オールドゲーマーの、アーケードゲームとその周辺の記憶

コインマシンやギャンブルゲームやカジノの歴史的エピソードとか、時々カジノ旅行記とか、たまにスポーツやマンガとか。

メダルゲーム「TV21」(ジャトレ・1977)の謎

2017年07月08日 23時31分19秒 | スロットマシン/メダルゲーム
1977年のころのこと。当時東横線都立大学駅にあった「キャメル」というゲーセン(関連記事:柿の木坂トーヨーボール&キャメル)で、ワタシは「TV21」というメダルゲームに滅法ハマりました。




業界誌「アミューズメント産業」1977年1月号に掲載された「TV21」の広告とその筐体部分のアップ。

ゲーム内容は、基本的にはビデオブラックジャックなのですが、ルールは若干複雑でした。ブラックジャックでは始めに2枚のカードが配られますが、このゲームでは1枚しか配られません。プレイヤーはその1枚を見て、通常のブラックジャックを行うか、それとも最高200倍になる「ボーナスゲーム」を行うかを選択しなければなりませんでした。

「ボーナスゲーム」は、ブラックジャックとは異なり、役ができるまでカードをヒットし、役ができないままカードの合計が21を超えると負けとなります。

「ボーナスゲーム」を選択すると、始めにベットしたメダルと同数まで追加ベットができました。「ボーナスゲーム」の役には以下のものがありました。

 ・5 CARDS 21 OR UNDER (×5)
 ・6-7-8 (×10・違ったかも?)
 ・6 CARDS 21 OR UNDER (×25)
 ・6-9-6 (×50)
 ・7-7-7 (×100)
 ・A-A-A (×200)

1977年と言うと、ビデオゲームはもう普及していましたが、メダルゲーム分野でCRTを使用した機械はまだほとんど無く、これ以前の機種ではユニバーサルが1976年に発売した「BIG & SMALL」くらいしか思い当たりません。sigmaが「TV・POKER」をお披露目したのは1978年の秋のことです(関連記事:ワタクシ的「ビデオポーカー」の変遷(1))から、それよりも1年くらいは早く登場しています。



業界誌「アミューズメント産業」76年4月号に掲載されたユニバーサルの「BIG & SMALL」の広告(部分)。

この「TV21」を発売していたのは、「ジャトレ」という会社でした。社長の竹内清一氏は、現在の業界団体の一つ「日本アミューズメントマシン協会(JAMMA)」の前身である「全日本遊園協会(JAA)」という業界団体の監事を務めたこともあったようです。しかし、ワタシにとってジャトレは、ゲーム機メーカーとしての印象は限りなく薄く、業界におけるポジションが良くわからない会社です。

と言うのは、ジャトレは、当時これだけ完成度の高いメダルゲーム機を送り出していた割には、たいへん寡作なのです。また、失礼ながら技術力に優れているとは見受けられないジャトレが、特殊なノウハウを要するメダルゲームをいきなり開発できたとも思いにくいです。

ワタシは、おそらくジャトレには開発部隊が無く、よそから買ってきたものに自社ブランドを乗せて売っているのではないかと疑っています。それ自体は別に構わないのですが、この「TV21」を本当に開発したのはどこであるかがわからないのがワタシにとって癪の種になっています。

ヒントとして、「TV21」に表示されるカードのデザインは、sigmaの「TV・POKER」のそれと、おそらく同じと言えるほどよく似ています。このことから、比較的納得し易いのは、米国でサイ・レッド(関連記事:ワタクシ的「ビデオポーカー」の変遷(3))が作っていた電子ゲームの中に「TV21」の元ネタがあり、誰かがそれを何らかのルートでジャトレに売り込んだというストーリーなのですが、これを補強できるような資料は見つけられずにいます。

ただ、「TV21」の広告がアミューズメント産業誌に掲載された同じ年の11月号に、当時のバーリーの筐体と思しきキャビネットに入った全く同じ内容のゲーム機「JACK LOT」の宣伝が掲載されました。





業界誌「アミューズメント産業」77年11月号に掲載された「JACK LOT」の広告(上)と筐体のアップ部分(下)

「JACK LOT」の広告主である「関西トレード」という会社については、ジャトレ以上に良くわかりませんが、当時のバーリー製品の部品を扱う商社に見受けられるところから、現代のパチスロの元祖となる「ジェミニ」を開発した「大阪パブコ」社と、ひょっとすると何らかのつながりがあるところなのかもしれません。「ジェミニ」も、バーリーから筐体を供給してもらい、流用して作られていました。

そして、「JACK LOT」の筐体アップ部分をよく見ると、右下に電気用品取締法(電取法)申請中の文字が見えます(逆三角に〒マークは電取法を意味する)。ワタシは電取法には詳しくありませんが、当時、輸入されるゲーム機(国産機でも同様ですが)は電取法に照らして認可を受ける必要があったようで、これを怠ったために罰を受けたり稼働を停止させられた例も多くあります。このようなペナルティは、しばしば社会に悪影響を及ぼすギャンブルマシンや、「殺人ゲーム」として社会問題となった「デスレース」を封じ込めるための「別件逮捕」に使われました(関連記事:【ビデオ】【小ネタ】デス・レース 社会から非難を浴びた殺人ゲーム)。

これは根拠と言うにははなはだ弱いですが、関西トレード社が扱っていた「JACK LOT」は、ジャトレが扱っていた「TV21」と同じもので、筐体で輸入されたか、基板またはROMの形で輸入されたかの違いという可能性も考えられそうです。これを証明するため、ワタシはこれからも、「TV21」もしくは「JACK LOT」と同じゲームをアメリカで探し続けたいと思います。

ジャトレは、1980年頃に一度倒産してしまいましたが、不屈の根性で復活し、現在も事業を継続しています。「NEWジャトレ」のブランドで発売したレーザーディスクによる実写映像を見せる脱衣ゲーム「野球拳」シリーズは、80年代中ごろから90年代中ごろにかけてそこそこヒットしたので、ご記憶の方もいらっしゃると思います。
コメント (10)   この記事についてブログを書く
« 新・ラスベガス半生中継 201... | トップ | メダルゲーム「TV21」(ジャ... »
最新の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
懐かしい。。。 (やましん)
2017-07-27 19:50:27
いや~両機共に懐かしいです。

JACKLOTの方は、BJでJACKLOTのランプが1つついて
全てつけるとボーナス(設定で変えられる?15枚と30枚は見ました)が貰えたので、Aが来たときは、通常ゲームにするか否かを悩んだ記憶があります。

TV21の方は無条件でボーナスゲームを選んでましたが、結局200倍は引けませんでした。
ご記憶の方がいらしたとは (nazox2016)
2017-07-27 23:33:20
やましんさん、コメントいただきありがとうございます。TV21の存在をご存知の方がいらっしゃるとは正直驚きです。このブログをやっていた甲斐があると言うものです。

「JACK LOT」のブラックジャックボーナスのことは全く覚えておらず、今そのお話を聞いて「そういえばそんなのがあったかも」とうっすらと思いだしてきたような気がしています。ワタシは実はJACK LOTはほとんど遊んでおらず、筐体の違いでこんなにも遊ぶ意欲が変わるものかと、当時としても我ながら意外に感じていたことを覚えています。

Aは、5/6cards 21 or Underが狙えたので、ワタシもボーナスゲームを選んでいました。でも、AAAは出したことはありません。
レスありがとうございます (やましん)
2017-07-28 13:29:00
当時、自分の行動範囲では両機種共にそれなりに入っていた記憶がありますが、TV21の方は何故か大体2台セット配置の店が多かったことも思い出しました。

仕様的に面白かったこともあり、客もそれなりについて、何気にヒット機種だった気がします。

また、JACKLOTの方は(確か)左にあった赤ボタンを押すと、払出も含めたクレジット機能に切り替えられるという当時としては画期的な機種だったと記憶しています。
(クレジット機能自体は、最大99枚までのEVRベースボール等他機種にもありましたが、恐らく当時は投入だけの機種しかなかった様な。。。)

どちらにしても、資料と合わせて当時を思い出させてくれる貴重なブログ、本当に素晴らしいと思います。

管理人様、ブログ更新、色々と大変だとは思いますが、これからも頑張って下さいね。
Unknown (nazox2016)
2017-07-29 23:31:25
そういえば、都立大学のキャメルでは、TV21は4台設置されていました。

クレジット機能は、当時は確かにまだ少なかったですね。ユニバーサルの「BIG & SMALL」にもあったように思いますが、ゲームの払い出しをしている最中にメダルを投入すると、クレジットが必ず少なくなる、というような注意書きがあったように記憶しています。

ご親切なお言葉をいただき、身に沁みます。やましんさんも、何かネタがございましたら、コメントでお知らせいただければと思います。今後も更新が時々滞ることもあるかもしれませんが、どうぞよろしくお願いいたします。
竹内清一さん (ck-sk)
2017-10-12 15:41:51
私は、この人に5回くらい会っています。ゲーム機のことではなくて、浴槽型健康器具のことで相談を受けたからです。雑談のなかで、米国から中古のマシンを買ってきて大儲けしたと。ただ残念なことに、昨年末から連絡が取れなくなりました。
RE:竹内清一さん (nazox2016)
2017-10-13 22:27:04
ck-skさん、はじめまして。貴重な情報をいただき、ありがとうございます。
その米国から買ってきた中古のマシンというのが、ひょっとしたらTV21だったのかもしれませんね。
TV21から40年を経過した今、竹内さんもおそらく結構お年をめしてらっしゃると思いますが、今もお元気でらっしゃると良いのですが。
おお (シリウス)
2018-06-26 13:53:11
懐かしいです。

操作パネル(フロントパネル)の下のあたりに、リセットボタン(一種の電源スイッチ)があって、そこを押してコイン投入=ゲームスタートすると、ボーナスゲームが成立しやすくなりました。

おかげでメダルがザクザク出ました。
Unknown (nazox2016)
2018-06-26 22:39:17
シリウスさん、初めまして。コメントをいただき、ありがとうございます。
TV21をご存知の方がまだいらしたと知り、嬉しいです。
それにしても、そんな裏ワザがあるなんて知りませんでした。
ワタシは6-9-6(50倍)を2回出したのが最高だったかな?
20枚ベットだったので1000枚は出るのですが、A-A-Aや7-7-7は結局出せませんでした。
続き (シリウス)
2018-06-27 07:34:05
管理人さま。初めまして。

私が中学生の頃にこのマシンがありました。
リセットボタンでボーナスゲームが出やすくなるのですが、ゲームセンターは黙認でした。

AAAも何回も出しました。

日曜日になると、そのゲームセンターの開店待ちがたくさんいました。
Unknown (nazox2016)
2018-06-27 22:46:06
始めにAまたは7が見えている状態であれば、A-A-Aも7-7-7も、1/1275の確率なので、
長いことやっていれば1度や2度は出てもおかしくないはずなのに、ワタシは結局恵まれませんでした。

それにしても開店前に待ち客ができるなんて、いい時代でしたね。

コメントを投稿

スロットマシン/メダルゲーム」カテゴリの最新記事