ベルのきもち

日常のささやかな幸福感を書いていきたいと思います。

高く孤独な道を行け

2020-07-02 08:52:00 | 本の紹介




byドン・ウィンズロウ。東江一紀訳。

ハリウッドの映画プロデューサー、アン・ケリーの息子、コーディが行方不明に。2歳のコーディはアン・ケリーの別れた夫、ハーレーが連れ去ったのだった。アン・ケリーは3か月の間、警察や興信所、探偵をあたって探したが息子は杳として見つからなかった。そこで朋友会の依頼を受け、ニール・ケアリーがハーレーの最後の足どり、ハーレーが消えた教会を訪ね、捜索に乗り出す。ハーレーは元カウボーイで白人至上主義の怪しげなカルト団体に属していることがわかった。その施設がネヴァダ州にあることをつかみ、潜入することに成功するが。ニールは朋友会のメンバー、エドやグレアムと連絡を取りながら、探すが。ついに自分の正体がばれ、スパイと見なされ拷問を受け・・・エドが単身、銃や地雷などの武器を満載した大型トラックで乗り込んでくる。

さて、今日のベルは。











この記事についてブログを書く
« スコーン | トップ | MOTHERマザー »
最新の画像もっと見る

本の紹介」カテゴリの最新記事