ねこのおさんぽ

きょうはどこいこかな

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ツナサラダ

2004-09-28 | れしぴ
さおり姫の実家に行ったとき食べたの。
おいしかったの~~

ねこレシピ(というほどのものでもないか…)

大根千切り
にんじん千切り(できるだけ薄く細かく ←堅いからね)
きゅうり千切り                  ← ここまで3つは塩もみするといいかも
水菜
ツナ缶1つ

をボールに入れてマヨネーズで混ぜる。
ねこ風はキューピー深煎りゴマドレッシングも入れる。

プラス情報
猫は嫌いなのでセロリはいれませんでしたけれど、島井ママが入れるとおいしいといってまちた。
コメント (1)

スモークサーモンの押し寿司

2004-09-28 | れしぴ
ええ。ちょっと不気味に思われるでしょう。
なにもスモークサーモンでお寿司にしなくってもねぇ。
おととい、たまたま量の多いスモークサーモンを買ってしまったのです。(そんなときにぜひどうぞ♪)

むかしむかし、ねこがまだ小学四年生だったころの初めての海外旅行。
アメリカ食のまずさに触れ、カリフォルニア巻き&ガス入りウォーターに絶句し、オートミールをリバースしました。。。(失礼)
そのころカルア君一家はアメリカのアトランタの近く、モービルというところに住んでいました。
カルア邸は広くて、お風呂がみっつもあって
青々とした芝生の庭にはスプリンクラーが回ってました。

そんなとこで出されたお寿司。こどもだった猫はもっともっと~!!とおねだりしたのをおぼえていました。
日本に帰ってから、母につくらせましたがあんまりおいしくなかった。。。

きっと叔母(カルア母)が、寿司ネタのないアメリカで
一生懸命つくったんでしょうね。ねこにとっては思い出の味です。

・すめしのつくりかた
やや固めに炊いたごはんに酢、みりん、塩をお好みで。
お酢は入れすぎるとネタの味を妨害するので控えめがよいと思います。

・押し寿司
サランラップに長細くすめしをのせて、スモークサーモンを隙間なく敷き詰める。
ラップをかぶせてぎぅぎぅと押す。そして冷蔵庫へいれて一晩。

食べやすい大きさに切って、おしょうゆ又は塩、レモンをお好みで☆

*ぜんぜん関係ないけど、たくさん更新したら昨日は224pvだった。嬉しいにゃ
コメント (3)

おかんの料理

2004-09-27 | れしぴ
うちの母、ようこは料理をあんまりしないひとですが
たま~にヒット作をつくります。
(かつてひえちゃんがうちにきてたべて絶賛した)

だいこんの漬物
・大根を角切りにする。
・塩もみして20分ほど放置。
・出てきた水分を切って、唐辛子を加える。
・醤油大さじ1、ごま油小さじ1、お酒小さじ1を加えて混ぜる。

ぱりぱりした感触を楽しみたいヒトは一時間くらいしたらできあがり☆
味のしみたのがよければ一晩。

猫は浅漬けをオススメしまふ☆
コメント (4)

クリームパスタ

2004-09-27 | れしぴ
1、クリームソースを作る。

材料・牛乳 300cc(最終的にはもっと必要) ・薄力粉 15g ・バター 10g  ・塩コショウ少々

薄力粉に冷たい牛乳をかけてまぜる。(逆はダマになりやすい)
よ~くとかします。ダマができるとおいしくありません。
薄力粉は振っておくことをオススメします。(a)

お鍋にバターを入れて溶かし、弱火にして(a)を1/5くらい入れて木へらで混ぜながら煮る。
ずっとかき回しつづけて、トロっとしたらまた1/5足して混ぜながら煮る。
の繰り返し。
沸騰させないこと。ずっと混ぜ続けること。
このみの濃さ(ソースの重さ)にするために牛乳を加えて調節。
最後に塩コショウで味をととのえる。

2、サーモンとほうれん草のパスタ

普段はキングサーモンと小松菜なんですが、スーパーで売り切れていたので
仕方なくスモークサーモンとほうれん草を使用。

フライパンにバターを軽く引いてほうれん草を炒め、スモークサーモンを足す。
クリームソースを足す。ソースが濃い場合は牛乳を追加してのばす。
茹で上がったパスタを加えてソースを絡める。  
コメント (2)

冷やしとまと

2004-09-26 | れしぴ
料理は好きだ。
おいしいものが好き。
そして綺麗にもりつけられたものはさらにおいしく食べられる。

自分の分だけつくることはしないけれど、お客さんがきたときには頑張って作る。
別にいいお皿とかはないけど、ちょっとの工夫で結構おいしそうに見えるのだ。

写真は、ガラスボウルにサラダ菜を敷き、よ~く冷やしたとまとをカットして丸ごとおき、
まわりに水さらししたたまねぎのみじん切りを置く。

ドレッシングはできるだけおいしいオリーブオイルを使う。
オリーブオイル/塩/つぶマスタード/お酢/胡椒/を適当に混ぜたものを別皿に。
最初からかけちゃうのは好きじゃないの。
どうせとりわけるなら、そのあと各自好きなように味付けできるほうがいいじゃない?
たべものは出来るだけ綺麗に(無理のない程度に)
そして、自分の好きなように食べるのが好き。

…とえらそうにいうほど、綺麗じゃないけれど。
素人ですから、ある程度でいいんです。気持ちが大事よね。(たぶん)
コメント (2)