ベラルーシの部屋ブログ

東欧の国ベラルーシでボランティアを行っているチロ基金の活動や、現地からの情報を日本語で紹介しています

警官が女性を殴ったのは正当防衛

2020-09-15 | ベラルーシ旅行・長期滞在・留学注意情報

 ジョージノ市でデモ集会を取り締まっていた警官にスマホで動画撮影をしながら近寄った女性(学校の英語教師)を警官が拳で頭を殴り、女性がアスファルトの上に倒れたのは、内務省の調査によると、警官の正当防衛に当たり、この警官はお咎めなしだそうです。

 証拠の動画などによると女性の近づいてくる速度が速いので、警官は女性が攻撃してきたと認識したためだそうです。

 逆にこの女性のほうが、許可されていないデモ集会に参加していたということで、身柄拘束、そして逮捕される可能性があるそうです。

 女性は夫に付き添われて病院へ行き、怪我の診断書を書いてもらい、弁護士を雇いました。

 


この記事についてブログを書く
« 学校に女性警官が招かれる | トップ | ベラルーシのコロナウイルス... »

ベラルーシ旅行・長期滞在・留学注意情報」カテゴリの最新記事