面倒なお手入れも不要

交換目安約8ヶ月だが、手入れ次第でもっと長く使え、しかも電力を使わないので、経済的かつ安全という。



肌の乾燥を防ぐ快適な湿度は40~60%
先日、最終警告!たけしの本当は怖い家庭の医学」という番組で実験をしていたが、
200CCの水を湿度38%の部屋に1時間置いても2%しか湿度が上昇しないが、
濡れタオルを置くと湿度が短時間で上昇という結果であった。



しかし濡れタオルを部屋にぶら下げているのもいかがなものかという感じではあるが、
これであればさほど存在を主張せず、でもちょっとかわいく、置く場所を選ばないというのが優れている。

ちなみにこちらはミスティガーデン周辺であれば50~60%の最適湿度を保ってくれるとのこと。

湿度を保つためにマスクをして寝るという手もあるが、やっぱりちょっと鬱陶しい。
その点これは置いておくだけでいいのだから楽チン。



ミスティガーデンには専用の白い角型トレーや楕円容器がセット(3,150円)になっているものもあるが、
交換フィルター(1,785円)のみを購入し、部屋にあった容器で使用することももちろん可能。

ただ、本当は横にフィルターを広げたほうが、効果はさらに高いと思われる。
この状態でも、一日でグラスの水はカラッポ
専用容器を使えば冬場でも2~3日は連続使用できるそうだ。

ちなみに家にある湿度計で計測してみたところ、28%だった湿度が38%まで上昇した。
きっと、広げて使えば肌に最適な湿度まで上がることと思われる。



乾燥はこれからますますひどくなると思うが、今年はこれで喉を痛めずにすみそうである。


フィルターカラーは3色(ナチュラル、グリーン、ピンク)。
携帯用に『ちょこっとオアシス』、半透明小型ケース付き花束型の『ミスティブーケ』などミニサイズもある。

湿度は人間だけでなく、楽器にとっても重要な要素ということで、
この製品は楽器の専門店宮地楽器が開発、販売している。


【記事:いぬ♀】
コメント (12)

サカナクション / アルクアラウンド 【 音楽 】

2009年12月27日 | ⇒音楽
サカナクション/アルクアラウンド

このミュージッククリップのおもしろいところは、ワンカメ、ノーカットでリリックを
色んな角度から曲に合わせて見せていくところ。
うまくできてるな~と思った。
なので、興味ない人もそのうまくできてるな~ってところだけでも見てほしいな。

『サカナクション』ってグループ名で、『アルクアラウンド』ってナンバー。
ていうか、サカナクションって知ってる人はまだ少ないよね?
5人組でエレクトロ・ロックというか、ハイパーサウンドというか、クラブミュージックというか、
テクノっぽい曲をおもにやってるグループ。
とにかくカッコイイんだな。

このシングルは2010年1月13日にリリースされる新曲。
スノーボードブランド『kissmark』のCMに採用されておりすでにオンエアされている。
ドライブ感あるサビのメロディラインがせつなくも流れていくようなフレーズで、
スノボブランドにはぴったりなナンバーだと思った。

このバンド、飛躍してほし~な~。

サカナクション
ギターボーカル 山口一郎
ギター 岩寺基晴
ベース 草刈愛美
キーボード 岡崎英美
ドラム 江島啓一

コメント (4)