ベラルーシの部屋ブログ

東欧の国ベラルーシでボランティアを行っているチロ基金の活動や、現地からの情報を日本語で紹介しています

ゴメリ州立図書館・児童図書館「手袋を買いに」 2

2019-04-26 |   新美南吉
 子どもたちには「手袋を買いに」のお話をしました。
「このお話の最後に人間は本当にいいものかしら? ときつねのお母さんは考えているけれど、みなさんはどのように答えてあげますか?」
と質問すると、次々と、
「人間はいいものだと言います。」
という返事が返ってきました。
「じゃあ、みなさんが帽子屋さんだったとしたら、きつねに手袋を売ってあげる?」
ときくと、みんな売ってあげる、と言いました。
「きつねがお金を持っていなかったら?」
「だったら、ただでプレゼントする。」
 みんなやさしいねえ。(^^)
「このきつねのお母さんはむかし、人間が飼っているアヒルを友だちと盗もうとして、棒で追いまくられたことがあるのです。だから人間のことが嫌いなんだけど、じゃあ、みなさんがアヒルを飼っていたとして、そこへきつねがアヒルを食べに来たらどうしますか?」
「棒で追い払います。」
「手袋はただでプレゼントするのに、アヒルはあげたくないのですね。どうして?」
・・・などと意地悪い質問をする私なのですが、幼稚園の先生や司書さんも巻き込んで、議論になりますね。
 このように読後いろいろ話し合えるのが、名作である証拠・・・と大人には説明しています。
  
 童話の後は、折り紙です。みんなできつねの折り紙を作りました。
 上手にできて大喜びです。家に持って帰って、またおうちの人と手袋を買いに行った子狐の話をしてくれたら・・・と思いました。
この記事についてブログを書く
« ゴメリ州立図書館・児童図書... | トップ | ゴメリ州立図書館でゴシケー... »

  新美南吉」カテゴリの最新記事