いぬねこのおさんぽ~御意見無用!天下御免ね♪

『グルメ』『お酒』『音楽』『旅行』なブログ♪

銀座グルメ お茶漬け編 八十八楽 その3

2006年06月30日 | ⇒B級グルメ
ちょい飲み帰りに、「ひとくち茶漬け 八十八楽こめらく)」の
お茶漬け1杯がすっかり習慣化してきてしまった。

この店にハマッタ最大の理由は以前(2006年6月5日参照)にも記したが、
お手ごろ価格で、おなかも心も満足できることである。

ひとくち茶漬け全種類制覇を目指し、今宵も立ち寄る


塩昆布:315円

お茶漬けの定番その2である。(その1は後日
少し甘めの角切り塩昆布が3枚。
かつおだしがほんのり甘い味へと変わっていく。
冬であれば、この甘い味がほどよく感じそうであるが、
今の季節だと、少しこの甘さが口に残る。

が、そこに例により卓上の刻みワサビを、今回は少し多めに入れてみる。
正解。味が締り、さっぱり感がでてくる。


静岡産葉わさび:315円

写真が暗く、のりしか入っていないように見えるが、ちゃんと葉ワサビは入っている。
普段よく口にするわさびは、ツンと香りのたつ根っこの部分。
葉の部分もてっきりわざび同様のツンとした香りだと思い込んでいたので、
甘い佃煮風の味付けに驚く。
先に記した塩昆布同様、どちらかと言えば、冬向きな味である。

今回もさらっとおいしくいただけだが、リピートメニューではないかもしれない。
次回は、夏向きなさっぱりするお茶漬けをセレクトしてみよう。


完食メニュー
福岡産高菜炒め、たこわさび添え:2006年6月5日参照
韓国産キムチ、八戸産いか塩辛:2006年6月13日参照


八十八楽 銀座コリドー店
営業時間:月―金 11:30~27:00
     土日祝日11:30~22:30


【記事:いぬ♀】


コメント   トラックバック (3)

ちょい飲み!「野焼チェーン新橋1号店

2006年06月29日 | ⇒居酒屋/立ち飲み/お酒
B級グルメ日誌【猫舌コタロー!】

昼間、オラが放浪の旅にうろうろと寂しげな路地裏を歩いてると、重みのある風格のお店があって、仕込み中だったんでし。
「よし!今夜はもう一度ここを通るでし!」
そう決めて、夜な夜な行ったら・・・。
あ、あっでぇ~~?!
こんなに賑わって繁盛してるお店なんだあ~~?!
しっだなかったー!
もんのすごい活気のある居酒屋ってゆーか焼き鳥屋でし?
それがここ、「野焼チェーン新橋1号店(港区新橋)」



狭い路地にはみ出てみんなで立ち飲み。
お店側のカウンターでは飽き足らず、反対側の壁にテーブル作ってそこでも立ち飲み。
活気ありすぎて、店員のお兄ちゃんやマスターのおやじが怖い雰囲気だっから一瞬、ためらったがなんのその。
こっち(客)が躊躇せずに大きな声でオーダーすれば威勢のいい声ですぐに対応してくれたんでし。
ここでもったくっさしてると店員さんは忙しいから相手にしてくれないんでしよ。




お通しは桝に入った落花生。
煮込みは大き目の豆腐がはいった具沢山なもの。
とてもいい味付けで、ご飯ほしくなったでし。
串焼き類も、強面マスターが丁寧に焼いてくれてるおかげでどれもこれもやわらかくいい塩加減でうまいでし。



ここは店内にテーブルがあるから座りながらも飲み食いできるんでしがおそらく空くタイミングがつかめないでしよ・・・。



ちょっと異国情緒漂う路地裏のスタンディングスタイルとこの店構え。
これからの季節、狭い都会の夜空の下でワイワイガヤガヤにぎやかなお店でちょい飲みしるのもいいでしよ~。

串焼き各種 110円~





野焼チェーン新橋1号店 東京都港区2-8-16
            JR新橋駅より徒歩3分くらい
コメント

お取り寄せグルメ14 生麩(京都)

2006年06月29日 | ⇒お取寄せ/買い物
京都で元禄二年より三百十余年に渡り、水、原料、製法にこだわり、
料亭や寺院本山に納入しているという「半兵衛麩」の『生麩(京麩)』は、
一度食べたら忘れられないうまさである。

関東で『お麩』というと、焼麩、車麩と呼ばれる渦巻状の麩や
小町麩と呼ばれる、お味噌汁や吸い物に入っている乾燥した麩が一般的である。
以前、NHK「ためしてガッテン」で、麩にダイエット効果があると紹介され、
一時期ブームにもなった食材である。
ただ、そうは言っても、特別おいしいものではないし、
決して主役の1品にはならない



しかし、これが『生麩』になると、一躍主役の一品へと昇格するのである。
この『生麩』とは京都の寺の僧が考え出したもので、
豆腐、湯葉と並ぶ、貴重なタンパク質で、精進料理に欠かせない存在であり、
今では、ちょっとしたヘルシー高級食材でもある。

中でも「半兵衛麩」の『生麩(京麩)』は弾力、味ともに群を抜き、絶品である。
写真左は「半兵衛麩」の『ごま麩』。写真右は金沢で有名な『生麩(よもぎ)』。

見ただけでも弾力感は一目瞭然である。
金沢の生麩は水っぽく、それがさらに「半兵衛麩」のおいしさを際立たせた結果となった。


「半兵衛麩」の『生麩(京麩)』は『ごま麩』以外に『あわ麩』、『よもぎ麩』などある。
一番人気の『よもぎ麩』については後日紹介するとして、

一番最初に紹介したい『ごま麩』は麩の弾力感とごまのつぶつぶ感、
それにごまの香りが際立ち
、一押しである。
軽く炙って、田楽味噌をつけるだけで、簡単に料亭の味を家で楽しむことができる


半兵衛麩本店
住所:京都市東山区問屋町五条下る上人町433
電話:075-525-0008
東京では日本橋高島屋や京都館などで手に入れられる(はず)。


【記事:いぬ♀】
コメント (1)

ちょい飲み!「まるせ(新橋)」

2006年06月28日 | ⇒居酒屋/立ち飲み/お酒
B級グルメ日誌【猫舌コタロー!】

よ!
お久しぶりでし!コタローでし!
ちょいと放浪の旅に出かけてたでし。

さてさて、久々に「立ち飲み」ネタを紹介しるでしよ。
新橋まるせ(港区新橋)」がそこでし。
一見、敷居高そうな気配がしる店の入り口でしがなんのその、大きなのれんをどかせば
そこにはなんともレトロチック!昭和の雰囲気漂う居酒屋さんなのでし。
店頭にあったメニューの看板に、本来の価格よりもぐーんと下げて書かれていたので
ついつい入ってしまったでし。



入り口付近は立ち飲みできるカウンターがあるんでしが、意外と広く奥行きある店内であるため、
わざわざ立って飲まなくてもいいんでし。



気になるお値段もかな~りリーズナブル設定。(でなければ、オラは入らないでし!
放浪の旅に出ていたオラの財布はいつだってスッカラカンだからうれしいでし。

この日のお通しはもやしのピリ辛風味。



生ビール(380円)をグイッグイって喉で飲んでプハ~~~ッ!
蒸し暑いこの季節には喉にしみるくらい一気に飲んじゃうでし。

もつ煮込み(300円)は、しょっぱからず薄からず、オラ好みのうま~い味わいでしよ。
もう一杯頼みたくなる一品でしね。





串焼きのハツ、タン、レバー、とりもも、うずらたまご(各100円)も、なかなか柔らかくジューシーでうま!
ただ、「ホントに炭火焼きぃ~?」って感じでしが・・・、それはともかく、うまくて、ほとんどが100円ならオッケーでしよね。





店の雰囲気が昭和チックだから、思わず頼んでしまったラムネハイ(320円)。
こんなの飲んじゃうと、夏祭りの気分にもなるアイテムでしね。



このお店なら、クーポンは今のところ見当たらないから・・・
生ビール+生レモンハイ+ハツ、タン、レバーでジャスト1000円!
これでお通しもやし付で40分はちょい飲みでけるでしね!

味よし、値段よし、雰囲気よしの久々に見っけもんのちょい飲み居酒屋でし。



●おもな食べ物
炭火串焼き 各100円
ハラミ
ガツ
しろ
てっぽう
ネギ焼き
プチトマト
などなど・・・

●おもな飲み物
生ビール 380円
生レモンサワー 320円
生グレープフルーツサワー 320円
ウーロンハイ 300円
トマトハイ 300円
焼酎各種420円など

そのほかたっくさんでしよ。



新橋まるせ 東京都港区新橋3-8-8
      JR新橋駅より徒歩4分くらい
コメント

クチコミコスメ ムダ毛処理(除毛剤、抑毛剤)

2006年06月28日 | ⇒動画/遊び/テケトー/その他
梅雨に入ったからと油断していると、突然夏日になったりする今日この頃。
女性にとって、面倒な季節がやってきた。

レーザー脱毛でもすれば、お金はかかるが後々楽チンである。
でも、今からでは、今年の夏には間に合わない
レーザーは処理後すぐにツルツル肌になるわけではなく、
2~4週間ほどは肌に毛の黒いブツブツが残り、肌を露出するには見苦しい

となると、自己処理しか手段はない。
家で簡単に、できるだけ肌に負担をかけずに
お手入れの周期間隔が長い、そんなムダ毛処理グッズがあれば。。。

あったのである
それはムダ毛にシビアなアメリカの水泳、陸上選手に人気と言うものである。


HAIR REMOVAR ROTIONヘアーリムーバルローション):写真左
腕、足、ビキニエリア用除毛剤である。
使い方は肌を濡らして塗布し、7,8分おき、ぬるま湯で洗い流すだけ
と、実に簡単である。
カミソリは手軽な反面、肌への負担も大きいが、
このローションの成分の中には、アロエベラやココアバターなど天然成分が入り、
肌への負担を少なくしている。
香りは、洗い流すからいいのだが、キュウリの摩り下ろした香りがする。
個人差はあるかもしれないが、日本人の黒い太い毛もちゃんと溶かしてくれる

顔用もある。



KEEP IT BEARキープ イット ベア):写真右

腕、足、ビキニエリア用抑毛剤である。
使い方は、カミソリ、脱毛器、ヘアーリムーバルローションなどで脱毛した肌に朝晩塗布するだけ。
洗い流しの必要はなく、香りも爽やかで、べたつき感もない
フルーツ酵素を多く使用しているからか、まだ使用して数週間であるが、
毛の生える周期が遅くなってきたような、太かった毛も気持ち細くなったような。。。
少なくとも、ソニプラなどで売られている同様の日本製の商品よりも、効果を実感できる

パパイヤ酵素が入っているので、使い続けるうちに肌もキレイになるとのこと。
まだその実感はないが、今後が楽しみである。


この商品、今のところ通販でしか手に入らないようである。
サイトにより値段もマチマチなので、比較検討の上、ご購入を。


【記事:いぬ♀】



コメント