ぶろぐ猫の目

笑う門には福来る・・
実験中

理外の飯テロ漫画?!、一日外出録 ハンチョウ

2017-06-13 04:32:55 | 読んだ本の紹介



1日外出録 ハンチョウ

聞いたことあるような題名

中間管理録トネガワと同じ、カイジのスピンオフ

キャッチコピーは

「悪魔的スピンオフ第2弾 理外の飯テロ漫画!」w

内容はというと

地の獄、底の底、帝愛の抱える劣悪債務者達が

借金返済のために収容される地下労働施設。

一度この施設に入ると指定された年数が経過するまで

外に出られないことを強いられる債務者

その債務者たちをよそに1日外出券を注文する1人の男がいた。

金さえあればなんでもできるのだ

地下にいながらもチンチロリンで大金を稼ぎ、

1日外出券を使用して外で悠々自適な生活を楽しむ男。

E班班長、大槻(おおつき)の1日外出の記録である。


こんな感じ

なんしか面白い

普通、タコ部屋に入れられて

毎日肉体労働に明け暮れ、劣悪な環境にある人間に

1日シャバで自由な権利を与えたら

あれやってこれやってあれ食ってこれ食って

ああもう時間が足りない!!ってなりそうなもんですが

大槻ハンチョウは違うのです

眠らされて、解放されるのは、公園のベンチ

起きた大槻の近くにいる監視役の黒服が

タイマーのボタンを押すとブザーがなります

ここから24時間が自由時間

さあ大槻ハンチョウは何をするのか?

飯をくうのか、女を抱くのか?

いや、大槻ハンチョウは、おもむろに

着ているセーターの毛玉を取り始め

枕代わりに置いてあった、漫画雑誌を読み始めます

そして、ゆっくりと

下調べしてあった、料理屋へと向かうのですw

料理も、大したものは食わないのです

立ち食いうどんや

居酒屋、

祭りの屋台に

昔、学生時代通い詰めた中華料理

こんな一般的なありふれた店で

そこでわしらが、いつも食うようなものを

食うのです

しかしその食べ方にペーソスがあるんだよなあ

そのほかにも出てくるキャラが秀逸

監視役の黒服が、いつの間にやら

ミイラ取りがミイラにw

名もなき若者が、大槻ハンチョウと同じ店をセレクト

いったい何者か?

もうね、読んでて面白すぎ

学生時代の思い出の中華料理屋の話は

なんだか泣けてくるぞw

是非読んでほしいです

↓クリッククリック

1日外出録ハンチョウ(1) (ヤングマガジンコミックス)
クリエーター情報なし
講談社
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 中間管理録トネガワ 5巻 で... | トップ | 人間ドックの結果でる »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

読んだ本の紹介」カテゴリの最新記事