いぬねこのおさんぽ~御意見無用!天下御免ね♪

『グルメ』『お酒』『音楽』『旅行』なブログ♪

おさんぽin成田(12) そば酒房 ひぐらし

2013年07月17日 | ⇒千葉 おさんぽ

すっかりと日も暮れ、夕飯でも食べようかと成田山の参道を歩いてはみたものの、夜になるとほとんどの店がシャッターを閉めている。



仕方なく、薄暗い参道を成田駅のほうへ歩いていくと、ポツポツと営業している店もある。
中を覗いてみると、外国人客で賑わうバーや、



窓際で食事している外国人客が絵になるレストラン、



外国人客100%のラーメン屋と、とにかく、昼とは打って変わって、外国人(特に欧米人)の姿ばかりが目につく。
あれ?日本人観光客はどこへ消えたの?というぐらい、日本人観光客に出会わず、外国人ばかりの夜の成田。



さて、どこで食事をしようかと決めかねていたら、JR成田駅すぐ、成田山の表参道入口付近にちょっと良さげな
そば酒房 ひぐらしなる店発見。



店はビルの2階にあるのだが、階段を上がると、蔵のような重厚感ある扉が現れる。



横長の店内はJAZZが流れ、ちょっと大人な雰囲気。
カウンター席にはおひとり様の姿もちらほらあり。



ここは蕎麦屋であり、居酒屋であり、な店。



お酒は成田の地酒長命泉の他、不動という地酒あり。
長命泉はお土産で購入したので、今回は山廃純米の『不動』にしてみる。
フルーティーな香りだが、ドライ感ありで、食事によく合う。



お通しはそば汁がかけられたアツアツの白身魚の竜田揚げ。
これがなかなかうまく、身がホクホクとし、その後の料理に期待大。




あん肝


これはフツー。


春の味覚の天ぷら:500円


タラの芽、フキノトウ、ウド、こごみ、ソラマメと盛りだくさん。
春野菜特有の苦味、香りが高く、衣もサックサクで軽く、春を満喫。




刺身三種盛り:1050円


ヒラメ、金目鯛、カンパチの盛り合わせ。
さすが銚子に近いだけあってか?!金目鯛が入っているのは嬉しい。



ただ、味は無難な線といった感じではあるが、値段もリーズナブルだし、切り方も厚みありなので、内容的にはいいと思う。




そば屋の!!揚げ出し豆腐:550円


揚げ出し豆腐でハズレの店ってそうそうないと思うが、ここは蕎麦屋なだけあり、揚げ出し豆腐にかかっている汁がうまい。

かつ、豆腐に添えられている野菜が香り高くうまい。これはポイント高いな。



もちろん主役の豆腐もなめらかで豆の香りあり。



この揚げ出し豆腐から、ここは、そば汁がうまいと踏み、〆はかけ蕎麦とざる蕎麦にしてみた。



この日の蕎麦は信州八ヶ岳産粗挽き蕎麦とのこと。

かけ蕎麦:735円


ちょっとコじゃれた感じ。
そば汁の色が濃いめなので味が濃いかと思いきや、どちらかと言えばあっさりとした味わい。
カツオとしいたけベースの汁は
ちょっと甘口で、三つ葉の香りが印象的。

蕎麦はかけ蕎麦にありがちなフニャッとしたものではなく、コシも残っている。



味の変化を楽しむため、途中から柚子とネギをプラス。
それにより、甘口のそば汁の味が締まったのか、ネギ効果か、元の味よりよくなった気がじた。


ざるそば:735円 但し注文したのは大盛り


蕎麦の香り感じる蕎麦。
そば汁はかけ蕎麦とは違い、ちょい辛口ではあるが、この蕎麦には辛口のほうが合っている気がする。

そば湯も濃厚で、うまかった。



入店した時は客の入りも鈍かったが、時間が経つと居酒屋利用の地元客が多くやってきて、一気に賑やかな雰囲気に。
ここはさほど気張らずおいしい料理も揃っているので、地元客はもちろんのこと、観光客にも使い勝手はよさそうである。

そば酒房 ひぐらし
住所:千葉県成田市花崎町839 2階



今回は、まさかの成田山新勝寺周辺だけで丸一日を過ごすと言う、予想外に充実したおさんぽとなった。
とは言え、おさんぽエリアとしては狭く、相変わらず、観光よりも、食べて、食べて、買って、食べて、、、なわけだが、
一日過ごして感じたのは、新勝寺界隈は完全なる観光地ではあるのだが、どの店も、客商売なら基本中の基本ではあるが、
「温かなおもてなしの心」のようなものがあった。

他の観光地では、店単位であったとしても、町全体で特に感じたことはなかったが、
なんだろう、ここは町全体からおもてなし感が溢れているように感じた。

そんなわけで、お腹も心も満たされたところで、「おさんぽin成田」は終了~

 
  
おさんぽin成田 その他記事
 成田山新勝寺 前編こちら(2013年3月15日)
 成田山新勝寺 中編こちら(2013年3月26日) 
 成田山新勝寺 後編こちら(2013年4月10日) 
 成田山表参道こちら(2013年4月18日) 
 駿河屋こちら(2013年4月25日) 
 三橋薬局こちら(2013年5月21日) 
 甘味処三芳家こちら(2013年5月27日)
 金時の甘太郎こちら(2013年6月12日) 
 下田康生堂ぱん茶屋こちら(2013年6月21日)
 なごみの米屋總本店こちら(2013年6月25日) 
 長命泉の蔵元藤屋こちら(2013年7月11日)
 そば酒房 ひぐらしこちら(2013年7月17日)

『食べ歩き』 ジャンルのランキング
コメント (3)   この記事についてブログを書く
« おさんぽin小岩(14) も... | トップ | アントルメグラッセ・生グラ... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お~成田 (浦和のいたち)
2013-07-17 12:30:00
こんにちは
この三連休に成田山新勝寺まで行って来ました。
いぬねこさんの記事で気になっていた甘味処三芳家に
行ってきました。

和の空間がとても素敵、サービス良かったです。

今回のお蕎麦屋さんも雰囲気良さそうですね。
私は生物が苦手なんですが、ままちゃんが喜びそうです。
機会が有れば行ってみます。(^^ゞ
Unknown (ten-umi)
2013-07-17 21:37:08
昔のお蕎麦屋さんは、こうだったとか!?
お蕎麦で一杯♪
つまみもいろいろとあって嬉しいですねッ^^
〆はやっぱり、お蕎麦屋さんだけに・・・
ざるそばよねッ!
テン
コメントありがとう! (いぬねこ)
2013-07-18 07:50:12
★浦和のいたちさん★
新勝寺周辺はなかなか楽しいですよね。
あの甘味屋さんも隠れ家風でよいですよね。
こちらの蕎麦屋さんはちょっと飲みながらがおすすめかも?!


★テンちゃん★
蕎麦屋の場合、おつまみもそれなりのレベルのことが多いから
ガッツリ飲み気分じゃないときは、結構使い勝手がよいのよね。
蕎麦屋なら〆もできるしね!

コメントを投稿

⇒千葉 おさんぽ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事